レジンでアクセサリー作りに挑戦!上手に作るコツと簡単ピアス8選

レジンでできたキラキラかわいいアクセサリーを自分で作れたら…と考えたことがある方も多いのではないでしょうか。実はレジンアクセサリーは手に入りやすい材料で簡単に作ることができます!今回は初めてレジンに挑戦する方でも簡単に作ることのできるピアスの作り方をご紹介します。是非参考にして手作りに挑戦してみて下さいね。

まずはレジンについて知ろう!

ぷっくりとしたフォルムと、キラキラと輝くデザインがおしゃれで可愛いレジンアクセサリー。実は手に入りやすい素材が多いので、手作りしておしゃれを楽しむ方も多くいらっしゃいますよ。では、そもそもレジンってどんなものなのかからご紹介します。

レジンは大きく分けて2種類

レジンとは英語で“樹脂”を意味します。レジンにも色々種類がありますが、アクセサリー作りに使うレジンは大きく分けて2種類あります。

・立体的な作品作りに最適なエポキレジン(2液タイプ)

出典:amazon.co.jp

主剤と硬化剤を混ぜて使います。混ぜた瞬間から硬化が始まりますが、完全に固まるまでには数日かかります。クリスタルを模したような厚みがあって立体的な作品を作ることに適しています。

・立体的な作品にはUVレジン(紫外線硬化タイプ)

出典:KIYOHARA

紫外線を当てることで硬化します。UVライトを使うと5分程で固まります。晴れた日の太陽光でも1時間程で硬化出来るようです。硬化と重ね塗りを繰り返すことでぷっくりとした立体的な作品を作ることが出来ます。