旅行の荷物をコンパクトに!徹底的に荷物を減らす15個の秘策

さあ、楽しい旅行へ!と気持ちが高まる一方、荷造りが苦手な方も少なくありません。すっきりとした荷物を持ってストレスフリーな旅行にしませんか?

そこで旅行の荷物を徹底的にコンパクトにする秘策をお教えします。

一番かさばる衣類をコンパクトにしよう

旅先であれもこれも着たいとイメージするだけで楽しいのですが、全て持っていくにはスーツケースが何個あっても足りません。

まずは衣類をコンパクトにすることが荷物を減らす第一歩です。

(1)持っていく服は薄手で着回しが利くものを選ぶ

根本的に衣類をコンパクトにする為にはまず枚数を減らすことが大切です。

現地で洗濯をすることを前提に必要最低限の枚数だけ持っていきましょう。乾きやすい薄手の服で、着回しが利くものを選びます。

例えばチェックシャツなどは着ても羽織っても巻いてもいいのでアレンジの幅が広がりますよ。

万が一寒かったり、破れたりと着替えが必要な場合は現地で調達するつもりで余分に持っていくのはやめましょう。

(2)下着や靴下は捨ててもいいものを持っていく

下着や靴下などはパパッと手洗いできるので日数分持っていく必要はありません。洗って使いまわすことを考えれば3日分あれば間に合います。

また、「もう捨ててもいいかな?」と思っているものを持っていけば旅先で処分してしまえば帰りの荷物も少し軽くなります。

(3)黒いレギンスが優秀で何かと使える

出典:UNIQLO

洗いやすくてすぐ乾き、かさばらない黒レギンスは幅広い着こなしができる便利アイテムです。

スカートにもワンピースにも合わせやすく印象を変えてくれます。ちょっと寒いと感じるときにはパンツの下に履いて防寒具としても使えますよ。

(4)アクセサリーで着回しのバリエーションが更にUP

チョーカーやロングネックレス、ピアスなどアクセサリーを使うことでおしゃれのバリエーションが増えます。

アクセサリーはピルケースなどに収納するとチェーンが絡んだり破損したりしにくいので便利です。

また、大きめなストールを1枚持っているとアレンジしやすい上に首に巻いたりひざ掛けにするなど防寒にも使えます。

(5)丸めて棒状にして四方に収納

圧縮袋を使う方法もありますが、しわになりやすく、しまうときに手間です。

服をくるくると丸めて棒状にすると綺麗にコンパクトにまとまります。何枚か重ねてから袖を内側に入れて丸めるとよりコンパクトに。

また、電子機器やドライヤーなど壊れやすいものを芯として巻いていくと破損防止にもなりますよ!スーツケースの四方に収納すればクッション代わりで一石二鳥です。