簡単だけどとってもキュート!フルーツアートでインスタ映えもバッチリ♪

まずは簡単な方法からトライ!

フルーツアートは一見すごく難しそうに見えますが、よく見ると真似しやすい簡単なカッティングも混ざっています。組み合わせることによって美しい迫力や繊細さが醸し出されていますが、まずは取り入れやすそうな手法から試してみましょう。

カットして並べてみよう♪

フルーツを適当な大きさにカットして並べてあるでけですが、充分にアートを感じます。loveというメッセージの他にも、色々と応用が効きそうですね!お子様の名前や、お誕生日の時などには数字をかたどっても素敵です。

薄く切ると変幻自在!

このように、水分の多いフルーツは薄くスライスして並べることによって、いろいろな形が楽しめます。ハート形やお花の形、車やバスなどは男の子が喜びそうです。キウイの他に、マンゴーや柿、イチゴなど、薄くスライスしたフルーツで、お皿に絵を描いてみましょう。

アボガドだとこんな感じに♪

要領は同じですが、フルーツが違うと表情も全く違ったものになります。薄くスライスするのは比較的テクニックもいらず、初心者でもすぐに真似できる簡単な方法です。

コロンと丸く可愛くくり抜く

難しいカッティングはできなくても、フルーツを丸くくり抜くのは比較的簡単にできる作業です。くり抜くだけでコロンと可愛く、数種類のフルーツを組み合わせてグラスに盛り付けだり、串に刺したり、イメージ次第で色々応用できそうです。

皮をカップに♪

中身を丁寧にくりぬいて、カットしてから川の器に戻す。くり抜く作業が比較的難しそうですが、ゆっくり丁寧に行えば、それほどテクニックの必要な作業ではありません。普通にカットしたフルーツをテーブルに出すより、皮を器にした方が可愛くて美味しそうに見えませんか?柑橘類の他にメロンやスイカ、パイナップルなどでも簡単にお楽しみいただける方法です。

カッティングで白鳥に挑戦♪

薄くスライスするフルーツアートをほんの少し応用すると、美しい白鳥が出来上がります。見た目ほど難しくなありませんし存在感があって可愛らしいので、朝のフルールなどに一手間加えれば、お子様にも喜ばれそうです。