【初心者向け】スキューバダイビングのライセンス取得までの流れとポイント

テレビで見たことのある美しい海の中の世界。この美しい世界は自分にとって全く縁がないと 思っていませんか?そんなことはありません。海はいつでも私たちを優しく歓迎してくれます。

けれどもスキューバダイビングを楽しむためには、専用のライセンスが必要であることは知っていますか?(※体験ダイビングを除く)

ライセンスといっても、ポイントさえおさえれば簡単に取ることができます。ここではスキューバダイビングのライセンスの取り方とコツをお伝えします。

スキューバダイビングのライセンス?

・初めのライセンス「Cカード」

スキューバダイビングを楽しむためには免許いわゆるライセンスが必要です。(※体験ダイビングを除く)

これからダイビングを始めたいかたにおすすめしたい「Cカード取得」コースは、オープンウォーター(OW)というコースです。

ここでCカードを取得しましょうこのOWコースでCカードを取得すると、水深18mまで潜れます。

・Cカードにも種類がある?

クレジットカード会社が何社もあり、お店によって使用することのできるカード会社と できないカード会社が存在するように、Cカードを発行する団体も実は世界に複数存在します。

自分が取得した「Cカード」はどこの団体が発行したものなのかによって、利用できるダイビングショップが異なります。

NAUI、BSACと数ある発行団体の中、世界で最も大きなCカード発行団体は「PADI」です。ここの団体が発行するCカードを持っていれば、世界中のほとんどのダイビングショップを利用することができます。

Cカードを取得する際に、どこの団体が発行するCカードを取得できるかを事前にダイビングショップに確認するようにしましょう。

PADI公式サイト