12a52e95-bb79-4d73-9b3b-8f2aec356c2c

「おんせん県」大分の観光を完全攻略!おすすめスポット30選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大分県といえば「おんせん県」として、近年有名になってきています。 大分の湯出量はなんと世界で2番目なんですよ。 今回は、そんな大分県のおすすめの観光スポットを大分県に住んでいた私がご紹介いたします。

1.明治時代から続く大衆浴場「不老泉」


http://www.visit-oita.jp/files/SpotImage/1/SpotImage_1178_image.jpg

最初にご紹介するのは、別府温泉にある立ち寄り湯可能の浴場「不老泉」です。
記録では、明治時代のはじめからある浴場で、大正・昭和と改修工事がおこなわれており、平成26年に平成の改修工事が終了したばかりの浴場です。
長く続く歴史を感じさせる風格のある浴場で、「あつ湯」「ぬる湯」と好みにあわせたお湯を楽しむことができます。
ぜひ、別府市民が愛してきた温泉を楽しんでください。

不老泉の詳細情報

■場所:大分県別府市中央町7-16
■TEL:0977-21-0253
■営業時間:6:30~22:30
■定休日:不定休・年末大掃除日
■利用料金:100円
■泉質:単純温泉

http://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail5.html

2.地獄地帯の中にある温泉「鬼石の湯」


http://oniishi.com/cms/wp-content/themes/oniishi/img/img_roten_l.jpg

次におすすめするのが、私もよく行っていた温泉です。
地獄地帯という観光地のど真ん中にありながら、結構人が少ないおすすめの場所です。
家族湯と大風呂のある温泉で、好きなほうを選ぶことができます。
大風呂の露天風呂は、展望風呂と緑を楽しむことができる露天風呂の2種類があり、ゆったりとお湯を楽しむことができます。

鬼石の湯の詳細情報

■場所:大分県別府市鉄輪559-1
■TEL:0977-27-6656
■営業時間:10:00~22:00
■定休日:第1火曜日(祭日は翌日)
■利用料金:大人620円/小学生300円/幼児200円/家族風呂2000円(60分4名迄)
■泉質:ナトリウム塩化物泉(低張性 弱酸性 高温泉)

http://oniishi.com/

3.岩盤欲もできる温泉施設「湯屋 えびす」


http://www.e-ebisu.biz/assets/img/yuya/img-roten-01.jpg

湯の花の白いにごり湯の温泉と岩盤欲を楽しみたい方におすすめなのが、「湯屋えびす」です。
露天風呂・内湯・岩盤欲・家族風呂と豊富な種類の温泉があります。
お湯は、白濁色の硫黄泉のピーリング効果と保湿成分を多く含む透明の単純泉はリンス効果があり、この2種類の泉質のお湯で美肌効果を強く引き出してくれます。

また、売店にはソフトクリームなどの冷たいスイーツが販売されており、温泉で火照ったからだを冷やすこともできますよ。

湯屋 えびすの詳細情報

■場所:大分別府市明礬4組
■TEL:0977-67-5858
■営業時間:10:00~23:00(受付は22:00まで)
■定休日:不定休(月に1度メンテナンスにより休み)
■利用料金:大人1000円/中学生500円/小学生300円
■泉質:硫黄泉・単純泉
■岩盤浴:時間制限なし・2,300円/90分・1,700円/60分・1,200円/18時以降のご利用・1,800円

http://www.e-ebisu.biz/yuya.php

4.ゆったりと温泉を楽しみたい方におすすめの「おかたの湯」


http://pds.exblog.jp/pds/1/200905/03/92/a0011792_22313773.jpg

ゆったりと温泉だけを楽しみたい方におすすめなのが「おかたの湯」です。
住宅街の中にあり、敷地内は緑に囲まれている雰囲気の良い貸切風呂専門の温泉です。
敷地内に源泉があり、水は全て地下水なので、天然のお湯と水を楽しむことができます。
特におすすめなのが、露天風呂「つるみ」です。
夜の夜景も綺麗ですが、昼間に入れば、眺めがとてもよく、開放感溢れる露天風呂です。
お風呂あがりは、売店で温泉の蒸気で蒸した「地獄蒸し」の卵やジュース、季節によってはカキ氷などが販売してありますので、休憩することもできますよ。

別府大平山温泉 おかたの湯の詳細情報

■場所:別府市竹の内5組
■TEL:0977-22-4126
■営業時間:平日11:00~23:00(受付22:00まで)/土日祝9:00~23:00(受付は22時まで)
■定休日:不定休
■利用料金:1300円/1500円/1800円/2000円(1室60分)
■泉質:ナトリウム塩化物泉

http://www.owl.ne.jp/beppusotoyu/okatanoyu/

5.天然のサウナでデトックス「鉄輪温泉 むし湯」

し湯とは、温泉の蒸気を利用した天然のサウナです。
鉄輪中心地にある蒸し湯です。
「鉄輪蒸し湯」では、持参したTシャツ・短パンもしくは、レンタルの浴衣で入ることができます。
もちろ蒸し湯だけでなく、洗い場と温泉がしっかりとあります。
蒸し湯は、石でできている石室で、室内は常に75℃で保たれており、床には石菖という草が敷き詰められています。
そのため、室内にはいると凄い蒸気と草の香りに身体が包まれます。
蒸し湯は10分間と決まっているので、タイマーがなったら外に出て、洗い場で汗を洗い流しましょう。
言い表せない達成感とリフレッシュ感を味わうことができますよ。

鉄輪蒸し湯の詳細情報

■場所:大分県別府市鉄輪上1組
■TEL:0977-67-3880
■営業時間:6:30~20:00(最終受付19:30)
■定休日:第4木曜日(祝日の場合翌日)
■利用料金:むし湯510円 ※ Tシャツと短パンを持参、またはレンタルの浴衣(210円)
■泉質:浴槽・ナトリウムー塩化物泉/蒸し湯・単純温泉

http://www.city.beppu.oita.jp/sisetu/shieionsen/detail11.html

6.天然の泥パックを体験できる「別府保養ランド」


http://hoyoland.webcrow.jp/ph/koudei.jpg

次にご紹介するのは、美肌の湯としても有名な泥湯に入ることができる「別府保養ランド」です。
建物自体は年季の入った建物ですが、お湯は上質な泥湯です。
内湯と露天風呂があります。
それぞれ、男性専用、女性専用、混浴とあります。
お湯の温度や泥の質などが違っていますので、自分好みのお風呂を楽しむことができます。
天然の泥パックで、つるつる美肌を手に入れてください。

別府温泉保養ランドの詳細情報

■場所:大分県別府市明礬5組 紺屋地獄
■TEL:0977-66-2221
■営業時間:9:00~22:00(月曜日のみ20:00まで)
     ※屋内の泥湯、蒸し湯は19:30まで
■定休日:年中無休
■料金:大人1050円/小人570円/幼児310円
■泉質:酸性明礬泉/硫黄泉

http://hoyoland.webcrow.jp/

7.温泉レジャーと宿泊を楽しむにはココ!「杉の井ホテル」


http://www.suginoi-hotel.com/facilities/theaquagarden/tenbou_L.jpg

温泉とレジャーを楽しみたい方におすすめなのが、「杉の井ホテル」です。
別府湾や別府の夜景が綺麗な棚湯や、水着で入れる混浴温泉などの楽しい温泉や、ボーリングやカラオケなどの施設もあります。
水着で入れる温泉は、夜に水と光のショーなどがおこなわれており、一日中楽しむことができます。
食事は、バイキングで和洋中の品揃えがあり、色々な種類の美味しいものを食べることができますので、食事も楽しみたいという欲張りな方にお勧めです。

杉の井ホテルの詳細情報

■場所: 大分県別府市観海寺1
■TEL:0977-78-8888
■チェックイン/チェックアウト:チェックイン14:30/チェックアウト11:00
■泉質:ナトリウム塩化物泉

http://www.suginoi-hotel.com/index.html

8.元金鉱の温泉宿「昭和園」


http://www.beppu-showaen.jp/wp/wp-content/uploads/2013/06/kinnoyu.jpg

昭和園は、元々金鉱であった6千坪の敷地に建てられた旅館です。
金鉱の鉱脈から温泉が湧き出しており、「金の湯」と呼ばれています。
そのため、活性水素とマイナスイオンが多く含まれており、女性に嬉しい美容効果の高い温泉です。
料理は、旬の食材を使用した創作解析料理を楽しむことができます。
純和風の旅館で、ゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめの温泉旅館です。

昭和園の詳細情報

■場所:大分県別府市乙原3783番の1
■TEL:0977-22-3211
■チェックイン/チェックアウト:14:00~18:00/10:00
■泉質:ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉(旧称 含重曹・芒硝泉)<弱アルカリ性低張性高温泉>

http://www.beppu-showaen.jp/

9.湯布院の大人的隠れ家「由布の彩 YADOYA おおはし」


http://yufunoirodori-oohashi.jp/img/test1.jpg

誰にも邪魔されず、プライベートな空間で温泉を楽しみたいという方におすすめの宿が「由布の彩 YADOYA おおはし」です。
お部屋は全室離れで、内湯・露天風呂付の極上のプライベート空間です。
お部屋ごとにデザインコンセプトも違うので、予約の時点から楽しむことができます。
食事は地産の旬野菜と最高ランクA5の黒毛和牛というシェフこだわりの食材を使用した贅沢なコースを味わってください。

由布の彩 YADOYA おおはしの詳細情報

■場所:大分県由布市湯布院川北1235
■TEL:0977-84-5565
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/11:00
■泉質:アルカリ性単純温泉

http://yufunoirodori-oohashi.jp/

10.緑に囲まれ、良質な時間を味わえる宿「草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた」


http://ryunohige.com/img/spa/spa_02.jpg

「草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむた」では、日頃の喧騒を忘れて、緑の中で自分だけの上質な時間を過ごすことのできる源泉かけ流し温泉付き完全離れの旅館です。
「龍のひげ」と「別邸ゆむた」では立地場所が異なるので、窓から楽しむことができる風景が違います。
「龍のひげ」では由布岳を「別邸ゆむた」では森林浴を楽しむことができます。
夕食は、月かわりでメニューが変わる創作懐石料理で、九州各地から源泉した黒毛和牛と地元の食材をふんだんに使った料理です。
シェフが一品一品趣向を凝らした料理を個室の食事処で楽しめます。
とことんプライベート空間を意識した旅館です。

草屋根の宿 龍のひげ/別邸 ゆむたの詳細情報

■場所:大分県由布市湯布院町川西1253-8
■TEL:0977-84-5288
■チェックイン/チェックアウト:15:00~18:00/11:00
■泉質:単純温泉 pH:7.8

http://ryunohige.com/index.html

11.奥湯布院と呼ばれる湯平の宿「奥ゆのひら花灯り」


http://pds.exblog.jp/pds/1/201301/08/62/b0178262_1028306.jpg

奥湯布院とよばれる山あいの温泉地「湯平(ゆのひら)」にある旅館「奥ゆのひら花灯り」をご紹介いたします。
お部屋は全室離れの内湯・露天風呂が付いており、和室と和洋室の2タイプのお部屋の中から選ぶことができます。
食事は、地元の山海の食材と「大分の豊後牛」や「豊の軍鶏」などの大分の逸品を味わうことができます。
また、料理長が腕によりをかけて作ったコンニャクなど、ユニークな創作料理は絶品です。

奥ゆのひら花灯りの詳細情報

■場所:大分県由布市湯布院町湯平675-1
■TEL: 0977-86-2211
■チェックイン/チェックアウト:15:00~17:30/10:00
■泉質:アルカリ性単純温泉

http://www.hana-akari.co.jp/index.html

12.食事メインで宿泊したい方におすすめ「オーベルジュ 楓乃木 」


http://www.nk.oct-net.jp/~funoki/top_im/20120426133904b.jpg

オーベルジュとは、レストランに宿泊設備のついた施設のことです。
もちろん、温泉県の大分のオーベルジュは美味しい食事と温泉の両方を楽しむことができます。
一目八景と称される耶馬溪の中にあるオーベルジュです。
お部屋は、和室・和洋室・洋室とあり人数やシーンごとに選ぶことができます。
レストランは、シェフこだわりの本格フランス料理をレストランで堪能することができます。
シェフはフランス・リヨンで修行を積んだ本格派で、オリジナル料理の「耶馬溪キュイジーヌ」は食べておきたいお勧めの逸品です。
レストランの多きな窓から耶馬溪の景色を眺めながら食事を楽しむことができるヨーロッパ風の山荘です。

オーベルジュ 楓乃木の詳細情報

■場所: 大分県中津市耶馬溪町深耶馬
■TEL:0970-55-2222
■チェックイン/チェックアウト: 15:00~19:00/10:00
■泉質:単純アルカリ泉

http://www.yabakei-funoki.com/#

13.全室スイートルーム離れ「フリューゲル久住 」

3dd6ebb5-174a-4ad8-82eb-2e359ce2f11f

極上のラグジュアリー空間を堪能したい方におすすめの宿が「フリューゲル久住 」です。
客室は10室で、全室全て源泉掛け流しの内湯と露天風呂のついた離れが1万6千坪の敷地内に点在しています。
四季を通して色々な姿を見ることができ、自然の癒しを感じることができます。
お部屋は和室と洋室がありますので、好みのお部屋を選ぶことができます。
食事は、ガラス張りの開放感溢れるレストランで景色と食事を同時に楽しむことができます。
料理は、大分県の食材を活かしたフレンチのフルコースとなっています。

フリューゲル久住の詳細情報

■場所:大分県竹田市久住町大字栢木6049-89
■TEL:0974-64-7839
■チェックイン/チェックアウト:15:00~18:00/11:00
■泉質:炭酸水素塩泉

http://www.flugel-kuju.com/index.html

14.歴史香る温泉宿「旅籠かやうさぎ 」


http://www.kayausagi.jp/ryouri/ryori.jpg

水郷としても有名な大分県日田市は、昔から温泉地としても有名です。
「旅籠かやうさぎ 」は、日田温泉琴平にある歴史情緒のある旅館です。
お部屋は、離れと本館とあります。
本館は築120年で、囲炉裏などがあり、今時珍しい日本家屋での建物です。
お部屋は、のびのびと足を伸ばすことができる和室で、離れはお部屋専用の露天と内湯がついており、メゾネットタイプなどのお部屋もあります。
料理は、旬の食材を月替わりのメニューで楽しむことができます。
前菜からデザートまで料理長の技術と真心が詰まった料理を味わってください。
温泉は、日替わりでゆらぎ湯(内湯)と岩魚(内湯・露天)という大浴場があり、それぞれの魅力がありますので、ご宿泊の際は、両方入ってみてはいかがでしょうか?

旅籠かやうさぎの詳細情報

■場所:大分県日田市琴平町1529-1
■TEL:0973-26-0022
■チェックイン/チェックアウト:15:00~19:30/11:00
■泉質:炭酸水素塩・塩化物泉

15.豊かな自然に抱かれた温泉宿「山荘天水 」


http://i1.wp.com/www.oidehita.com/wp-content/uploads/2013/07/19758888cca8054a9cda20e423da33d4.jpg?resize=500%2C333

日田温泉の奥座敷と呼ばれている「天ヶ瀬温泉」。
そんな「天ヶ瀬温泉」あるおすすめの湯宿が「山荘天水 」です。
名瀑「桜滝」を望む地にある自然に抱かれ、四季折々の風景を楽しむことができ、リフレッシュすることができますよ。
お部屋は、全て和室つきで、露天風呂付のお部屋もありますので、自分の好みのお部屋を選ぶこともできます。
お料理は、地元の食材を活かした和食懐石で、舌はもちろん目でも味わうことができる料理です。
夕食は、食事処かお部屋食かを選ぶこともできるので、結婚記念日や還暦など宿泊シーンに合わせて選ぶこともできます。
お風呂は、内湯・露天の大浴場と5種類の家族風呂がありますので、全部のお風呂を制覇してみてください。

山荘天水の詳細情報

■場所:大分県日田市天瀬町大字桜竹601
■TEL:0973-57-2424
■チェックイン/チェックアウト:15:00~19:30/11:00
■泉質:単純泉

http://www.tensui.net/index.html

16.大分の人気レジャースポット「高崎山自然動物園」


http://www.funfun-odekake.net/funfun/search/doubutu/kyusyu/ooita/takasakiyama.html

大分での人気の観光スポットといえば、「高崎山自然動物園」です。
高崎山自然動物園は、ちょうど大分市と別府市の中間にある山で、そこに生息する野生の猿たちを観察することができる日本でも有数のスポットです。
餌付けの時間になるとどこからとも無く猿の群れがやってきて、餌を食べます。
また、職員さんの餌を食べにきた親たちが小猿たちを遊ばせておく「小猿の幼稚園」や猿の群れの解説がとても面白いです。
時期によって猿の生態や習性などの話しの内容も変わってきますので、どんなお話しが聞けるかはその日のお楽しみです。
ぜひ、野生の猿たちの姿を間近で体験ください。

高崎山自然動物園の詳細情報

■場所:大分県大分市神崎3098-1
■TEL:097-532-5010
■営業時間:8:30〜17:00※最終入園時間16:30まで
■定休日:年中無休
■利用料金:大人510円/小中学生250円/幼稚園児以下 無料(大分市内の小中学生は無料)
さるっこレール:往復100円※片道のみでも100円
■駐車場:あり/1,000台(有料)

http://www.takasakiyama.jp/takasakiyama/

17.レストランも人気の水族館「うみたまご」


http://www.umitamago.jp/wp-content/themes/umitamago/assets/img/facility_guide/aquarium/slide_sango02.jpg

高崎山自然動物公園の向かいの別府湾越しにある水族館「うみたまご」をご紹介いたします。
うみたまごは、500種・1万5000点の生き物たちがいる水族館です。海の生物だけでなく、ジャングルにいる鳥たちなんかもいるんですよ。
ダイナミックなイルカやセイウチのショーや90種類・1500点の魚たちが泳ぐ「大回遊水槽」は圧巻です。
また、大回遊水槽の天井部がガラス張りの床になっている秘密のエリアがあり、まるで海の中にいるような感じです。※高所恐怖症の方にはおすすめできません。
夜の水族館も会館しており、昼間とは違った神秘的な夜の姿の水族館を楽しむことができます。
夜の水族館の会館は期間が決まっているので、ご確認ください。

また、水族館に併設するレストランは府湾を一望できる絶好のロケーションのレストランです。
旬の食材にこだわったヘルシーなメニューをご堪能ください。

水族館「うみたまご」の詳細情報

■場所:大分市高崎山下海岸
■TEL:097-54-1010
■営業時間:9:00~18:00
■休館日:なし ※メンテナンスなどで休館日あり
■利用料金:大人(高校生以上)2200円/小人(小中学生)1100円/幼児(4歳以上)700円
■駐車場:あり/800台・有料

18.動物たちと大接近「アフリカンサファリパーク」

f54e00a3-7ec1-4815-839f-ab85fb60909e
africansafari.blog.egoism.jp

ライオンやキリン、ゾウなどの動物たちと大接近しながら給餌体験をすることができるジャングルバスが人気なのが「アフリカンサファリ」です。
周囲が見渡せる大きなバスに乗車して、目の前にやってくる動物たちの迫力満点の姿を見ることができます。
また、多きい動物だけでなく可愛い小動物と触れ合えるふれあい広場や、世界中の猫と犬が集まったキャットサロンやドッグサロンなどもあり、一日中動物たちと触れ合うことができますよ。

アフリカンサファリパークの詳細情報

■場所:大分県宇佐市安心院町南畑2-1755-1
■TEL:0978-48-2331
■営業時間:9:00~17:00(11/1~2月末までは10:00~16:00)
■定休日:年中無休
■利用料金:大人(高校生以上)2500円/小人(4才~中学生)1400円/ジャングルバス:大人1100円・小人900円
■駐車場:あり・1500台

http://www.africansafari.co.jp/

19.別府温泉といえばコレ!「地獄めぐり」


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-c6-43/hiyona0917/folder/1195243/30/33050530/img_3?1284823498

別府温泉に訪れたら、一度は体験しておきたいのが「地獄めぐり」です。
別府温泉の歴史は古く、1000年以上前に編纂された「豊後風土記」に記されています。
元々は、人々が忌み嫌われた土地であったために「地獄」と呼ばれるようになったそうです。
考えればそうですよね、地面からお湯が吹き上がったり、熱湯が湧き出ていれば、誰だって驚きますよね。
現在では、人々に癒しをもたらしてくれる温泉地帯として有名な鉄輪温泉となっています。
そんな地獄温泉は、8箇所全部入ることはできません。
ただ、眺めるだけです。
しかし、私たちの目を充分に楽しませてくれるスポットとなっており、そのうち4箇所が国指定の名勝となっています。
私が地獄めぐりをした中でも一番のおすすめが「海地獄」です。
目の覚めるような美しい青色の温泉は、見た目からはとても想像できない97度のお湯の温泉なのです。
ぜひ、見てみる価値がありますよ。
ほかにも、間欠泉や赤色の温泉などもありますので、ぜひ楽しんでください。

地獄めぐりの詳細情報

■電話:0977-66-1577(お問い合わせ番号)
■営業時間:8:00~17:00 (年中無休)
■料金:ホームページを参照ください

http://www.beppu-jigoku.com/

20.湯布院の情緒ある町並みを楽しめる「金鱗湖」


http://zixinzu.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_478/zixinzu/m_DSC00010.JPG?c=a4

湯布院の街中にある観光スポットとして外せないのが「金鱗湖」です。
「金鱗湖」は、夕日によって湖が金色のうろこのように輝くのようにみえることから、儒学者の毛利空桑によって名づけられた湖です。
特に秋から冬にかれて見られる朝霧は特に美しいです。

また、湯布院駅から金鱗湖までの道のりも外せないスポットです。
色々とユニークなお店が立ち並んでいます。
気になるお店があったらぜひ入ってみてはいかがでしょうか?

金鱗湖の詳細情報

■場所:大分県由布市湯布院川上
■TEL:0977-84-3111(由布市商工観光化)
■駐車場:周辺に有料駐車場あり

http://www.visit-oita.jp/spot/spot0012.html

21.イルカスイムも楽しめる!「つくみイルカ島」


http://pds.exblog.jp/pds/1/201507/19/39/a0327439_05220094.jpg

イルカ好きにおすすめしたいのが「つくみイルカ島」です。
イルカと人間のふれあいと癒しをコンセプトとした体験型の施設です。
イルカたちのダイナミックなパフォーマンスやイルカへの給餌体験はもちろん、イルカスイムも楽しむことができます。
可愛いイルカたちだけでなく、アザラシやペンギンなどのもいますので、心行くまで海の動物たちと触れ合ってみませんか?

うみたま体験パーク つくみイルカ島の詳細情報

■場所:大分県津久見市大字四浦2218番地10
■TEL:0972-85-3020
■営業時間:10時~16時(季節により延長あり)
■休場日:1月中旬から2月中旬までの約1ヶ月はメンテのため休場
■利用料金:大人(高校生以上)840円/小人(小・中学生)530円/幼児(4歳以上)420円
■駐車場:あり・150台

http://www.tsukumi-irukajima.jp/index.php

22.「世界一流の民窯」と称された秘密多き陶芸の村「小鹿田の里」


http://pds.exblog.jp/pds/1/201006/01/86/e0066586_1817406.jpg

大分県日田市にある小鹿田は、「小鹿田焼き」といって、知る人ぞ知る窯元の集落です。
小鹿田の里は、今から約300年前の江戸時代中期に10軒の窯元が開窯をこの地で行ったことからはじまりました。
それから代々、現代にいたるまで10家族により窯は守られてきました。
窯と窯元ごとに異なる小鹿田焼の模様は、一子相伝として開窯から現代まで続いており、これからも変わることがありません。
そして、小鹿田の里で作られる小鹿田焼の最大の特徴は最初から最後まで家族総出で手造りで作られているという点です。
これは世界的にも珍しい窯元の集落で、もしどの窯元かが不足の自体になったもほかの窯元たちがそれを補われ、大変横の結びつきも強いです。
「小鹿田焼」は、小鹿田の里に住む窯元たち共有のブランド名で、製作者個人の名前が作品に刻まれることはありません。
これは、美を意識した作品作りにこだわった柳宗悦の教えに基づいたものだと考えられています。

「小鹿田の里」では、毎年窯元が開かれるためのお祭りなどがおこなわれており、「残したい日本の音風景百選」にも選定されています。
ぜひ、昔から続く自然と共に歩んできた陶芸を肌でかんじてみませんか?

41zElOD3pXL
http://www.amazon.co.jp/dp/B019MAQE1W?tag=iremono05-22

小鹿田の里の詳細情報

■場所:大分県日田市源栄町
■TEL:0973-22-2036(日田市観光協会)

23.焼酎蒸留所の見学もできる「いいちこ日田蒸留所」


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-8c-3e/mackchiho/folder/819450/68/60105268/img_3?1261788748

大分県日田市は、「日田の天領水」といわれる名水の里であり、その美味しい水を使っっている焼酎の蒸留所があります。
下町のナポレオンと称され、「また君に恋してる」というフレーズのCMでもおなじみの「いいちこ」を製造している三和酒造の蒸留所があり、見学もできます。
工場内で実際に稼動している蒸留機があり、テイスティングコーナーでは、原酒や貯蔵酒のテイスティングも行える大人に嬉しい見学場です。

いいちこ日田蒸留所の詳細情報

■場所:大分県日田市西有田810-1
■TEL:0973-25-5600
■開館時間:10:00~16:00
■休館日:毎週火曜日(祝祭日の場合は営業)・年末年始・お盆
■見学料金:なし
■駐車場:あり

http://www.iichiko.co.jp/comp/factory/

24.どこか懐かしい昭和の町「豊後高田」


http://pds.exblog.jp/pds/1/201406/03/03/e0093903_1336344.jpg

昭和の町「豊後高田」は、町全体が昭和の趣を残す場所です。
昭和30年代に栄えた当時の情景そのままの姿を残しているお店が並ぶ商店街「昭和の町」、昭和10年前後に米蔵として建てられた旧高田農業倉庫を改築し昭和の遊びや町並みを再現したミュージアム「昭和ロマン蔵」などがあります。
ミュージアムの中では町並みはもちろん、学校の再現風景なんかもあり、大きな駄菓子屋さんもあるので童心に返ってお菓子選びはいかがでしょうか?
また、「昭和の町」では、昭和30年代当時の学校給食が食べれる喫茶店や、お肉屋さんのコロッケなど、おなかも懐かしい味で満たされること間違いありません。
ぜひ、あの頃にもどってみませんか?

昭和の町 豊後高田市の詳細情報

■場所:大分県豊後高田市新町989-1
■TEL:0978-23-1860
■お問い合わせ先:豊後高田市観光まちづくり株式会社

http://www.showanomachi.com/index.php

25.鶏天発祥の店「東洋軒」


http://art25.photozou.jp/pub/73/336073/photo/208240450_624.v1454402607.jpg

大分県民のソウルフード「鶏天」ですが、美味しい鶏天の発祥のお店は大分県別府市にあります。
東洋軒の創業者である宮本四郎さんが中華料理を和風にアレンジしてつくったメニューです。
現在では、大分県のいたるところで食べることができますが、やはり本家の鶏天は一味違います。
ぜひ、揚げたての鶏天を食してみませんか?

RESTAURANT東洋軒の詳細情報

■場所:大分県別府市石垣東7丁目8番22号
■TEL:0977-23-3333
■営業時間:ランチタイム/11:00〜15:00(14:30オーダーストップ)・ディナータイム17:00〜22:00(21:30オーダーストップ)
■定休日:年中無休

26.大分県民の定番テイクアウトメニューからあげの人気店「げんきや (舷喜屋)」


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/018/680/69/N000/000/017/140188522260987348228_IMG_8974.jpg

最近、じわじわと人気が出てきた大分県の「からあげ」。
その発祥とされるのが大分県中津市で、大分県でも「からあげの聖地」とも呼ばれています。
そんな中津市でも人気のあるからあげ屋さんが「からあげ専門店 舷喜屋(げんきや)」です。
サクサクの衣に、秘伝のタレがしみこんだ鶏肉はとてもジューシーで一度たべたら、また食べたくなる唐揚げです。
ぜひ、中津市にお立ち寄りの場合は食べてみてはいかがでしょうか?
ちなみに、私も最初戸惑ったのですが、大分県のからあげ屋さんは、計り売りが主流。お店によっては100gなどの小さい単位では店員さんが眉をひそめる場合もありますので、お気をつけください。

からあげ専門店 舷喜屋の詳細情報

■場所:大分県中津市金手35-2
■TEL:0979-24-1933
■営業時間:11:00~21:00
■定休日:年始(1月1日~3日まで)

http://www.nakatsu-genkiya.com/

27.夏に人気のこの一品!別府冷麺専門店「湖月」


http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/004/071/87/N000/000/001/kogetu01.jpg

名前のとおり、別府市の冷麺です。
満州から引き上げてきた料理人が開いたお店で販売されていたメニューです。
大きな特徴としては、スープが和風だしベースだということ。
ちなみに、麺には2種るいあり、弾力のあるモチモチとした麺が冷麺専門店、のど越しのよいツルツルとした麺が焼肉店系でよく出されます。
そんな別府冷麺の人気のお店が「湖月」です。
40年以上続く老舗の専門店で、別府で冷麺といえばここのお店が出てきます。
モチモチとしたコシのある麺と、天然水でつくられたさっぱりとしたスープでぺろりと食べることができます。

湖月の詳細情報

■場所:大分県別府市石垣東8-1-26
■TEL:0977-25-2735
■営業時間:11:00~18:30(月曜のみ~16:00)
■定休日:火曜日

http://tabelog.com/oita/A4402/A440202/44000594/

28.大分特産の魚介の関アジ・関サバを楽しめる「よしだ会館」


http://www.sekisaba.com/img/menu/main1.jpg

大分に来たならば、一度は食べておきたいのが「関あじ・関さば」が揚げられます。
大分県で水揚げされる高級ブランドなのが「関あじ・関サバ」をリーズナブルなお値段で食べることができるのが、「よしだ会館」です。
「関アジ・関サバ」ともに魚で旬ものなので時期にはご注意ください。
旬であれあば、脂が乗ってコリコリとした食感の新鮮な魚を楽しむことができます。
お店自体は結構年季が入っているTHE田舎の店といった感じです。
それも旅の醍醐味として楽しんでみてはいかがでしょうか?

よしだ会館の詳細情報

■場所:大分県大分市大字大平23-1
■TEL:097-576-0288
■営業時間:月・火・木・金 11:00~14:30/17:00~21:30(L.O.21:00)
土日祝日 11:00~21:30(L.O.21:00)
■定休日:水曜日

http://www.sekisaba.com/

29.大分県産高級魚城下カレイを堪能できる「的山荘」


http://tekizanso.com/meal/img/meal1.jpg

大分には、関アジ・関サバとは別に、「天下の美味」との誉れ高い高級魚・城下カレイがあります。
そんな「城下カレイ」のシーズンは4月~9月です。
鹿鳴越連山の湧き水が日出城の下の別府湾からも清水が湧き、そこで育ったカレイを「城下カレイ」と呼ばれています。
そんな「城下カレイ」を美味しく食すことができるのが「的山荘」です。
ランチタイムとディナータイムがあり、「城下カレイ」の料亭として有名な料亭で「城下カレイ」を存分に堪能できる懐石メニューを楽しむことができます。

的山荘の詳細情報

■場所:大分県速見郡日出町2663
■TEL:0977-72-2321
■営業時間:ランチタイム・11:00~14:00/喫茶タイム・14:00~17:00/ディナータイム・17:00~22:00
■定休日:年中無休

30.地獄蒸しプリンが絶品「岡本屋売店」


http://livedoor.blogimg.jp/nsan/imgs/4/d/4d49f026-s.jpg

地獄蒸しプリンといえば現在は色々な種類がありますが、中でもおすすめなのが、「岡本屋売店」の元祖地獄蒸しプリンです。
昭和63年の発売当初と変わらぬ製法で丁寧に作られた地獄蒸しのプリンです。
苦味の利いたカラメルと濃厚なカスタード、そして地獄の蒸気と呼ばれる温泉蒸気で蒸しあげたプリンです。
普通と違うのは、地獄の蒸気である温泉成分がプリンへのスパイスとなっているところです。
独特な味わいのプリンをご堪能ください。

岡本屋売店の詳細情報

■場所:大分県別府市明礬3組
■TEL:0977-66-3228
■営業時間:8:30~18:30
■定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日が休み)

http://www.jigoku-prin.com/shop/index.html

温泉だけじゃない大分

おすすめの立ち寄り湯から、宿、レジャーにグルメと紹介してきましたが、まだまだ紹介しきれないほど魅力の詰まった観光地でもあります。
温泉でゆったり過ごしてもいいですし、レジャーで楽しんだあとは、温泉と美味しい料理で楽しい時間を過ごしたり、楽しみ方はたくさんあります。
ぜひ、次の休日は大分に訪れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします