「料理初心者さん」のための心得15♡美味しく作りたいあなたへ

今回は料理初心者さんのために料理をする上でぜひ知っておきたいコツをご紹介します。一人暮らしに、結婚生活、新しい生活をスタートすることをきっかけに料理を始める方も多いはず。しかし、包丁すらほとんど握ったことがなく、今まで全く料理をしたことがない方にとって、「料理」は何をどうすればいいのか、不安や戸惑いもあるかもしれませんね。そんなあなたにピッタリな役立つ情報ばかりを集めましたのでぜひご覧ください!

初心者さん必見!料理上手になるための15のコツ


「料理を始めたいけれど、どうすればいい?」料理をしたことがない方にとって料理はある意味“未知なる世界”なのかもしれませんね。
料理はまず何よりも基本を知ることが大事。
料理をする上でのコツをきちんと把握しておけば、段取りよく料理を作ることができます。
これから料理を始めたい方はぜひチェックしてみて下さいね。

其の一「まずは道具を用意すべし」


材料だけ準備しても、料理を作るために必要な道具がある程度揃っていないと、料理は作ることができません。
どれが必要かはその料理にもよりますが、使い心地がいいかどうか、自分に合ったものを選んでみましょう。

①包丁


shakenote.org

材料を切る上でかかせないのが包丁です。
包丁といってもピンからキリまであって、高くても使いこなせないと意味がありません。
また、切れ味が悪いと怪我につながってしまいます。
料理初心者さんには、お手入れ面や使いやすいことからステンレス製の包丁がいいでしょう。
「三徳包丁」かもしくは「牛刀」タイプの包丁が料理初心者さんにはオススメです。
長さはおよそ20センチほどのものが初心者さんには使いやすいですが、まずはその包丁が握りやすいかどうかで包丁を購入するようにしましょう。

②まな板


chinaplasticproducts.com

食材を置いて、切る時に必ず必要となってくるのがまな板です。
あまり小さすぎるまな板だと、食材がまな板からはみ出したり、食材を切っている途中に、せっかく切った食材がこぼれてしまったりします。
まな板はできるだけ大きいまな板を選んで購入するようにしましょう。
しかし、大きいまな板がいいからといっても、自宅の流しに入らないとまな板を使った後洗うことが出来ません。
流しのサイズも確認した上でまな板を選ぶようにしましょう。

また、まな板の素材は、カビが生えやすい木のまな板よりも、軽くて手入れが楽なプラスティックのまな板の方が料理初心者さんには向いています。
衛生面も考えて、野菜用、魚・肉用とまな板を分けて使うようにするといいですね。

③鍋


食材を切った後、焼いたり、煮たり、揚げたりする時に使うのがお鍋です。
お鍋が一つだけだと、一つの作業を終える毎に、お鍋を洗ったりしなければならず、料理の効率も悪くなってしまいます。
焼いたりする時に必要なフライパン(直径18~26cmほどのもの)、スープやお味噌汁などを作る時の片手鍋(直径18~20cmほどのもの)、野菜やパスタなどを茹でる時や煮物や揚げ物をする時に使う大きくて深めの両手鍋(直径25~26cmほどのもの)の3つの種類を揃えるといいでしょう。

1 2 3 4 5