はじめての沖縄!女子旅に絶対おすすめスポット&グルメ12選

3.首里城 西(いり)のアザナ

沖縄観光コースに首里城は必ずといっていいほど含まれていますが、西(いり)のアザナは知らない人が多いかもしれません。

沖縄言葉で、西は太陽が入るという意味で”いり”、東は太陽が上がるという意味で”あがり”と読みます。

アザナとは沖縄方言で「物見台」の意味。首里城公園内は入館料が必要な有料エリアもあるのですが、西のアザナは無料で入れるエリアにありながらも絶景ポイントなので、地元の人にとって穴場的存在です。

できれば夕方、日没の時間帯に訪れてほしいところです。首里城公園内、ルートの分岐点では道標があるのでお見逃しなく。

西のアザナに立つと那覇市街が一望に見渡せます。沖縄で夕日を見るといえばビーチが定番ですが、西のアザナでは夕日を眺めてそのまま日没後の那覇の夜景まで楽しめるのがおすすめのポイントです。

さらにライトアップされた首里城も

すっかり日が落ちて、西のアザナから後ろを振り返ってみるとライトアップされた首里城が見えます。昼間とは違った雰囲気で素敵です。西のアザナではサンセット、那覇市街の夜景、そして首里城ライトアップ、のトリプルでお楽しみください。

  • 住所:〒903-0815 沖縄県那覇市首里金城町1-2
  • TEL:098-886-2020
  • アクセス:那覇空港からゆいレールに乗車し「首里駅」下車 徒歩約15分

4.幸せになれるかも? 果報バンタ

果報(かふう)バンタのバンタとは沖縄の方言で「崖」という意味です。果報バンタがある宮城島は恩納村のリゾートエリアとは反対の東海岸に位置し少し遠いのですが、沖縄本島の東海岸から海中道路で繋がっていて、この海中道路からの豪快な海の景色を眺めるドライブそのものもアトラクションの一つです。

果報バンタでは、標高約120mの崖の上から透明度の高い沖縄のオーシャンブルーを見ることができます。

このエメラルドグリーンの海と岬の景色が、沖縄で一、二を争う絶景スポットと名高い理由です。別名「幸せ岬」と呼ばれ、真っ白な白浜とのコントラストに、エメラルドグリーン、コバルトブルー、ダークブルーなどたくさんの「青」に目が釘付けになるはずです。

ただし、風が強いとさざなみが立って美しく見えません。こればかりは運次第になってしまいます。また、眼下の「ぬちの浜」では、満月の夜にウミガメが産卵に訪れるそうですよ。

  • 住所:〒904-2423 沖縄県うるま市与那城宮城2768
  • アクセス:那覇空港から沖縄自動車道経由で1時間5分

5.海に吸い込まれる感覚、ニライカナイ橋

本島南部、南城市知念の国道331号線の吉富交差点から山側へ続く道を少し走る、ニライカナイ橋があります。この橋の頂上付近にトンネルがあり、その上にある展望所からの景色がとてもきれいです。海の遠くに久高島や砂浜だけの島が見えます。

展望台から海の方角は東なので、午前中は太陽で海面がキラキラ光ってきれいな海が見れません。おすすめの時間帯は11時から15時頃です。また、曇りや雨の日もきれいな海は見れません。

展望台に駐車場はありますが、車両進入禁止のため入口付近に路上駐車する必要があります。

  • 住所:沖縄県南城市知念字知念
  • アクセス:那覇空港から車で約30分(一般道路)