SNS映え間違いなし♡おしゃれなハーバリウムの作り方とアイデア

最近、SNSなどで話題となっている「ハーバリウム」をご存知ですか?そのおしゃれな見た目からインテリアとして、今注目を集めています。

もちろん既製品も販売されていますが、自分でDIYしちゃう方も多いとか。そんな話題のハーバリウムの簡単な作り方をご紹介します。

最近話題のハーバリウム

本来は植物標本の意味を持つ言葉ですが、綺麗でおしゃれな見た目からドライフラワーなどをオイルで保存したものがインテリアグッズと人気が出ています。

お手入れ要らずでお部屋に自然を取り入れられる♡

お部屋に花を飾りたくても生花だと1週間程で枯れてしまうし、造花を飾っていてもほこりっぽくなったりしてお手入れが大変ですよね。

ハーバリウムなら綺麗な状態をずっと保っておけるし、お手入れも瓶を拭くだけだから簡単!ズボラさんにもおすすめです♪

簡単 DIY で自分好みに作れちゃう

簡単に作れちゃうのも嬉しいところ。いくつか作ってお部屋をカラフルにしたり、季節のドライ フラワーを使って四季を楽しみながら作ることも♡

自分に合った楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?

ハーバリウム作りに必要な材料は?

ハーバリウムを作るには簡単に大きく分けて

  • ドライフラワーなどの花材
  • ふた付きのガラス瓶
  • 保存用の液

などが必要になります。

どんなものを用意したら良いか、それぞれの材料の簡単な説明をしていきましょう。

ポイント(1) ハーバリウム向きの花材探し

中にいれる花材はドライフラワーやプリザーブドフラワーを選びましょう。なかには造花を使ってDIYする方も。

綺麗なカラーを出すために生花を使いたいところですが、雑菌が繁殖して劣化してしまうので生花はハーバリウムには不向きです。

ハーバリウムの見た目が決まる一番のポイントになりますので、好みのカラーや形で個性を出して♡

ポイント(2) 好きな形のガラス瓶

ガラス瓶は最初はスリムなタイプを選ぶと失敗が少ないです。

ボトルタイプのガラス瓶にする際は、口が細すぎてドライフラワーが入れにくいことがあるので、広口タイプのガラス瓶がおすすめ!

口の先の形にも注意して選んでみましょう。

ポイント(3) 保存液の選び方

出典:【楽天市場】ENERGY DRUG

ハーバリウム作りに使える保存液はいくつかありますが簡単に使える代表的なもので、流動パラフィンがあります。

少し高価ですがハーバリウム専用保存液も販売されており、ベビーオイルで代用する事も出来ると言われています。

流動パラフィンとは主に化粧品や軟膏の基盤となるオイルの事でインターネットなどで購入する事が出来ます。

あると便利なグッズ♪

以上の3つがあればハーバリウムは出来ますが、その他にあると便利なものとして、花材をカットするはさみやガラス瓶の中で花材の位置を整える為の長めのピンセットなどがあると便利です。必要に応じて用意してみてくださいね。