a526658a-7d52-4e0f-a909-c23040cd4dda

おすすめ恋愛小説文庫5選!恋をしている女性は絶対読むべき♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛している時って恋愛小説を読みたくなりませんか? 恋愛小説の主人公の気持ちに思わず疑似体験♡してしまいそうな恋愛小説のおすすめ文庫を選んでみました! また文庫本にぴったりのお気に入りのカバーやポーチを合わせるととってもお洒落。恋愛してる人もそうでない人も必見!どっぷり恋愛にはまれる恋愛小説文庫の紹介です。

手軽に読める文庫本は意外にお洒落!


http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/fci_32448_5

1927年に創刊された岩波文庫の初期の表紙をデザインしたポーチがとってもお洒落です!電車内で本を読んでいて、人の目が気になる場合はこんな可愛いポーチで隠したりできますね!文庫本は手軽なサイズで携帯便利。カバーをお洒落にするのも読書の楽しみのひとつになります。
こんなお洒落なカバーをつけて読む恋愛小説は、持ってるだけで気分をウキウキさせてくれます!

それではおすすめの恋愛小説の紹介していきますので、気になるものをチェックしてくださいね♡

1. For you 五十嵐貴久/著

51avRhSKacL

http://www.amazon.co.jp/dp/439633639X?tag=iremono05-22

生涯独身だった叔母が愛していた男性とは?世代を越えたラブロマンス

映画雑誌編集者として働く朝美。親の様に育ててくれた叔母が亡くなり、遺品を整理していたら、叔母の日記帳を発見します。高校時代に付けたとみられる叔母の日記には、生涯独身を貫き通した叔母の愛した男性のことが綴られていました。そんな中、朝美に韓国俳優の取材の仕事が舞い込みます。朝美の現実と叔母の世代が交差しながら、恋愛物語が動いていく!壮大なラブロマンスです。

2. ブラームスはお好き フランソワーズ サガン/著

212KQBZJYDL

http://www.amazon.co.jp/dp/4102118047?tag=iremono05-22

1950年代のパリのお洒落な女流作家フランソワーズサガン


https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/12/72/66/1272667e1d09e1824ce3107c4798227b.jpg

ダブル不倫の果ては?年下男性との熱い恋

1950年代の偉大な女流フランス作家フランソワーズサガンの名作のひとつです。フランソワーズサガンは数々の恋愛小説文庫を出しており、どれも恋愛をしている女性には共感できるストーリーばかりです。39歳の主人公のポールは主婦であり装飾家という誰もがうらやむ女性、しかし夫には若い情婦もいるようです。そんな時に仕事仲間の25歳の息子ロジェに出会います。そして互いに恋に落ちていくのですが。。

51Gxxi10tCL

http://www.amazon.co.jp/dp/B002LVRPVI?tag=iremono05-22

1960年代に「さよならをもう一度」としてアナトール・リトヴァク監督により映画化されました。小説の主人公ポールと年下男性ロジェが出会う場面の、コンサートの曲であるブラームス交響曲がとても印象的で素敵です!

3. TSUGUMI(つぐみ) 吉本ばなな/著

516QCFV6GZL

http://www.amazon.co.jp/dp/4122018838?tag=iremono05-22

二度と帰らないあの時!思春期の気持ちがよみがえる

病弱で生意気で変わり者の主人公つぐみ。帰省した田舎で出会った少年と最後の恋に落ちるつぐみ。そして複雑な関係が縁で出会ったまりあが、つぐみの恋愛を淡々と語ります。女子が共感してしまいそうな場面がいっぱいの恋愛小説です。1990年代に市川準監督により映画化されています。

41v6eY1v9hL

http://www.amazon.co.jp/dp/B005JR8M5Y?tag=iremono05-22

4. ベッドタイムアイズ 山田詠美/著

5115J8AFCKL

http://www.amazon.co.jp/dp/4101036179?tag=iremono05-22

人を好きになる時は理屈じゃない!どうしようもない切なさって


http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/ciu/79/a8/09f1a1909fa08e6c0cf1b110.L.jpg

黒人兵スプーンとダンサー歌手である女性の熱い出会いと別れがセクシーに描写されている恋愛小説です。1985年の芥川賞受賞作品でもある山田詠美のデビュー大作です。官能小説とも呼ばれた恋愛小説ですが、二人のロマンティックな言葉のやりとりが斬新な力作です。1980年代に神代辰巳監督、樋口可南子出演で映画化されました。

5. 夏の終わり 瀬戸内寂聴/著

51YBPG1Z4AL

http://www.amazon.co.jp/dp/410114401X?tag=iremono05-22

不倫だけでは飽き足らない女の業!女ってツライ


http://www.amazon.co.jp/dp/B00I4WA3NK?tag=iremono05-22

http://www.amazon.co.jp/dp/B00I4WA3NK?tag=iremono05-22

妻子ある作家と8年との関係、そして年下の男性との愛欲にも溺れても、決して満たされない女の気持ちをリアルに描いています。著者本人の体験でもあるというストーリーは、自分の恋愛に照らし合わせ、まさに恋愛の凄みを感じる恋愛小説と言えます。瀬戸内寂静の官能小説とも言われた作品で、2013年に熊切和嘉監督で映画化されています。

文庫本で恋愛♡知的いいオンナに生まれ変わる!


https://s-media-cache-ak0.pinimg.com/564x/25/52/5d/25525d395a7fcaea65ae64a4b556c34b.jpg

いかがでしたか?恋愛中は燃え上がるような自分の気持ちを本で体験したくなるもの。ですがつらい恋愛の時もあるはず。そんな時は心を代弁してくれる恋愛小説文庫にお気に入りのカバーを添えて、自分を癒してみませんか?きっとあなたの恋愛の味方になる事まちがいナシです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします