スキューバダイビングライセンスを格安で取るコツとポイント

スキューバダイビングはお金のかかるイメージがありませんか?ライセンスを取らなければならないと聞くと、時間がかかり、かつ割高な費用がかかります。

しかし近頃、旅行先などでダイビングが人気のアクティビティになってきたため、ライセンス取得にかかる費用が以前に比べて下がってきました。国内から海外までライセンス取得にかかる費用をご紹介しますので、これから始めることを考えている方は参考にしてみてください。

ダイビングに必要なライセンス

・オープンウォーター・ダイバー(OWD)

スキューバダイビングを楽しむためには「Cカード」と呼ばれるライセンスが必要です。そして「Cカード」を取得するためのコースをオープンウォーターダイバー(OWD)コースといいます。ライセンスを取りたいと思ったら、ダイビングショップへ行きこのコースを申し込みましょう。

・ライセンス発行団体によって値段は違う?

実はライセンスを発行している団体は複数存在します。しかし発行団体によってそれほど取得にかかる費用に違いは見られません。なので、ここは発行枚数、 所属している店舗が共に最多の「PADI」の団体が発行するCカードを取るとよいでしょう。

・ライセンスを格安で取れる時期は?

ダイビングは夏に楽しむイメージがあると思います。しかし実は冬も含めて一年中楽しむことができます。お店によってOWコースもほぼ1年中開催されているので、夏のみでしかライセンスが取れないということはありません。

しかし毎年ダイビングを始める人は夏の7〜8月頃が最も多く、値段も上がりやすいです。反対に秋から冬にかけて10~2月頃が最も人が少なく値段が下がっていることが多いです。格安で取るとすればその時期に取ることをおすすめします。

冬に取るメリットはそれだけでなく、実は冬の海は1年の中で最も透明度がよく美しい姿を見せてくれるといわれています。人が少なくかつ格安で取れるので、ぜひ冬にライセンスを取ってしまいましょう。(ドライスーツという水が入ってこない特殊なスーツを着て潜るので安心してください。)