ワンルームでも出来る!おしゃれなインテリア5つのポイントと実例集

おしゃれな部屋にしたいけど、ワンルームで狭いからなかなか上手くインテリア出来ない!とお悩みの方は多いのではないでしょうか?狭く収納が少ないとどうしても物が上手く片付けられませんよね。

そこで、ワンルームでもスッキリとおしゃれに見せることできるインテリアのポイントをご紹介します。

ポイント(1)高さのある家具と空間・照明を上手に利用する

ワンルームで床に物を置けるスペースが少なくても、高さを利用した家具などを上手く使えば部屋を広く使う事が出来ます。

家具に高さが出る事で、部屋に広い印象を持たせる事が出来るとも言われているので、上手にレイアウトする事で印象がガラっと変わります。

高さのある家具は壁際に

高さのある家具は壁際に置く事で圧迫感を和らげる事が出来ます。

玄関から出来るだけ遠い位置に本棚や、収納棚など高さを持ってくる事で奥行き感を出す事も出来るので、上手なレイアウトを探してみて。

ロフトベットで空間を賢く利用

ロフトベッドは空間の有効活用に持ってこいのアイテムです。

ロフトベッドにも高さに種類があるので、ベッドの下にソファや机を置いたり、低めのロフトベッドにしてベッド下を収納スペースにするのも良いかもしれませんね。

間接照明で深みのある空間に

間接照明を上手に使う事で空間に深みや奥行きを持たせるとおしゃれな印象に。

遊び心を出しやすいアイテムなので、面白い形を探してみるのもGood!部屋の形に合わせてベストな間接照明の高さや置く場所を探してみてくださいね。

ポイント(2)家具は多目的&コンパクトに

部屋に適度な空間が生まれる事でスッキリと広い印象になるので、家具はとことんコンパクトにこだわるのがおすすめ!

なおかつ多目的に使える家具を選べばかなりの省スペースになり、部屋に余裕を持たせる事が出来ます。

ソファーベットなら部屋が広く使える

ワンルームのお部屋にベッドとソファを両方置いてしまうと、部屋が窮屈になってしまう事も。

ソファーベッドなら寝ない時はソファにしたり多目的に使えるので、部屋を広く使いたい方にぴったりの省スペースアイテムです。

縦長テーブルは万能

テーブルを置くならオールマイティに使える縦長タイプがおすすめです。

キッチンの近くに置いてカウンター風にしたり壁際に置いて書斎風にしたり、レイアウトの仕方は自由自在!

軽量で持ち運びしやすいタイプにすれば必要に応じて移動して使用する事も出来ますね。

おしゃれな折りたたみイスで省スペース

イスは意外とかさばる家具なので置くのに躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

最近の折りたたみイスはおしゃれなデザインがたくさんあります。折りたたみイスなら使わない時は畳んで収納しておけるので、かさばる事なく部屋をすっきりおしゃれに見せることができます。