ワンルームでも出来る!おしゃれなインテリア5つのポイントと実例集

ポイント(3)見せる収納で見た目も空間もスッキリと

単なる収納をおしゃれに見せる収納に変えてしまえば、それだけで立派なインテリアに!

ワンルームだからこそ活かせる実用的でおしゃれな収納術で部屋の印象をグッと変えてしまいましょう。

収納ボックスは同一のもので一体感を

収納ボックスは同じデザインのものを並べて一体感を出す事で部屋をスッキリとした印象に見せる事が出来ます。

自分の部屋にぴったりの収納ボックスを上手に使って、収納自体をインテリアの一部に見せることでおしゃれな部屋に。

掛ける収納はおしゃれでデッドスペースも活かせる

収納が足りない時は壁掛ラックを使ってみて。デッドスペースを活かせておしゃれなインテリアにもなります。

最近は100円ショップなどで売っているつっぱり棒やワイヤーラックなどを使って自分でDIYする方も多いです。

ハンガーラックで服もインテリアに

洋服はクローゼットにしまいがちですが、あえてハンガーラックで見せる事で洋服もインテリアの一部にする事が出来ます。

お気に入りの服を掛けておけば、着る時はパッと出せて見た目はおしゃれで一石二鳥のアイテムですね。

ポイント(4)部屋と家具のカラーも意識する

おしゃれな印象を持たせる為にはカラー選びが重要!

ポイントを押さえずに部屋に色々なカラーを使ってしまうと生活感が出てしまい、まとまりのない印象になってしまう事も。

ベースカラーもインテリアもカラーにこだわっておしゃれ上級者の部屋に♪

ベースカラーは明るい色味で部屋を広く見せる

部屋の基本となる壁紙や大きい家具はホワイトやアイボリーなどの明るい色の物にすると、膨張色の効果で部屋に広い印象を持たせる事が出来ます。

ダークカラーが好きな方は小物などの差し色にダークカラーを持ってくると締まった印象になります。

大きい家具はシンプルなカラーで統一

テーブルや本棚、収納棚などの大きめの家具はカラーをシンプルなカラーにするとスッキリとまとまった印象になります。

ナチュラルなホワイトやウッドカラーの家具にすると、柔らかくおしゃれな印象になるのでおすすめです。

小物で色味を出して部屋にメリハリを

部屋がシンプルな印象になってしまった時は小物にアクセントカラーを持ってくる事で華やかな印象に!

観葉植物は置くだけでナチュラルな雰囲気にする事が出来ます。気分で変えられるクッションカバーなどもおすすめアイテムです。