2983da8c-859a-41f9-a700-a732e4568057

カーネーションのドライフラワーに挑戦!家庭でできる簡単な作り方をご紹介♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母の日などでお馴染みのカーネーションですが、せっかくなら長く楽しみたいと思いませんか。 ドライフラワーにする作り方は意外と簡単なんです。 ご家庭でも割と気軽に挑戦できる方法をご紹介するので、ぜひ試してみてください。

母の日など、馴染みのあるカーネーション


http://flyfsa.com/wp-content/uploads/2015/04/carnation_iroiro.jpg

母の日など、昔から馴染みのあるカーネーションですが、ドライフラワーに挑戦してみた事はありますか?

家庭でも簡単にできる作り方をご紹介するので、プレゼントで貰った後、少しでも長く飾って楽しむために、ドライフラワーにしてみてはいかがでしょうか。

カーネーションのドライフラワーの作り方


http://img01.naganoblog.jp/usr/lafine/%EF%BD%B6%EF%BD%B0%EF%BE%88%E5%85%A8%E4%BD%93.JPG

家庭でも簡単にドライフラワーが作れる作り方をご紹介します。

方法によって、色の残り方などもが違ってきますので、手軽さと出来上がり具合を考えて、お好みの方法を試してみてください。

1・吊るす


http://blog-imgs-64-origin.fc2.com/z/o/o/zoohappy/P5270151s.jpg

1番簡単な方法は、逆さまに吊るして自然乾燥させることです。

なるべく風通しの良い場所に、陰干しして1〜2週間乾燥させます。

束で干すよりも1本、1本別々に干した方が早く乾きます。


http://tedukuri-koko.com/wp-content/uploads/2015/09/5c575a7e0e84d670bd50c32345990ec9-330×220.jpg

自然乾燥は手軽にできますが、一番色も変化してしまう方法でもあります。

アンティークのような色褪せ具合が、味わい深くもありますね。


http://life-style-studio.com/wp-content/uploads/2013/10/DSC07608-300×199.jpg

2・シリカゲルを使用する


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/fleursavon/20110325/20110325114841.jpg


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/fleursavon/20110325/20110325114841.jpg

色が割とキレイに残りやすい方法に、シリカゲル(乾燥剤)を使用する方法があります。

まずは、ドライフラワー用シリカゲルを用意します。

ホームセンターや手芸店、最近では100均でも取り扱っている所もあるようです。

510IbTpiBcL
http://www.amazon.co.jp/dp/B002GKBCIQ?tag=iremono05-22


http://stat.ameba.jp/user_images/20130520/11/miku-sr61/e2/2c/j/o0480064012545651147.jpg

茎をカットし、花首2センチぐらいにします。


http://stat.ameba.jp/user_images/20130520/11/miku-sr61/b7/ec/j/o0480064012545651272.jpg

ドライフラワーになった後、アレンジしやすいように針金を指しておくのも良いでしょう。

その場合は、針金の先は邪魔にならないように丸めておきましょう。


http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/f/fleursavon/20110325/20110325115138.jpg

タッパーやガラス瓶などの密閉容器に2〜3㎝程度、シリカゲルを入れ、花を置き、上からまたシリカゲルをかけます。

花びらの間などにもよく入るように、ピンセットなどで、そっと開きながら隙間にも詰めます。

シリカゲルをかける時に、花の形を潰してしまわないように注意してくださいね。

シリカゲルは直接肌に触れると荒れる可能性があるので、必ずスプーンなどを使用して、直に触れないようにしましょう。


http://stat.ameba.jp/user_images/20130520/11/miku-sr61/85/9d/j/o0480064012545651239.jpg

1週間後、大きめな受け皿や新聞紙などの上に、そっと、シリカゲルごと中身を出していきます。

花びらを壊さないように注意しながら、隙間に入り込んだシリカゲルを落として完成です。

http://ameblo.jp/miku-sr61/entry-11534112854.html

シリカゲルの再生方法


http://www.rakuten.ne.jp/gold/yumetairiku/howto/images/cilica_pan.jpg

使用したシリカゲルは、再利用が可能です。

油分をしっかり取ったフライパンで炙ることで、もう一度吸湿性を取り戻す事ができます。

この時、弱火〜中火で焦がさないように、5分程度、ヘラなどを使って全体がまんべんなく青色になるようにします。

作ったドライフラワーを飾ろう!


http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-3b-d6/ondine070901/folder/403006/26/30827426/img_0?1239947594

それでは完成したドライフラワーの飾り方をご紹介するので、参考にしてみてください。

1・ガラス瓶などに入れてアレンジ


http://maririnco.up.n.seesaa.net/maririnco/image/AAA6296B-363F-43AD-B653-9B37956E98FC-thumbnail2.jpg?d=a1

ガラス瓶などのジャーにドライフラワーのアレンジメントを入れて飾るのも可愛いです。

ドライフラワー作成時に、針金を指しておけば、アレンジを作る時にスポンジなどに刺せるので便利です。


http://stat.ameba.jp/user_images/20130520/11/miku-sr61/2d/3a/j/o0480064012545651217.jpg

スポンジなどの土台に、ドライフラワーを刺しアレンジメントを作ってから瓶の中へ、そっと入れます。


http://stat.ameba.jp/user_images/20130520/11/miku-sr61/09/46/j/o0480064012545651197.jpg

ガラス瓶などの透明容器なら、中もちゃんと見えますし、保存状態も良く保てるので、オススメです。

2・花瓶に生ける


http://pds.exblog.jp/pds/1/201105/13/89/d0162989_22355970.jpg

生花と同じように、花瓶に生けるのも良いでしょう。

もちろん水はいらないので、水の取り替えの手間もありません。


http://life-style-studio.com/wp-content/uploads/2013/10/DSC07617-200×300.jpg

自然乾燥で作成したドライフラワーは、アンティークのような風合いが魅力なので、同じようなアンティーク瓶などに飾ると、よくマッチしますね。

3・リースにする


http://pds.exblog.jp/pds/1/201304/13/58/d0159358_113611100.jpg

ドライフラワーを使って、リースを作ってみるのも素敵です。

カーネーションのリースは、母の日などの贈り物にもピッタリですね。

新鮮なうちにドライフラワーに!


https://img5.roomclip.jp/images/img_640/c4b5171d0a36f10d34955b4409140987581dd91b.jpg

ドライフラワーを作成する時には、カーネーションに限らず言える事ですが、新鮮なうちにドライにする必要があります。

生花を2日ほど楽しんだら、まだ元気なうちにドライフラワーの作成にとりかかりましょう。

自宅で簡単にできるので、機会がある方はぜひ挑戦してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします