2018年はPADIでダイビングライセンスを♪ショップ選びから必要な物まで

ショップを選ぶ3つのポイント

たくさんあるダイビングショップの中から、どういう基準でショップを選べばいいか分からず足踏みしてしまう方も多いのではないでしょうか。

日本国内だけでなく、海外にもたくさんのショップがあり、その中から最も自分に合ったスタイルでダイビングデビューするための選び方を3つご紹介します。

(1)自宅から一番近いショップを選ぶ

無難に、自宅から一番近いショップを選ぶ方法です。先ほど少しご紹介した都市型ショップは、潜れる海が近くにはありませんが、その代わりにプールで講習を受けることができます。

その場合、連続した休みをとることが難しい方でも先に学科と簡単な水中スキルの講習を済ませておくことができ、海洋実習は可能なときに1~2日休みを使うだけで済みます。

(2)今後も通いやすい範囲にあるショップにする

ダイビングを始めるにあたり、今後どの範囲まで潜りにいけるのか?

例えば東京に住んでいるなら伊豆や葉山まではいけるからそのあたりのショップを選ぶのもいいでしょう。

大阪に住んでいるなら和歌山くらいまではいけるかな?など、今後自分が通いやすい場所にあるショップを選ぶのも、無理なく続けていくために大事なことといえるでしょう。

(3)リゾート地のショップを選ぶ

お休みを取りやすい、大型連休がある方は思い切って旅行がてらリゾートでの取得もいいでしょう。

沖縄や海外、例えばタイやフィリピンではバックパッカーをしながらついでにライセンス取得する人も多いです。

リゾート地は旅費がかかる分ライセンス取得費用が安くなっているので、陸地も楽しみながらダイビングも始められるなんて一石二鳥な気分ですよね。