100均材料で作るボタニカルキャンドル♪簡単レシピ&おしゃれなアイデア

火を灯しても、飾っても素敵なキャンドル。なかでもドライフラワーなどの植物を閉じ込めたボタニカルキャンドルは人気があります。販売されている物はなかなか高価ですが、100均で揃う材料で簡単に作ることができます。素敵に仕上げるコツをご紹介します。

ボタニカルキャンドルとは

ボタニカルとは「植物的な」という英語で、ドライフラワーやドライフルーツ、プリザーブドフラワー、押し花などの植物を蝋の中に閉じ込めて作るキャンドルです。販売されている物は普通のキャンドル以上に高価なものが多いので、ハンドメイドするとお得なだけでなく、好みのキャンドルを作ることができます。ご自身で使うのはもちろん、プレゼントにもおすすめのキャンドルです。

ボタニカルキャンドルのある暮らし

忙しい毎日。ちょっと一息ついて、キャンドルを灯す時間を持てたら素敵ですよね。キャンドルの炎のゆらぎを見ていると、とてもリラックスした気分になります。香りのついたアロマキャンドルは部屋全体に香りが広がり、より心地よい空間が演出できます。

ボタニカルキャンドルなら視覚的な癒し効果も加わります。そんなキャンドルを好みの香りやデザインで作ってみませんか。ボタニカルキャンドルの基本的な作り方をご紹介します。

ボタニカルキャンドル作りの材料

  • ろうそく
  • 紙コップ(小)
  • 紙コップ(大)
  • 割り箸 2膳
  • 耐熱容器
  • ドライフラワー、ドライフルーツ、プリザーブドフラワー、押し花など
  • 香り付けに アロマオイル

ドライフラワーなどの植物以外の材料は、100均で揃えることができます。庭で育てたハーブや、プレゼントにいただいたお花などをドライフラワーにして、キャンドルに閉じ込めるのも素敵です。手作りなので、ラベンダーのドライフラワーを閉じ込めたキャンドルに、ラベンダーのアロマオイルで香り付けをするといったアレンジもできます。