100均材料で作るボタニカルキャンドル♪簡単レシピ&おしゃれなアイデア

ボタニカルキャンドルの作り方【外側を作る】

蝋が完全に固まったら、紙コップをハサミでカットし、紙コップから取り出します。次にキャンドルの外側、ドライフラワーなどの植物を閉じ込める部分を作っていきます。小さい紙コップと大きい紙コップの差が半径1cm程度あると、ドライフラワーなど入れやすくなります。

5.ドライフラワーを詰める

小さいキャンドルを大きい紙コップにセットします。芯が中心に来るように調整してください。

ドライフラワーを詰める

薄い葉っぱなどは蝋でドライフラワーが隠れてしまうので、見せたい場合はできるだけ外側に沿うように入れていきます。ドライフラワーなど入れる量は、どのくらい表から見えるようにしたいかイメージに合わせて調整してください。

6.蝋を注ぎ固める

残りの蝋を温め溶かしたら、ドライフラワーを入れた部分にゆっくりと注ぎます。

芯を固定する

キャンドルの上からドライフラワーが覗いているように見せたい場合は、ドライフラワーが蝋から出るように沈まないよう気をつけながら埋めていきます。割り箸などを使うと入れやすくなります。芯に蝋がかかる場合は、芯を割り箸で固定します。

7.固まったら型から取り出してできあがり!

完全に固まったら紙コップをハサミでカットし、型から取り出したらできあがりです。紙コップをはがしてみると、蝋の間からドライフラワーなどが透けてみえて、想像していた仕上がりとまた違っていると思います。それもまた開けてみなくてはわからない楽しみですね。ぎゅうぎゅうに詰めて植物がたくさん見せるデザイン、キャンドルに色を付けて植物をのぞかせるデザインなど、様々なアレンジを楽しんで作ってみてください。