デスク周りの整理がすぐにできる!スッキリ解消テク17選

引き出しの整理は効率アップの鍵

デスク周りの中で引き出しは収納でできる唯一のスペースです。収納できるということは不必要なものを隠せるということなので、普段使わない物などは引き出しに入れてデスクの上から除いておきましょう。

そして、引き出し内の限られたスペースを工夫して整理整頓すると、中の物がスッキリ見え、物が取りやすくなり作業がしやすく効率がアップします。

4.トレーで区切りをつける

引き出し用のトレーを使う整理はいい事ばかりです。引き出した時も見やすく探すことなくすぐに取り出す事ができます。

トレーは様々な形がありますが、文具などの入れる物の大きさや量にカスタマイズできるトレーなら文具が移動する事もないのでオススメです。

5.引き出しの簡単なアイデア

引き出しには色んな種類のタイプがあり、卓上用のコンパクトな物も便利に使う事ができます。透明でなければ中に入れた文具などが外から見えませんし、組み立ては自由なのでどんなスペースにもスッキリ収まります。引き出しの一部を取って使うと出し入れ簡単に整理する事も出来ます。

6.ボックスが引き出し代わり

バンガーズボックスは折り畳みも可能で重たい物にも優れている収納ボックスです。物を入れても蓋が付いていて中身も見えません。

重ねると引き出しの代わりにもなり、デスク周りの整理をしたい時にも役立ちます。また両側に取っ手の穴が開いてあるので、持ち運びも簡単にできボックス内がいっぱいになるとそのまま収納する事も出来ます。