【洋画新旧対決】究極の危機迫る!ディザスター・パニック映画まとめ9選

今年は2月27日から巨大タンカーの遭難事故の救助活動を描いた「ザ・ブリザード」が公開され、他にも「フィフス・ウェーブ」「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」など、自然災害をテーマにしたディザスター・パニック映画が次々公開されます!今回はディザスター・ムービーの始まりまで溯り、パニック映画が特撮技術の進歩にも一役買ってきたという流れも踏まえて、新旧の注目作をご紹介していきたいと思います。

①大空港(1970)Airport


アーサー・ヘイリーのベストセラー小説を忠実に映画化した空港パニック作品!

エアポートシリーズ4作品の第1作目で「パニック映画の元祖」と呼ばれる作品で、グランドホテル方式という、いわゆる群像劇のスタイルで描かれたパニック映画です。
監督はジョージ・シートン、主演はバート・ランカスターやディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ジョージ・ケネディといった当時のオールスターキャストが競演しています。

【天災と人災を知る→大雪・爆発物】

〈1〉雪に閉ざされた大空港
舞台は架空の大空港・リンカーン国際空港、メインの主人公は空港長メル・ベイカースフェルドです。
何年に一度という大雪に見舞われた空港で、大型旅客機の脱輪によるメイン滑走路の閉鎖が起き、そこに機長や整備士、地上・客室乗務員など空港で働く人々の、それぞれのドラマが絡んでいきます。

〈2〉機内に持ち込まれた爆発物
一方で、乗客たちの中にもドラマが!病と失業で人生を悲観した男・ゲレーロが自身に多額の旅行保険をかけ、機内に持ち込んだのはダイナマイトが入ったアタッシュケースでした。
爆発を阻止するために乗客乗員が奮闘しますが、爆発し機体に穴が開くという危機的状況に陥ります。

大きな施設や都市ほど、不慣れな大雪に見舞われると機能がマヒしがちです。また、大型旅客機のような大勢の人を乗せて空を飛ぶ“密室”では、爆発物持ち込みなどの人災が起これば、たちまちパニックになります!
46年も前の映画ですが、そういった天災や人災が大空港では起こりうることを予測・予言している先駆的作品と言えます。

「エアポート」シリーズの第2作目は「エアポート’75」で、「大空港」が人間ドラマに重点を置いたパニック映画だったのに対し、航空機事故に焦点を絞ったものになっています。


②ポセイドン・アドベンチャー(1972)The Poseidon Adventure


「パニック映画」というジャンルを確立させた記念すべき海洋パニック作品!

ポール・ギャリコの小説を原作とした、豪華客船が海難事故に巻き込まれるという海洋パニックをテーマとした作品で、70年代に次々と作られたパニック映画というジャンルを確立させ、特撮技術の向上にも貢献しました。
上下逆さまの船体セットや1135万リットルもの本物の水を使用するなど、CG技術のない時代に様々な工夫を凝らして撮影されました。
監督はロナルド・ニーム、主演はジーン・ハックマンで、製作のアーウィン・アレンはこの二年後、「タワーリング・インフェルノ」でこの作品で培った特撮技術を生かしています。

1 2 3 4 5 6 7