面白いB級ホラー映画おすすめ8選!ホラー映画を苦手と思い込んでいる貴方へ

有名ではないB級ホラー映画の中にも面白い映画がいっぱいあります。 怖い中にも感動があったり笑いがあったり、突っ込みたい場面もあったりするけれどそこを含めて愛すべきB級ホラー映画なのです。一度見ればハマるかも。今回はとってもおすすめしたいB級ホラー映画を8作品紹介します!もっと怖いホラー映画を見るなら『容赦のない恐怖!洋画の怖いホラー映画おすすめ9選!』をご覧ください!

『パニックマーケット3D』

b級ホラー 映画
www.amazon.co.jp

2012年、キンブル・レンドール監督作品。

【キャスト】
ゼイヴィア・サミュエル、フィービー・トンキン、シャーニ・ヴィンソン他

【あらすじ】
親友の妹のティナと恋人同士だったジョシュはライフセーバーをしていた。
その日も親友と2人で仕事をしていたが、ティナが来たのでショシュは海の見回りを親友に任せる。
その時、突然人喰い鮫が現れて親友は食い殺されてしまった。
ジョシュはその時の後悔とトラウマで立ち直れず、今はスーパーマーケットでバイトをしながら静かに暮らしていた。
12ヵ月後、当時恋人だったティナが偶然見せに現れた。彼女はアジア系の男性と仲良さげに歩いていた。
すると店に2人組の強盗が現れ、客を1人殺害した直後に店が揺れ始め、津波が見せ全体を飲み込んでしまった。
何とか生き残ったのは13人。水の中には人喰い鮫がおり、みんなは商品棚の上に避難した。
どうにかしてここから脱出する方法を考えるが、次々と犠牲者が出てなかなか実行できないでいた。
そして鮫の他にもう一つ重大な問題があった。生き残ったメンバーの中に強盗殺人犯が紛れ込んでいたのだ。

=======

3D映画ということですが、わたくしは映画館では見ませんでした。でも3Dじゃなくても十分楽しめます。
期待しないで見たら、面白かったです!
15歳未満は見るの禁止です。
それと、津波と災害後のシーンが出てくるので、震災のトラウマが残っている方は見るのを止めた方が良いかもしれません。
スーパーマーケットにいた、さまざまな境遇の人達が人喰い鮫と強盗殺人犯から逃げるのですが、死んで欲しいと思ったやつが次々死んでくれるので、気持ちが良いです。
ただ、ティナのアジア系の友人は可哀想でしたね。
またどうしてそんな変なことを考え付いてしまったんでしょうかというようなことを実行してしまうんです。いや、ティナとみんなのためと思ってやったことなので、責めるのはちょっと可哀想なんですけどね。
俳優人もみんなまぁまぁ可愛い女の子と男前が多かったですかね。

仕方なく強盗の片棒を担がされる男役、ジュリアン・マクマホンはたまに見る顔で、映画「ファンタスティックフォー」やテレビドラマで活躍しています。
映画は3Dということで、映画館ではきっと鮫とか死体とかいきなりブワッ!!とか出て来たのでしょうね。
製作総指揮のラッセル・マルケイは「ハイランダー」「バイオハザードⅢ」等の監督を務めていますが、わたくしがこの人の名前を知ったのは多分、B級ホラー映画のレイザーバックあたりでしたかね。
ホラーの中にアクションを取り入れるのが上手な人なんですね。
見終わってスッキリできる映画です。

『ドリル・マーダーズ/美少女猟奇殺人事件』

b級ホラー 映画
www.amazon.co.jp

1 2 3 4 5