早速実践したい!乱雑になってしまったクローゼットを整理する方法

クローゼットというのは気を抜くとついつい押し入れのようになってしまいます。気をつけていても何でも乱雑に入れていませか?収納方法さえきちんと押さえていればいつもきれいなクローゼットが保てます。やはり整理が必要なのです。

いつのまにかゴチャゴチャ?クローゼット

最初はきれいに整理できていたクローゼットがある日突然、整理できなくあってしまって収集がつかないという方、いませんか?部屋をキレイに保つためにクローゼットに服を収納するというよりも重ねて入れるだけにしているからなのです。

クローゼットの中を整理する



クローゼット中をキレイに整理するためにはまず整理することから始めてください。手っ取り早い方法はまずは断捨離です。要らない服、もう着ない服を思い切って決めてください。ある服をキレイに並び変えることが整理ではありません。
不要なものを捨てるということから始めます。

何故散らかる?クローゼット


服が増えてしまったとき

服が増えた時にはまずは減らす必要があります。増える一方のクローゼットは当然混み合ってきます。これでは絶対にクローゼットは片付かないのです。

購入する服を限定する

同じようなテイストの洋服を購入することが多くないですか?クローゼットの整理を考える時にはまず服を増やし過ぎないようにすることもコツなのです。

クローゼットを区切る


クローゼットを一面に考えずに何をどんなふうに収納するのかということを考えます。長いコート・短いコート、小物、アウター、ボトム、スカートというパーツに洋服類を分類して収納しておくとすっきりとします。

クローゼットの奥に追いやられた服を全部出す


整理整頓のコツはとにかく中身を全て出してしまいましょう。断捨離ついでに仕分けをする勢いも必要です。

クローゼットの仕分け方法

すでに1年近くも着ていない服が何着も収納されていませんか?また似合わない、などという理由でほとんど着ていない服もクローゼットから追い出してしまいましょう。この勇気も大事です。

クローゼットの収納枚数の上限


シャツからコートまで数えて100枚までがクローゼットで収納できる上限です。

ブティックの収納をイメージして

まずは吊るすものをクローゼットに戻していきます。短いジャケット類とワンピース類、そしてロングコート類をキレイに収納します。その時に色を大体揃えておきます。高さも揃えて、たたみ方も同じ大きさに大体揃えます。

ハンガーを一新するという技

1 2