お花見の季節♪目黒川の美しい桜を存分に楽しむ方法を紹介!

今回は美しい桜を楽しめるお花見の名所「目黒川」の紹介をします。 以前、中目黒の近くに10年ほど住んでいたのですが、毎年目黒川のお花見が恒例行事でした。 昼も夜も楽しめ、そしてオシャレ!また、東急東横線の電車の窓から見える桜も毎年の楽しみでした。 そんな目黒川の花見の魅力や楽しみ方、穴場スポットまで紹介しちゃいます!もちろん見頃やアクセス方法も合わせて紹介しているのでぜひ参考にしてください。

目黒川の花見って?

11bdd583-925a-4af4-b152-743841290160
openers.jp

目黒川は花見の名所であり、全国1位、東京1位と、ダントツの人気を誇っています。

目黒川は世田谷区から目黒区、そして品川区を通り東京湾へと流れています。世田谷区の池尻大橋から、品川区の亀の甲橋までの約4㎞ほどの桜並木には、約800本ものソメイヨシノが植えられています。

中でも東急東横線・東京メトロ日比谷線 中目黒駅周辺は、駅を出たらすぐに目黒川という立地に加え、個性的なショップやカフェ・レストランなどが多く立ち並んでいて、ショッピングを楽しんだり、カフェやレストランから桜を眺めることもできるのが魅力です。

2016年の見頃予想とアクセス

10b4a423-3f00-4a29-93a1-02766c6b7c94
sp.jorudan.co.jp

目黒川の桜の見頃

見頃は3月下旬から4月上旬です。
今年は気温の変化が激しく、今後の気温によっては少し早まるかも知れません。

目黒川のお花見スポットへのアクセス方法

目黒川の花見は約4㎞にわたっていますのでエリアごとにアクセスをご紹介します。

◆上流
東急田園都市線 池尻大橋駅から徒歩約2分

1 2 3 4 5 6 7 8