4e977349-05b8-429d-9d2a-6b81843eaa97

ゾンビ映画好き必見!絶対に観ておきたいゾンビ映画おすすめ8選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゾンビ映画と言えば誰もが知っていて避けることができない名作があります。そしてもう有名どころは知っているから何か変わったものを紹介して欲しい!そんなあなたにもきっと満足していただけるゾンビ映画をご紹介したいと思います。 食わず嫌いせずに何でも一度食べて見ることをおすすめします。

『ゾンビコップ』

4e977349-05b8-429d-9d2a-6b81843eaa97
www.amazon.co.jp

1988年、マーク・ゴールドブラット監督作品。

【キャスト】
トリート・ウィリアムズ、ジョー・ピスコポ、クレア・カークコンネル他

【あらすじ】
宝石強盗の通報を受けてロジャーとダグの2人は現場へ駆けつける。
銃撃戦となり、2人組の犯人は何故かいくら撃たれても死ななかったがロジャーが車で犯人に突撃して解決した。犯人の遺体を調べてみると既に解剖された跡があり、元々死人だったことがわかった。
謎を解明するためにロジャーとダグがダンテ製薬という会社を調査している最中に、実験台に横たわる怪物を発見する。ここでは恐ろしい生体実験が行われていたのだ。
怪物と2人が死闘を繰り広げていたが、ロジャーは何者かに減圧室に閉じ込められてしまい命を落としてしまう。
しかし先ほど怪物が寝ていた実験台は死者を蘇らせることのできる装置だったために、検死官のレベッカが操作をしてロジャーは生き返る事ができた。
だが、ロジャーの体は持っても12時間。それ以上は細胞が溶けてしまうということでタイムリミットまでに首謀者を見つけなくてはならない。徐々に体が劣化していくロジャー。タイムリミットまでに犯人は見つかるのか。

=======

軽いノリの問題児コンビのありがちな組み合わせですが、そこが安心して見られるところでもあります。
わたくしとしては、普通のロジャーよりもゾンビになりかけのロジャーの方が魅力的に映ります。ちょっと熟した方が美味しいとか、そういう感じでしょうか。
ロジャー役のトリートは有名な俳優さんで、たくさんの大作にも出ている気がしたのですが調べてみると意外と知られていない作品に多く出ているみたいです。
ダグ役のジョー・ピスコポはアメリカのコメディアンだそうですが残念ながら全く情報がありませんでした。なので、人のサイトをチョコッと覗き見したところ、ボディービルダーとしてもチョコッと活躍していたとかいないとか。確かにイイ体していましたからね。
ロジャーは、撃たれたり車で事故ったりして体の劣化が激しくなっていくわけですが、車で事故った後に死体と間違われて(いや、間違えではないですけれど)ボディバッグに入れられますが、袋の中からファスナーをジーッと開けて出てくるところはかっこいいです。顔半分が焼け爛れて髪は逆立っていますが、こちらのロジャーの方がワイルドで素敵だったりします。
途中、意外な人達が死んじゃってびっくりします。
そしてラストの方で往年のホラー俳優のヴィンセント・プライスが登場し、重要な役ではありませんでしたが、彼をこんなところで見られるとは思わなかったので嬉しかったです。
彼のセリフに「貧乏人は死ぬ。だが私達金持ちは死ぬことはない」 と言うのがありましたが、どこぞの政治家が思っていそうなことだなと思いました。
ちょっと泣きの部分もありましたが、殆ど笑って楽しく見られるゾンビ映画なのでポップコーンを頬張りながらご覧になって下さい。

『デモンズ』

c569b33c-14c2-4be6-9264-2c2548816377
www.amazon.co.jp

1 2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします