ドキドキがたまらない!おすすめの名作洋画サスペンス映画8選

サスペンス映画は、いつの時代もドキドキハラハラさせてくれます。 主人公と一緒になって怖がったり、犯人探しを楽しんだり。 今回はわたくしが独断と偏見でサスペンス映画の名作と思っている作品を選んでみました。

『ミュートウィットネス』

16d76e0f-43fc-4f1f-8be6-2fbfaca984bb
www.amazon.co.jp

1996年、アンソニー・ウォラー監督作品。

【キャスト】
マリナ・スディナ、フェイ・リプリー、オレグ・ヤンコフスキー他

【あらすじ】
ビリーは映画の特殊効果やメイクアップ・アーティストを仕事にしていて、姉の彼氏のアンディが監督を務めるB級映画の撮影のためにモスクワに来ていた。
耳は聞こえるが口が利けないビリーは、周りの人と手話やメモ、表情などでコミュニケーションを取っていた。
撮影後、忘れ物に気付いたビリーは姉達と別れて撮影所の中に戻った。しかし撮影所の管理人がそれに気付かずに鍵を閉めて帰ってしまい、ビリーは閉じ込められてしまった。
出口を探していると、本物の殺人をフィルムに収める“スナッフ映画”の撮影現場に出くわしてしまい、ビリーは逃げる。
犯人に捕まる寸手のところで姉のカレンが駆けつけて事なきを得、警察を呼ぶが、犯人があれはフィルムテストの撮影だったと主張し、証拠も見つからなかったのでビリーの言うことは警察には信じてもらえなかった。
その後、“スナッフ映画”のことを調べているという刑事のラーセンに会い、ビリーの協力が必要だと言われたが、彼は犯罪組織のボス「死神」と内通していた。果たしてラーセンを信じて良いのか。ビリーは彼に協力するのか。

1 2 3 4