実在の人物を描いた伝記的音楽映画おすすめ15選♪ロックからクラシックまで♪

実在のアーティストを描く時に一番の壁となるのがキャスティング!まるでそのアーティストの魂が入り込んだような見事な演技で、度肝を抜くパフォーマンスを魅せてきた数々の珠玉の音楽映画を、その人物が活躍した年代順に並べてご紹介します!

①アマデウス(1984)

ウィーンで夭折した天才音楽家ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの謎に包まれた一生を、ライバルであり、理解者だった宮廷音楽家サリエリの視点から描くサスペンス要素もある伝記映画です。

51KBbQo5I5L
http://www.amazon.co.jp/dp/B003GQSYIA?tag=iremono05-22

ミロス・フォアマン監督によるブロードウェイ舞台の映画化作品で、監督・主演男優などアカデミー賞八部門受賞し、プラハロケやオペラのハイライトなど舞台では表現できないシーンが追加されています。

ヴォルフガング・“アマデウス”・モーツァルト―このミドルネームの意味は“神に愛されし者”という意味です。
サリエリの告白から始まるこの物語は、“凡人”サリエリの“天才”モーツァルトへの嫉妬からサスペンスのような展開を迎えますが、最終的には嫉妬が羨望と畏怖の念に変わっていきます。天才に出会ってしまったことの幸福と苦悩の描き方が素晴らしい!

モーツァルト役のトム・ハリスはピアノを猛特訓し、多くの場面で自ら演奏していて、オペラシーンは圧巻です!劇中の曲で個人的に好きなものは『魔笛』の「夜の女王のアリア」で、コロラトゥーラ・ソプラノと言われる超高音域の難曲。
モーツァルトが作曲した時の発想が、映画では彼が義理の母にギャンギャン叱られる場面で思いついたというのが面白いです。

51bRcRcvNkL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00005GY2L?tag=iremono05-22

②グレン・ミラー物語(1954)

アメリカで1920年代にスイング・ジャズを確立した伝説のミュージシャン、グレン・ミラーの生涯を、彼の楽団との絆、妻との愛を織り交ぜて描いています。

51Cj+8+8njL
http://www.amazon.co.jp/dp/B006QJSPUQ?tag=iremono05-22

グレン・ミラーは彼の楽団グレン・ミラー・オーケストラのバンド・リーダーでありトロンボーン奏者でもありました。カウント・ベイシー、ベニー・グッドマン、デューク・エリントンと共にスウィング・ジャズ、ビッグ・バンド時代の代表的存在です。

第二次世界大戦により入隊したグレン・ミラーは、慰問楽団を率いて各地を演奏して回りましたが、1944年12月、乗っていた専用機がイギリス海峡上で消息を絶ち、彼の生死は不明とされています。

サントラには「ムーンライト・セレナーデ」「茶色の小瓶」「イン・ザ・ムード」など今でもよく耳にする名曲が収録されていて、「ムーンライト・セレナーデ」は楽団のテーマ曲でもあり、日本映画『スウィングガールズ』(2004)でも演奏されていて特に印象に残っています。

また、サントラにはルイ・アームストロングの楽曲も二曲収録され、映画にも特別出演しています。
当時のジャズ・シーンを知る手がかりとなる同時期の作品に、ベニー・グッドマンの伝記映画『ベニー・グッドマン物語』(1955)やダニー・ケイ演じるレッド・ニコルズの伝記映画『5つの銅貨』(1959)もあります。

41WKX640KQL
http://www.amazon.co.jp/dp/B000063KZJ?tag=iremono05-22

③サウンド・オブ・ミュージック(1965)

1 2 3 4 5 6 7 8