☆ガーデニング初心者でも大丈夫!育てやすい夏の花☆

花を見ると癒されますよね☆ お世話をしながら成長過程を目にし、花が咲いた時の嬉しさはひとしおです。 お子さんと一緒に育てるのもよいですね! 今回は初心者でも育てやすい夏の花を紹介します!

☆日日草☆

日日草(ニチニチソウ)は、夏から秋にかけて、花壇や鉢植えで楽しむ草花です。
本来は毎年花を咲かせる多年草ですが、日本では霜の降りる頃に寒さで枯れることが多いので、一年草として扱います。
日当たりのより場所で育てます。
<花が咲いた後の処理>
咲き終わった花はポロポロと落ちます。
そのままほおって置くと、梅雨時期など湿気の高い時期はかびが生えて新芽や葉っぱを傷めてしまいますので、咲き終わった花はこまめに拾いましょう。
<切り戻し>
茎が伸びすぎて全体の草姿が乱れたら、適当な位置で短く切り戻します。
切ったすぐ下の葉のワキから新しい芽が出てきて、気温が高ければまた花を咲かせます。
<水やりや肥料>
乾燥に非常に強く、じめじめした場所をいやがります。水やりは土の表面が乾いてから与えます。
花がどんどん咲いてくるので、生育中は肥料は切らさないようにします。苗の時期は一週間に1回液体肥料を与えます。

☆我が家の日日草☆

育てやすく、とても可愛らしい花なので、我が家の花壇でも毎年植えています☆

☆千日紅☆

千日紅(センチニコウ)は、茎がよく枝分かれして茂り、球状の花を咲かせまます。
花期は夏から秋で、花色は紫紅、白、ピンク、オレンジなどがあります。
ドライフラワーとしても楽しめます☆
<日当たり・場所>
日当たりのよい場所が適しています。日照不足になると花付きが悪くなります。
<水やりや肥料>
やや乾燥気味を好むので、水のやり過ぎに注意しましょう。鉢、プランターは、土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えます。元気に育っている場合は、特に追加で肥料を与える必要はありません。
葉色がやや薄い場合などは薄めた液体肥料を与えますが、肥料が多いと花付きが悪くなるのでやり過ぎないようにします。

☆我が家の千日紅☆

今年は鉢植えで育てています。
ポンポンと咲く姿がとても可愛らしくて、好きな花です。
手もかからず、初心者にもおすすめですよ☆

☆ペンタス☆

1 2