【エリア別】お花見におすすめ!福岡の絶対行きたい桜の名所10選

3月下旬、桜の季節が近づいてくると、なんだかソワソワしてくる人が多いのではないでしょうか。日本人が大好きな桜の名所は全国に数多くありますが、今回は開花の早い福岡県に的を絞り、おすすめの桜の名所やお花見情報をまとめてみました。あちこちに点在する桜の名所を確認していただけるよう、エリア別に分けておりますので、お近くに行かれた際などは是非立ち寄って見て下さいね。

■ 福岡エリア

1. 桜の名所100選の実力!西公園


地下鉄大濠公園駅から歩いて15分の場所にあり、展望台からは博多湾、志賀島まで見ることが出来ます。春には3000本桜の木が一斉に咲き始め、日本さくらの名所100選に選ばれた桜を見に、多くの人でにぎわいます。
桜と露店が並ぶ土日は特に人が多いので、ゆっくりと桜を楽しみたい方は出来るだけ平日の方が良いかもしれません。


お花見の際は、同公園内にある「光雲神社」を参拝されてはいかがでしょうか。西公園から石段を登ると光雲神社の大鳥居が見えてきます。NHKの大河ドラマでも有名になった黒田官兵衛ゆかりの神社として、今人気のスポットです。
珍しい「後ろ向きの狛犬」がいたり、「鶴の鳴声」と言って、お賽銭を入れると、天井の鶴が鳴くそうで、その様から幸運の神社とも言われています。
境内にも桜が植えられているので、西公園の桜と合わせて楽しめますよ!

西公園の情報

住  所:福岡県福岡市中央区西公園
電  話:092-741-2004(大濠・西公園管理事務所)
営業時間:9:00〜22:00 駐車場利用時間(※東駐車場は10:00~20:00)
定 休 日 :無休
料  金:駐車場料金のみ
桜の見頃:3月下旬~4月上旬

http://www.ohorikouen.jp/nishikouen/index.html

2. 時代の流れも一緒に楽しもう!舞鶴公園(福岡城跡)


大濠公園、西公園と隣接する舞鶴公園は、福岡城跡ということもあり、多聞櫓などの歴的的文化財も多く残っている公園です。また、平安時代の交易の拠点だった「鴻臚館」の跡が展示館となって残っているなど、歴史的にも貴重な場所です。
桜の季節には、園内約1000本のソメイヨシノや枝垂桜、御鷹屋敷跡ではウスズミ桜が咲き乱れます。
公園内はもちろんですが、御濠沿いの桜並木も特に人気のスポットです。

例年、3月下旬から4月上旬にかけて「桜まつり」が開催されます。約30万人の人が訪れるこの祭りでは、お城跡と桜のライトアップも行われ、幻想的な風景を鑑賞することが出来ます。
桜の種類も19種ありますので、じっくりと眺めながら、花びらや色の違いを楽しむのも良いかもしれませんね。

舞鶴公園の情報

住  所:福岡県福岡市中央区城内1
電  話:092-781-2153(舞鶴公園管理事務所)
営業時間:終日開放 18:00~22:00(ライトアップ)
店 休 日 :無休
料  金:無料 桜まつり期間は一部有料あり
桜の見頃:3月下旬~4月上旬

1 2 3 4 5