サスペンス映画13選!衝撃のラストから目が離せない!

時代を超えて観られている名作3選

映画でも魅力的なのは最新の作品だけではありません。映像の質やCGなどは最新作には叶いませんが、その分ストーリーや演技が光る、長きに渡って愛されている名作のサスペンス作品をご紹介します。

1.可愛い鳥たちが描く気味の悪い怖さ「鳥」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】
たくさんの可愛らしい鳥が、ある日突然、街に住む人々を襲う。なぜ鳥たちが人間を襲うのか、わからないまま被害が拡大する不安さを残したエンディング。人間は所詮、自然には抗えないものなのか…。

可愛らしいイメージのあった小鳥が、いつの間にか恐怖に変わっている。穏やかに始まるこの作品ですが、話が進んでいくにつれてじわじわと恐怖が湧き上がってきます。1963年の作品ですが、世代を超えて楽しまれています。

「鳥」の詳細はこちら

2.淡々と進んでゆくミステリー「ユージュアル・サスペクツ」

 

出典:Paramount Japan

【あらすじ】
コカインの取引現場を何者かが襲撃し、密輸船が爆破して大量のコカインと9100万ドルが消えた。警察は唯一の生存者キント(ケヴィン・スペイシー)の尋問を始める。キントは、事件の黒幕は誰も顔を知らない大物ギャング、ソゼだと語り、彼がキートン(ガブリエル・バーン)ら5人のワルを集めて襲撃させたというが…。

1995年に公開された作品で、20年以上に渡り映画好きの間で観られ続けている作品です。過激なグロテスク描写も少ないので、純粋にサスペンスが楽しみたい!という方にもおすすめです。個性派俳優の演技が光ります。

「ユージュアル・サスペクツ」の詳細はこちら

3.感情と感覚を揺さぶられる「シックス・センス」

出典:PONY CANYON INC.

【あらすじ】
小児精神科医マルコム・クロウは、診ていた患者から撃たれてリハビリ生活を送ることに。そして復帰した彼が最初に診ることになった患者は、8歳のコール少年。彼には「第6感」、つまり死者を見る能力があった。

M・ナイト・シャマラン監督の本格デビュー作にして、歴史的なヒット作です。色々な形の愛、傷ついた心を持つ人々、少年の身の回りで起こる不思議な出来事に最後まで目が離せません。

「シックス・センス」の詳細はこちら