サスペンス映画13選!衝撃のラストから目が離せない!

迫り来る恐怖!サイコパスの傑作レクター3部作

互いの心理を探り合う頭脳戦。ゾクゾクと背筋が凍ってしまうような静かな恐怖もまた非日常的で面白いですよね。どのような結末が訪れるのか最後までわからない、スリルな描写が人気の作品をご紹介します。

1.サイコパス映画の傑作「羊たちの沈黙」

出典:20th CENTURY FOX

【あらすじ】
女性を誘拐し、皮を剥いで殺害する連続殺人事件の捜査を任命されたFBI訓練生のクラリス。彼女に与えられた任務は9人の患者を惨殺して食べた獄中の天才精神科医レクター博士に協力を求め、心理的な面から犯人に迫ることだった。レクター博士は捜査に協力する代償に、彼女自身の過去を語らせる。息詰まる心理戦の果てに導き出された答えとは──?

1991年アカデミー賞で主要5部門を受賞し、最初の公開から30年程たった今でも傑作として観られ続けている作品です。サイコパスのショッキングなシーンもあり、一度観ると目に焼きつくような作品です。

「羊たちの沈黙」の詳細はこちら

2.羊たちの沈黙の続編「ハンニバル」

出典:NBCUniversal Entertainment Japan

【あらすじ】
『羊たちの沈黙』から10年…。「クラリス、今も羊たちの悲鳴は聞こえるか…?」。“人喰い”ハンニバル・レクターが帰ってきた。バッファロー・ビル事件から10年。FBI特別捜査官・クラリスの下にレクター博士から1通の手紙が届く。

世界中に社会現象さえも巻き起こした、至高のサイコ・ホラー。再び姿を現した殺人鬼・ハンニバル・レクター博士の迫りくる恐怖にあなたは耐えられますか?

「ハンニバル」の詳細はこちら

3.封印されていた衝撃のプロローグ「レッド・ドラゴン」

出典:NBCUniversal Entertainment Japan

【あらすじ】
天才精神科医、レクター博士が、連続猟奇殺人犯であることを見抜き、重症を負いながらも彼を逮捕したFBI捜査官グレアム。しかし、精魂尽き果てた彼はFBIを辞職、妻子ともに隠遁生活を送っていた。そんなある日、元上司のクロフォードが突然現れ、満月の夜に2つの家族を惨殺した殺人鬼咬み付き魔の捜査を依頼するが……。

演技派の俳優揃いで、音響ではなく演技で背筋が凍るような作品。元敏腕捜査官が織りなすサスペンスは終止張りつめた緊張感が続き、最後まで観ている人を飽きさせません。

「レッド・ドラゴン」の詳細はこちら

退屈な夜はサスペンスでちょっぴり刺激を

毎日退屈だなと思っている方、ちょっぴり刺激が欲しいなという方におすすめのサスペンス映画。ちょっと恐怖でホラー要素も混ざっていますが、衝撃のラストにハマること間違いありません。一人で、恋人と、ご家族と、友人と。次のお休みはぜひ、気になった作品に触れてみてくださいね。

1 2 3 4