d766eb8d-3775-4e49-a5f0-f65bafe929de

車好きにはたまらない! 名作カーアクション映画13選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔ならではのカーチェイスからCG使用のカーアクション!時代によって違いはあっても、車好きにはどれもこれも思い出深い名作の数々―そんな心躍る名シーン満載のカーアクション映画を、登場する車の車種とその見どころを主にまとめてみました!

1)ワイルド・スピード シリーズ1~7(2001~2015)

2013年に自動車事故で死去したポール・ウォーカー主演のこのシリーズを、遺作となった「スカイミッション」までに登場する主要車種を紹介します!

d766eb8d-3775-4e49-a5f0-f65bafe929de
www.amazon.co.jp

①ワイルド・スピード(2001)

ロサンゼルスが舞台のカーアクション映画としてシリーズ一作目はスタートしました。主人公の凄腕ストリート・レーサーのドミニクと、のちに相棒となる潜入捜査官ブライアンが出会い、友情が芽生えていく物語です。ドミニクの恋人レティとブライアンの恋人となるドミニクの妹ミアも一作目から登場しています。

【主要な登場車種】
ドラッグレースが題材のため、スポーツコンパクトの日本車が多数登場しています!

★1994年式トヨタ・スープラ(オレンジメタリック)★
スクラップ同然だったものを修理を重ねて甦らせたブライアンのセカンドカーで、ドミニクへの友情の証として譲っています。

★1993年式マツダ・RX-7(レッド)★
ドミニクの車で、序盤に登場しています。

★1995年式三菱・エクリプス(ネオングリーン)★
ブライアンの車で、潜入捜査のため使用したものです。敵役のジョニー・トランの銃撃により爆発してしまいます。

②ワイルド・スピード×2(2003)

シリーズ二作目は舞台をマイアミに移し、前作で警察に追われることになったブライアンを中心にしたストーリーが展開します。マイアミでストリートレースのカリスマになっていたブライアンが、再び潜入捜査をする羽目になります。今作の相棒はブライアンの幼馴染みのローマンです。

【主要な登場車種】
前作同様レースに日本車登場!その他アメリカ車、欧州車も登場します。エキストラ的登場シーンを含めるとかなりの数の車が登場しています。

★三菱ランサーエボリューションⅦ(ライムゴールド)★
ブライアンの搭乗車。

★三菱エクリプス・スパイダー(パープル)★
ローマンの搭乗車で、ランエボⅦと一緒に警察に追われ暴走します。

★三菱スカイラインGT-R(シルバー)★
ブライアンが最初の賭けレースで搭乗し、橋からジャンプしたり、警察に機能を停止されたりします。

③ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT(2006)

シリーズ三作目は東京が舞台で、ストリートレース、スポーツコンパクト、ドリフト走行という前作からのテーマを踏襲し、さらに改造車も多数登場します!主人公はアリゾナから東京に転校してきた高校生ショーンで、ブライアンは登場せず、ドミニクもカメオ出演のみです。

【主要な改造車】
★1994年式マツダFD3S RX-7-VeilSide Fortune Model(オレンジ/ピアノブラック)★
ドミニクの仲間ハンの愛車で、改造マニアの車という設定です。カーチェイスで真横からメルセデス・ベンツSクラスにぶつけられ横転します。その事故により大爆発を起こしハンは死んでしまいます。この経緯はシリーズ六作目に再び登場します。

★2005年式三菱CT9A ランサーエボリューションⅧ(赤/黒)★
ハンがショーンに与えた車で、カーチェイスの時リアをぶつけられ、路駐の車に突っ込んでしまいます。

④ワイルド・スピードMAX(2009)

シリーズ四作目で一作目のコンビ、ドミニクとブライアンが復活します。登場車種は日本車とアメリカ車が主で、ドミニクの恋人レティの葬式にも登場しています。ラストのストリートレースで何台もの日本車やアメリカ車が大破したり、ドミニクによって爆破されています。

⑤ワイルド・スピードMEGA MAX(2011)

シリーズ五作目の舞台はブラジルです。前作で国際指名手配犯になってしまったドミニクとブライアンは、リオデジャネイロで車の窃盗の仕事をすることになりますが失敗します。ドミニクが今まで出会ってきた仲間を集めて現金強奪するくだりがクライマックスです。

【主要な登場車種】
今作ではメインにアメリカ車が多数登場!カーレースではないアクションシーンで使用されています。

★2010年式クライスラーダッジ・チャージャーSRT8(黒)★
警察署にある金庫を持ち出すためドミニクとブライアンが二台で引っ張り出し、ドミニクが運転する方は後で突っ込んで潰れてしまいます。

★2011年式クライスラーダッジ・ポリスチャージャー★
ドミニク、ブライアン、ローマン、ハンの四人が警察署から盗み出し、ドラッグレースをするシーンで使われています。

⑥ワイルド・スピード EURO MISSION(2013)

シリーズ六作目の舞台はイギリスで、ドミニクたちは再び仲間を集めて、元恋人レティの生存を確かめにロンドンへ向かいます。前作で協力関係になったFBI捜査官ホブスの依頼で、国際的犯罪組織を壊滅することに協力することになります。

【主要な登場車種】
今作では欧州車・アメリカ車をメインにロンドンのストリートレースに登場します。日本車もレースに登場!三作目で登場したハンの改造車マツダRX-7も再登場しています

⑦ワイルド・スピードSKY MISSION(2015)

シリーズ最新作では、前作壊滅した犯罪組織を率いていたオーウェン・ショウの兄デッカードからの挑発を受け、再度仲間を集めます。東京~ロス~アブダビが舞台で、車が空を飛ぶシーンが圧巻です!今作では敵役デッカードにジェイソン・ステイサムが登場しています。

【注目の登場車種】
今作は実際に車がスカイダイビング!スカイダイブトレーラーがオフィシャルHPで視聴できます!これらスカイダイブ用の車は空へ飛行機から直接飛び出し地面に着地するため、オフロード用にタフに改造されています。

★ライカンハイパースポーツ★
作中で高層ビルからビルへ飛び移る車が、このライカンハイパースポーツです。世界で七台しか生産されていない「世界一高価な車」だそうです!

★ダッジ・チャージャーと日産GT-R★
ドミニクの愛車とブライアンの愛車で、今作でも登場しています!

そして今作のクランクアップ前にブライアン役のポール・ウォーカーが自動車事故で死去しました。
一部のシーンではポールの弟二人が代役を務めています。また、ポールの死を受け、ドミニク役のヴィン・ディーゼルは、シリーズ八作目はポールが望んでいたと、続編を2017年公開を目指して製作すると発表しています。

2)トランスポーター シリーズ1~4(2002~2015)

ジェイソン・ステイサム主演、リュック・ベッソン製作・脚本のカーアクション映画です。ステイサム演じるフランク・マーティンは何でも運ぶトランスポーター(運び屋)で、三つのルールを自分に課して仕事を行う冷静沈着な男です!

1e462434-7465-4daf-bef4-6692379602c0
www.amazon.co.jp

2014年にはこのシリーズのリブートが発表され、新三部作は若きフランクを描くものになります。主演はエド・スクレインで、2015年6月公開の『トランスポーター4 The Transporter Refueled』ではアウディS8に乗っています!

【1~4の登場車種】

★BMW 735i(ブラック)E38★
シリーズ一作目のみ登場します。大人の事情から?か二作目からアウディに変更されています。

★Audi A8 6.0W12★
二作目からアウディシリーズに!六歳の子供を運ぶ依頼が超危険な仕事になってしまいます。

★Audi A8 4.2quattro★
三作目『アンリミテッド』に登場します。愛車から20m離れると爆発する罠を手首に仕掛けられてしまうというストーリーです。

★Audi S8★
リブートシリーズ一作目に登場します。オフィシャル・トレーラーも公開しています!

3)TAXi(1998~2007)

フランス・マルセイユを舞台に、スピード狂のタクシー運転手が改造プジョー406で時速200キロでぶっちぎるカーアクション映画です。『トランスポーター』同様リュック・ベッソンの製作・脚本です。

6cbfa223-b79e-4f67-a925-459c699dde90
www.amazon.co.jp

ピザ宅配員から念願のタクシー・ドライバーになったダニエルが、マルセイユ警察のドジな警察官エミリアンと繰り広げるバディ・コメディ映画です。シリーズ1~4の間に二人が結婚したり子供が生まれたり育ったりもしています。

【1~4の登場車種】

メインの登場車は、主人公ダニエルの改造プジョー406です。個人タクシーで改造しまくり!乗せた客はみんな最後には吐くという乱暴超高速運転です。

★プジョー406⇒プジョー407★
ダニエルの愛車で、超スピード仕様に改造した、みかけは普通のタクシーです。車内のスイッチであっという間に変形。二作目では後期モデルへチェンジしています。なんと両側から主翼が飛び出します。時速は300キロ超!三作目ではさらに加速し、時速300キロのフランスの世界最高列車TGVを追い抜いたり、三菱ランエボⅦをぶっちぎったりしています。ついに四作目ではベースをプジョー407にモデルチェンジ!最高速度は312.8キロ!

★メルセデス・ベンツ500E★
エミリアンが追うドイツの強盗団「メルセデス」が犯行に使用されています。警察を騙すために犯行時は赤く塗り、普段は銀色にしていました。ダニエルに挑発され、中盤・終盤とレースしますが完敗します。最後は自分の愛車なのに八つ当たりしています。

★三菱ランサーエボリューションⅥ★
日本で調達して船で直接持ち込んだという千葉ナンバーの車両で、二作目で日本のヤクザ集団の車として登場しています。

★メルセデス・ベンツEクラス★
二作目のマルセイユ警察の模擬戦闘シーンで登場します。

★プジョー605★
マルセイユ警察が開発した要人送迎用の特殊車両で、二作目で登場するが間抜けな警察署長ジベールが開発にかかわったせいで、間抜けた機能が数々あります。

★三菱ランサーエボリューションⅦ★
国際憲兵隊の高速道路警備隊仕様の車両として、三作目で登場しています。実はダニエルに対する秘密兵器のフルカスタム!

4)ミニミニ大作戦(1969)

イギリスを代表する小型車ミニとイタリア車がトリノの街でカーチェイスする名シーン満載のイギリス・カーアクション映画です。2003年にロス・ヴェネツィアを舞台にしたアメリカ・リメイク版も製作されています。

9307a49a-6228-4b0f-ac06-c8480519f4cd
www.amazon.co.jp

ロンドンの刑務所を出所したチャーリーに、ボスのブリッジャーから金塊強奪の指示がくだり、泥棒仲間とともにイタリア・トリノへ向かいます!イタリア車VSイギリス車、イタリアン・マフィア&警察VSイギリス泥棒グループの戦いを描いています。

【主な登場車種】

まるで車を通しての英VS伊の戦いのような本作の原題『The Italian Job』には、イタリア人の仕事は後手後手だという風刺も込められています。ところがなんとイタリア側の全面協力によりトリノ市街のカーチェイスが実現しています!太っ腹!

《イギリス車軍団》
★ミニMK-I(ミニクーパー)★
イギリスを象徴するカラーの白・赤・青の三台がトリノ入りし、街中を、たとえアーケード街であろうと駆け巡ります!強奪した金塊はこの三台のミニで運んでいます。

★アストン・マーチンDB4(シルバー)★
長年倉庫で眠っていたチャーリーの愛車ですが、せっかく引き取ったアストン・マーチンも敵のマフィアに潰され崖から突き落とされてしまいます…。

★ジャガーEタイプ★
アストン・マーチンと共にイタリアへ持ち込んだ赤と青のジャガーも、パワーショベルで潰されてしまいます!

《イタリア車軍団》
★ランボルギーニ・ミウラ(レッド)★
冒頭でイタリア山中を走るランボルギーニは、トンネルに入って爆発炎上の上、崖から転がり落ちてしまいます。

★フィアット500★
イタリアでは二代目フィアット500が街中にあふれています。イギリス泥棒グループが強奪しようと狙う金塊はフィアット社のものです。

★アルファロメオ・ジュリアTi★
トリノ警察のパトカーとして登場し、ミニと街中でカーチェイスを展開しています。またDVDの特典映像には、ミニ三台とパトカー三台がリンクでワルツを踊るシーンも入っています。

5)60セカンズ(2000)

1974年の『バニシングin 60″』のリメイク版として製作された、ニコラス・ケイジ主演の超高級車窃盗のエキスパートたちを描いたクライム・アクション映画です。

6dc9af0b-2010-44e7-8065-59bb3648c61f
www.amazon.co.jp

60秒で一台の超高級車を盗めるという伝説の窃盗エキスパートだったメンフィスは、弟の危機を救うため、二度と窃盗はしないという母親との約束を破り、再び仲間を集め大仕事に取り掛かります。それは、24時間以内に50台もの超高級車を盗めというもの!50台すべてに女性の名前をコードネームとしてつけるディティールや終盤の大ジャンプアクションなど、いまだ車好きを引き寄せる要素満載のカーアクション映画です。

【主要車両と50台の超高級車】

主人公メンフィスの恋人スウェイをアンジェリーナ・ジョリーが演じていますが、50台の車の中に、アンジェリーナというコードネームを付けたものも登場します!

★1999年式フェラーリ550マラネロ★「アンジェリーナ」
★1967年式シェルビー・マスタングGT500★「エレノア」
メンフィスが今まで唯一盗むことができなかった因縁のある車で、最後の50台目に盗むが、やはりジンクスは健在で…エレノアで駆け抜ける伝説のハイジャンプなどカーアクションで大活躍!メンフィスは最終的にエレノアを落とすことができるのでしょうか…?
そして50台のなかでも、1950年代のクラシックカーは目を引く美しさです!

★キャデラック・エルドラド(1959)「メイドリアン」
★フォード・サンダーバード(1956)「スーザン」
★シボレー・ベルエア(1957)「ステファニー」
★シボレー・コルベット(1953)「パメラ」
★メルセデス・ベンツ300SL(1957)「ドロシー」
★マーキュリー・カスタム(1950)「ガブリエラ」

6)キャノンボール(1981)

アメリカと香港の合同製作で、北アメリカ大陸横断5000キロをいかに速く駆け抜けるか―というイベント“キャノンボール”を描くエンターテイメント・カーレース映画です。1984年には『キャノンボール2』も公開しました。

e9e1e58f-769e-4d93-8f8c-c057289635cf
www.amazon.co.jp

コネチカット州からカリフォルニア州までの道のりで、搭乗コンビ同士のやり取りや警察の取り締まりをどう突破するかという作戦が見どころです。一作目と二作目のオープニングはテーマ曲♪Cannon Ball Runも同じ、構成も同じように作ってありつつ、少し変えてあって面白いです。

【主な登場車種と搭乗コンビ】

★ダッジ・トレードマン★「救急車コンビ
主役のJ.J.マクルーアが搭乗します。メカニック、医師、写真家の四人組です。J.J.は二作目ではアメリカ陸軍コンビとしてクライスラー・インペリアル・リムジンに搭乗します。

★フェラーリ308 GTS★「神父コンビ
J.J.マクルーアの対抗車で、偽神父と元F1ドライバーのコンビです。二作目では警察官コンビとしてシボレー・コルベットに搭乗します。

★アストン・マーチンDE5★「007
本物の007、ロジャー・ムーアが演じる007気取りの俳優が搭乗します。ボンドカーの特殊装備を活用しています。

★スバル1600スウィングバック★「日本人コンビ」
ジャッキー・チェンとマイケル・ホイ(Mr.BOO)が搭乗します。なぜか日本人という設定で役名=俳優名です。二作目では三菱チームで参戦しています。

★ロールス・ロイス・シルバーシャドウ★「ファラフェル王家」
世界最速の王家として参戦し、ロールス・ロイスを220キロで走らせます!二作目ではレースを主催することになります。

★ランボルギーニ・カウンタック★「美女コンビ」
一作目二作目とオープニングでパトカーとカーチェイスするのが美女コンビです。二作目では黒から赤のランボルギーニに変更しています。

7)グラン・プリ(1966)

F1グランプリの栄光をつかもうと人生のすべてをささげて戦うF1ドライバーたちの姿を描いたカーレース映画です。当時F1に参戦していたホンダをモデルにした「ヤムラチーム」が登場しています。そのオーナー役を三船敏郎が演じています。

6faccc06-3f3e-4572-b505-2bc75ad3d3d0
www.amazon.co.jp

1966年に6か国のグランプリで実際に撮影を行っています。F1のテレビ中継で車載カメラが普及する前にフォーミュラカーのフロント部分にカメラを搭載したドライバー目線からの映像を使用しています。実際のレーサー、グラハム・ヒルやフィル・ヒルも役名付きで出演しているのも見どころです。

【撮影されたグランプリ会場】

★モナコグランプリ★モンテカルロ市街地コース
レース中に画面が三分割になるシーンは斬新です。このコースで主人公ピート・アロンのBRMチームメイト、スコット・ストッダードがアロンを追い抜こうとしてクラッシュしてしまいます。王者ジャン・ピエール・サルティはフェラーリ所属です。

★フランスグランプリ★クレルモン=フェラン

★ベルギーグランプリ★スパ・フランコルシャン
モナコでBRMをクビになったアロンを、ヤムラがフランスで声をかけ、ベルギーからヤムラの第三ドライバーとしてチームに入ることになります。

★オランダグランプリ★ザンドフォールト
★イギリスグランプリ★ブランズハッチ

★イタリアグランプリ★モンツァ最終戦
メインの四人のレーサーたちにより大波乱の展開になり、劇的な最終ラップを迎えます

8)栄光のル・マン(1971)

スティーブ・マックィーンが自らのカーレースへの情熱を注ぎこんだ、セミ・ドキュメンタリー・タッチの本格的なカーレース映画です。

b925946e-85f2-4416-b617-9a2606e0c550www.amazon.co.jp

1970年のル・マン24時間レースの映像と、映画用の映像を一つに編集したメインのレースシーンは秀逸ですが、人間ドラマに比重を置かなかったため、興業的にはヒットにつながりませんでした。しかし日本では大ヒットし、1973年には日本のシグマMC73チームがル・マンに初参戦するという影響も与えています。

【登場するマシン】

マックィーン所有のポルシェ917K(1971年型)も登場マシンの一つです。フェラーリ512Sはエンツォ・フェラーリの協力が得られず、個人所有のものを頼み込んで借りたといいます。1970年ル・マン撮影時、撮影カメラを積んだポルシェ908が実際にレースにエントリーしています。

★ポルシェ★
アメリカ人レーサーのディレイニー(マックィーン)は20号車。

★フェラーリ★
ディレイニーのライバル、スターラーは8号車。

9)ブリット(1968)

サンフランシスコを舞台にした刑事アクション映画で、スティーブ・マックィーン演じるサンフランシスコ市警の刑事フランク・ブリットの活躍を描いています。

173192fa-bc20-4b3a-86d4-6b0fe981b186
www.amazon.co.jp

ブリットが運転するフォード・マスタングと敵が乗るダッジ・チャージャーとのカーチェイスが見どころの一つです。サンフランシスコの坂の多い地形を活かしたカーアクションと、ラストの空港のシーンは迫力満点です!カーチェイスシーンはすべて早回しせず、実際のスピードで撮影しています。この映画の魅力は全ロケ撮影、すべて本物を使用しているリアル感にあります。

【主な登場車種】

★1968年式フォード・マスタングGT390★
フォード・マスタングはタフな大衆車であり、ブリットのキャラクターにはぴったりです。過酷な撮影に耐えうるように、数々の改造が施されました。確かにあのアクションによく耐えたと思います!

★1968年式ダッジ・チャージャーR/T★
暗殺者が乗ってブリットのマスタングと熾烈なカーチェイスを繰り広げる車で、こちらも実にタフ!撮影時のスピードが時速170キロにも達し、また時速160キロで二台がぶつかり合うシーンでは、マスタングの方がバラバラになり、チャージャーはほぼ無傷だったといいます。

★1968年式リンカーン・コンチネンタル★
アメリカでは1961年に登場したこの車は、政府高官や大統領が乗るような車両で、映画ではブリットに仕事を依頼するチャーマース上院議員が使用しています。

★1967年式フォード・フェアレーン★
ブリットが同僚と乗る覆面パトカーとして登場します。

★1965年式ポルシェ356ガブリオレ★
ブリットの恋人キャシーが乗る車で、幌を開けて二人で髪をなびかせながら走るシーンが印象的です。

★1968年式ダッジ・ポラーラ★
警察所有の車両として登場します。

★1967年式フォード・カスタム★
ロバート・デュバル演じるタクシー運転手ウェイズバーグが乗る車です。

10)バニシング・ポイント(1971)

主人公コワルスキーが、白の1970年式ダッジ・チャレンジャーで、コロラド州デンバーからサンフランシスコまでをひたすら駆け抜けるカーアクション映画です。『イージーライダー』のようなロードムービーでもあり、当時のヒッピー文化を色濃く映したアメリカン・ニュー・シネマでもあります。

bb0f01f5-bb37-4a57-9833-a30e5fb0e7ae
www.amazon.co.jp

この作品はB級ではありますが、いまだカルト的人気を誇っています。
イギリスのロックグループ、プライマル・スクリームがこの作品にインスパイアされて発表したアルバム『バニシング・ポイント』にはシングル曲『コワルスキ』があります。
またアメリカのハードロックバンド、ガンズ・アンド・ローゼズの『ブレイクダウン』という曲の最後には、映画に登場するDJスーパーソウルのセリフを、ボーカルのアクセル・ローズがそのまま語っている部分があります。

B級映画大好きクエンティン・タランティーノ監督は『デス・プルーフinグラインドハウス』の後半で、主要人物が中古の1970式ダッジ・チャレンジャーでカースタントをするというオマージュを行っています。

【コワルスキーのダッジ・チャレンジャー】

砂漠を超えたりオフロードを走ったり超スピードで走ったり…かなり丈夫な車だなという印象を持っていたら、最後にびっくりするほど唐突にチャレンジャーは終わりを迎えます。

★1970年式クライスラー・ダッジ・チャレンジャーR/T★
最高速度は257.44キロ!しかし実はこの作品中で大陸を横断するダッジ・チャレンジャーは、そもそもコワルスキーの車ではなく、車両の陸送屋をしているコワルスキーが依頼されてデンバーからサンフランシスコへ運んでいたものです。デンバーを出る時に、15時間でサンフランシスコまで運べるかという賭けを始めたため、超スピードで駆け抜け、警察に追われる羽目になったのです。

 途中からKOWラジオDJスーパーソウルが彼に注目し応援を始めたため、やじ馬が集まったり、警察も何とかしてこのチャレンジャーを止めようと躍起になり、大騒動になります。

11)ウサビッチ シーズン2(2009)

ロシアが舞台のハイパーウサギアニメ『ウサビッチ』シリーズの第二弾で、ロシアの監獄から脱獄・逃走中のプーチンとキレネンコが、ロシア民警ミリツィアと繰り広げる面白カーチェイスです!
2015年4月からは『ウサビッチZERO』がMTV Japanでオンエアしています。

4b209d74-8411-4613-9b93-e4f2ff5ebb5c
www.amazon.co.jp

【MECHANIC 登場する車たち】

プーチンは脱獄囚とはいえ気のいいのんきなウサギですが、なぜか車の修理と改造では他の追随を許さないキレ者です!キレネンコはただ乗ってるだけ?と思いきや戦闘チェイスで役に立つブチギレ者です。

★モスクビッチ★
プーチンとキレネンコが逃走に使っている車で、日本語では“モスクワの男”という意味です。ミリツィアの追跡中にも、プーチンが改造しまくって、すごい進化を遂げます!

★ラーダ★
逃走中やたらすれ違う一般の大衆車で、燃費がやたら良いらしいです。

★ラーダカスタム★
ミリツィアのボリスとコプチェフのパトカーで、プーチンたちを執拗に追いかけてきますが、キレネンコにその都度メッタメタに破壊されてしまいます。

★ソコシャコフ(BA-20)★
第二次世界大戦で使用された装甲車BA-20の払い下げを改造しています。頑丈なはずなのに、またまたキレネンコにあっさり壊されてしまいます!

★タンクコフ(KV-1)★
ソコシャコフ同様大戦で活躍した戦車KV-1を改造し、キレネンコへの最終兵器として登場します。

12)ルパン三世 カリオストロの城(1979)

アニメ『ルパン三世』シリーズの劇場版第二弾で、宮崎駿監督初の映画監督作品です。カリオストロ公国と幻の偽札“ゴート札”をめぐり、カリオストロ伯爵とルパンの仲間たちが真剣勝負!カリオストロ公国のクラリス姫とルパンの淡い恋も描かれています。

310f1eed-8ae7-480c-89fe-f60081634ee4
www.amazon.co.jp

【冒頭のカーチェイスに登場する車種】

ルパンの愛車フィアット500はルパンシリーズではおなじみですね。この映画の冒頭では宮崎監督らしいエンターテイメントなカーチェイスが展開します!

★フィアット500(スーパーチャージャー)★
ルパンの愛車で、冒頭のカーチェイスでは崖を登ったり森に潜ったり、改造してあるため高速で走れます。黄色いボディでナンバーはR-33です。

★シトロエン 2CV★
クラリスが城から持ち出して逃走する車です。カーチェイスでバラバラになって湖へ落ちてしまいます。ワインレッドのボディです。

★ハンバー・スーパー・スナイプ★
カリオストロ伯爵の手下がクラリスを追って乗ってきた車で、茶色いボディのイギリス製リムジンです。

【その他の登場する車種】

★日産ブルーバード(410型)★
銭形警部のパトカーで、白黒の日本警察車両で“埼玉県警”と書いてあります。ナンバーも埼玉ナンバーですが、ドアの右側には“ICPO”と書いてあります。

★トライアンフ・ボンネビル★
イギリス製オートバイで、峰不二子がラストシーンで乗って登場します。作中の不二子の移動はほぼオートバイです。

13)カーズ1~2(2006/2011)

ディズニー・ピクサー製作の“クルマ”しか登場しない、クルマ愛に満ちたCGアニメーション映画です。若きレースカー、ライトニング・マックィーンとその仲間たちの交流と友情、そしてピストン・カップ優勝を目指す彼の成長を描いています。続編ではワールド・グランプリに参戦します!

a540345b-6830-4c83-9b36-fc6ae7828712
www.amazon.co.jp

【登場する主なキャラクターと車種】

登場車はレースの観客はもちろん、虫にいたるまですべてがクルマ!『カーズ2』ではマックィーンと親友メーターがワールド・グランプリを回るというストーリーの中に、スパイ車や陰謀も入り乱れて、さらにスケールアップしています!ワールド・グランプリには各国のレーシングカーも登場します。

《カーズ1》
★ライトニング・マックィーン★
『カーズ』のオリジナルレーシングカーで、モデルとしてはラセター監督によると「ストックカーとルマン・レーシングカーのハイブリットして創作」されたものだそうです。設定はV型8気筒エンジン(最高出力750馬力)、最高速度322km/hとなっています。二作目ではワールド・グランプリに出場するため前照灯を付け、ボンネットにピストン・カップとハドソン・ホーネットが描かれています。

★メーター★
ボンネットフードを崖に落としてしまった中型のレッカー車で、全身サビだらけです。モデルは舞台となるルート66に実際にあったインターナショナル・ハーベスターL-170です。二作目ではスパイ仕様に改造されたりします。

★サリー★
2002年型ポルシェ911。水平方向6気筒エンジン搭載、最高速度は285km/h。マックィーンの恋人で、マックィーンが本拠地にすることになるラジエーター・スプリングスでモーテルを営む弁護士でもあります。

★ドック・ハドソン★
1951年型ハドソン・ホーネット。直列6気筒フラットヘッド型エンジンで、最高出力は175馬力。ラジエーター・スプリングスの医者・判事で、実は伝説のレーシングカーでした。マックィーンにダートのコーナリングを教える師匠のような存在です。一作目で声優を務めたポール・ニューマンが亡くなったため、二作目では一切登場しません。

★キング(ストリップ・ウェザーズ)★
1970年型プリマス・スーパーバード。ピストン・カップで最多優勝を誇っていますが、今シーズンでの引退を表明します。個人主義のマックィーンを心配する優しい面もあります。

★ルイジ★
1959年型のフィアット500。フェラーリの大ファンで、ラジエーター・スプリングスでタイヤショップを営んでいます。一作目の最後でシューマッハ演じる2005年型フェラーリF430が来店して、嬉しさのあまりぶっ倒れてしまいます。

《カーズ2》
★フィン・マックミサイル★
イギリスのベテランスパイカーで、イギリスの代表的なスパイ007の乗るアストン・マーチンDB5に似たデザインの『カーズ2』オリジナルカーです。
★ホリー・シフトウェル★
フィン・マックミサイルを補佐する新米スパイカーで、車体はジャガーXJR-15に似たデザインです。最新鋭のスパイ機器を使ったり飛行装備にもなったりします。

★フランチェスコ・ベルヌーイ★
イタリアのF1レーシングカーで、マックィーンの最大のライバルです。

★ザンダップ★
兵器デザイナーで国際手配されており、ワールド・グランプリを妨害しようと計画しています。ドイツ出身という設定で、車体はツェンダップ・ヤヌスです。

まとめ

いかがでしたか?
どれも車好きならたまらない内容の映画となっています!車に興味がなくてもド迫力でスピード感もあるカーアクション映画は観ていて気持ちいいですよ!

https://colors.feely.jp/articles/641

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします