車好きにはたまらない! 名作カーアクション映画13選

昔ならではのカーチェイスからCG使用のカーアクション!時代によって違いはあっても、車好きにはどれもこれも思い出深い名作の数々―そんな心躍る名シーン満載のカーアクション映画を、登場する車の車種とその見どころを主にまとめてみました!アクション映画に興味がある人は『アクション映画といえばコレ!おすすめの人気作品10選【洋画】』も合わせて読むことをオススメします♪

1)ワイルド・スピード シリーズ1~7(2001~2015)

2013年に自動車事故で死去したポール・ウォーカー主演のこのシリーズを、遺作となった「スカイミッション」までに登場する主要車種を紹介します!

車 映画
www.amazon.co.jp

①ワイルド・スピード(2001)

ロサンゼルスが舞台のカーアクション映画としてシリーズ一作目はスタートしました。主人公の凄腕ストリート・レーサーのドミニクと、のちに相棒となる潜入捜査官ブライアンが出会い、友情が芽生えていく物語です。ドミニクの恋人レティとブライアンの恋人となるドミニクの妹ミアも一作目から登場しています。

【主要な登場車種】
ドラッグレースが題材のため、スポーツコンパクトの日本車が多数登場しています!

★1994年式トヨタ・スープラ(オレンジメタリック)★
スクラップ同然だったものを修理を重ねて甦らせたブライアンのセカンドカーで、ドミニクへの友情の証として譲っています。

★1993年式マツダ・RX-7(レッド)★
ドミニクの車で、序盤に登場しています。

★1995年式三菱・エクリプス(ネオングリーン)★
ブライアンの車で、潜入捜査のため使用したものです。敵役のジョニー・トランの銃撃により爆発してしまいます。

②ワイルド・スピード×2(2003)

シリーズ二作目は舞台をマイアミに移し、前作で警察に追われることになったブライアンを中心にしたストーリーが展開します。マイアミでストリートレースのカリスマになっていたブライアンが、再び潜入捜査をする羽目になります。今作の相棒はブライアンの幼馴染みのローマンです。

【主要な登場車種】
前作同様レースに日本車登場!その他アメリカ車、欧州車も登場します。エキストラ的登場シーンを含めるとかなりの数の車が登場しています。

★三菱ランサーエボリューションⅦ(ライムゴールド)★
ブライアンの搭乗車。

★三菱エクリプス・スパイダー(パープル)★
ローマンの搭乗車で、ランエボⅦと一緒に警察に追われ暴走します。

★三菱スカイラインGT-R(シルバー)★
ブライアンが最初の賭けレースで搭乗し、橋からジャンプしたり、警察に機能を停止されたりします。

③ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT(2006)

シリーズ三作目は東京が舞台で、ストリートレース、スポーツコンパクト、ドリフト走行という前作からのテーマを踏襲し、さらに改造車も多数登場します!主人公はアリゾナから東京に転校してきた高校生ショーンで、ブライアンは登場せず、ドミニクもカメオ出演のみです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10