血沸き肉踊る!興奮の名作アクション映画8選!!

掛け値なしに楽しめる、アクション映画の名作を集めてみました。 スカッとスキッとしたい、そんな人はもう頭を使わずに楽しんじゃいましょう。

ネガティブハッピー・チェンソーエッヂ


2008年、北村拓司監督作品。
キャスト:市原隼人、関めぐみ、浅利陽介他
あらすじ:
高校生の山本陽介は特に取り得もなく、友人の渡辺と共に日々無難に寮生活を送っていた。
陽介は、ことあるごとにバイク事故で死んでしまった能登と自分を比較していた。能登は自分より何でも優れていたが、自分は何もできない。そう思って陽介は常に自分の居場所を探していた。
ある日、チェーンソーを持った男と戦う女子高生の絵理と出会い、陽介は彼女の助手をすることになった。毎日のように絵理はチェーンソー男と戦うが、ケリがつかない。
始めは陽介のことを鬱陶しく思っていた絵理だったが次第に陽介に心を開いていき、陽介の心のあり方も段々と変化していった。

殺人犯人がチェーンソーを振り回す事件なのか、いや、青春映画か、いやしかし実は精神世界のお話だったんですね、きっとこれは。
滝本竜彦の小説を映画化した作品です。
思春期のコが悩んで発生させるネガティブパワーは、ポルターガイスト現象を起こすとも言われていますが、このチェーンソー男もきっとそのパワーが生み出したものだったのでしょう。
若き市原隼人くんの悪意のない笑顔がかわいいですね。彼は悪い男の役よりも、こういったちょっとチャラいダメ男が合っている気がします。
山本の友人の浅利陽介もイイ味出しています。
もう少しチェーンソー男のキャラ設定が欲しかった気がしますが、青春映画としてカラッとサラッと見られます。

地獄でなぜ悪い


2013年、園子温監督作品。
キャスト:國村隼、堤真一、二階堂ふみ他
あらすじ:
武藤組の組長の大三の妻しずえは服役中だが、娘のミツコが成長して女優になるのを楽しみにしていた。大三はしずえにミツコの晴れ姿を見せたくて自分達で映画製作することを決意。
なんとなく成り行きで巻き込まれてしまった橋本と映画をつくることを夢見ている映画バカ平田とその仲間達が武藤組に協力して映画を作ることになった。
彼らは武藤組と敵対する池上組との抗争をそのまま映画にする計画を立て、いざ本番を迎えたのだが……。

最後の30分では怒涛のラストスパートがかかり、かなり見応えがあります、が、はっきり言って上映時間約130分はちょっと長かったかなぁ。
夢だけを追いかけ続けても、現実を見ないと人として成長できないということですね。
長谷川博己演じる平田とその仲間達のことは最初から最後まで好かなかったです。人が嫌がっているのにカメラを向けるところはもうムカムカしかなかったです。
橋本は最初から最後まで蛇の生殺し状態で、この人の見せ所はやっぱりミツコとのキスシーンの前後ですか……。
カメオ出演している人がたくさんいすぎて紹介できませんが、わたくしが一番嬉しかったのはデザイナー、映画評論家、サタニストなど色んな肩書きを持ち、園子温監督と親交のある高橋ヨシキさんが撮影スタッフとして出ていたことですね。彼の紹介する映画はわたくし、大好物です。
ミツコ役の二階堂ふみちゃんもすっごく可愛いです。
そしてお話の方ですが、ヤクザ映画は、最後はやっぱり仁義なき戦いになってしまうわけですね。

1 2 3 4 5