感動する映画8選!こころに響く洋画を厳選

哀しいだけではない、心に響く物語があります。人のために犠牲になったり、理解してもらえずつらい思いを我慢したり、感動は映画の数だけあります。色々な種類の感動が味わえる、「感動する映画」の紹介です。

『ET』


1982年、スティーブン・スピルバーグ監督作品。
キャスト:ヘンリー・トーマス、ドリュー・バリモア、ディー・ウォーレス他
あらすじ:
ある森の中にUFOが着陸したが、人間が近付いてきたため、見つからない内にUFOは離陸した。しかしUFOから離れていた宇宙人の1人だけが取り残されてしまう。
人間の子供と出会った宇宙人は友達となったが、宇宙人の存在を知った科学者達が調査しようとして、匿っていた子供達の家へ押しかけて来てしまった。子供達は宇宙人を科学者達の手から奪い返し、UFOがあった森へと向かうのだった。

ETの姿は決して可愛いものではなくて、声もしわがれ声だけれど、地球では初体験することばかりの、その初々しい仕草などに愛らしさを感じました。
冒頭、置いてきぼりにされてしまうくだりは、とても哀しい気持ちになったのを憶えています。
誰が見ても素直に感動を味わえる素敵な映画です。
ジョン・ウィリアムズの音楽もワクワク度を高めてくれます。

『遠い夜明け』


1987年、リチャード・アッテンボロー監督作品。
キャスト:ケヴィン・クライン、デンゼル・ワシントン、ペネロープ・ウィルトン他
あらすじ:
1975年、南アフリカ共和国の黒人居住地区で、警官達が逃げ惑う黒人住民を追いかけ、暴行を加えた事件が起こったが、世間ではこの事件が無視された。
新聞記者のドナルド・ウッズは、黒人運動家のスティーブ・ビコのことを初めは批判していたが、彼と会い、彼の確固たる意思を持つ姿に感銘した。
しかしウッズが黒人問題に深く関わるにつれて、新聞社で働く黒人が逮捕されたり不穏な空気が漂い始める。
学生集会に参加しようとしていたビコは逮捕されてしまい、警察の拷問によって帰らぬ人となってしまった。
ウッズはビコの死の真相と黒人差別のことを原稿にしたため、それを全世界へ知らそうとして家族と共に国外への脱出を試みた。

過去の人種差別、アパルトヘイトの問題は今も全くなくなったわけではありません。
でもあの時代の差別は死と直結していて、黒人に死が訪れても見逃されることが多々あったようです。それが如実に現れている映画です。
これは実話で、ビコが拷問されて亡くなったのも事実です。
映画の後半は手に汗握ってずっと緊張して見ていました。
ぜひ見て頂きたい作品です。

『エレファントマン』


1980年、デヴィット・リンチ監督作品。
キャスト:ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンス、ジョン・ギールグッド他
あらすじ:
19世紀のロンドン。
生まれつき奇形のジョン・メリックは、見世物小屋で働いていた。
彼は体中に腫瘍があり、言葉の発音もしにくく歩くのも困難な状態だった。
しかしメリックは実は聖書を読み、芸術を愛する普通の青年なのだ。
ある日、見世物小屋でメリックの存在を知った外科医のフレデリックは、研究のために彼を見世物小屋の主から譲り受けた。
普通の人間として接してくれる人もいたが、彼を化け物でもみるかのような目で見る人もいた。
そんな中、見世物小屋の主は再びメリックを連れ戻し、虐待されたメリックは瀕死の状態になってしまうのだった。

1 2 3 4