0f042baf-75ca-43d0-9165-a252eeeb0f2b

子連れでも楽しめる!新潟の5つのお出かけスポット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

休日に子供を連れてどこに行こうかなぁ、と悩む親御さんも多いはず。そこで、そんな方にも参考にしてほしい、新潟県内の親子で楽しめる施設を紹介します。

国営越後丘陵公園


http://www.soiga.com/0ms/modules/mailbbs/imgs/1115264487-set09050505.jpg

長岡にある、国営の公園です。

広い敷地内には芝生が広がり、木製遊具や、雲のような白い山型トランポリン「ふわふわドーム」など、子供達が楽しめる遊具がたくさんあります。また、夏場は子供達の一番人気になるウォータープレーゾーンには、人力水車やウォータートンネルなど、
子供達を惹きつけるものがたくさん!中には水着をきて、プールで遊ぶように思いっきり水を楽しむ子供達もいます。

他にも、親子で楽しめる、敷地内をぐるっと一周できる変形自転車やディスクゴルフ等もあります。

皆さんお弁当を持って来てピクニックを楽しんだり、サッカーやバトミントン、シャボン玉をしたりなど、それぞれの楽しみ方で過ごしています。
窯焼きピザが食べられるレストランもありますし、週末には様々な屋台等が並びます。野外炊飯広場ではバーベキューも楽しめます。そして、越後丘陵公園では、四季折々の美しい花を楽しむことのできます。

チューリップの季節には、約3,000㎡の花の丘いっぱいに様々なチューリップが咲き誇ります。花を目的に、家族連れだけでなく年配の方もたくさん来園されます。

バラ園もあり、バラが盛りの頃にはそちらも大人気スポットになります。バラは朝の方が香りが強いので、開園直後に来園するのがおすすめですよ!

期間限定のイベントも様々催されていますし、夏期と冬期には、イルミネーションで園内が幻想的な雰囲気に包まれ、家族だけでなくカップルのデートスポットとしても人気があります。

入場料

大人410円 小中学生80円 65歳以上210円

http://echigo-park.jp/

新潟県立自然科学館


http://toyanogata.jp/wp/wp-content/uploads/2015/03/shizen-kagaku-01.jpg

新潟市にある、プラネタリウムがある科学館。

館内には、実際に触ったり感じたりすることのできる、科学の力を学べる様々な化学実験道具等があり、化学に興味がない子供でも、来館を機に科学の不思議に引き込まれていくかもしれません。

アイボロボットの実演など、子供達はどのブースに行っても目を輝かせています。期間限定で何かしらイベントも行われており、2014年の夏には「お化け(役)がいなくても、音や風などの体感で人は恐怖を感じるか」という、お化け屋敷チックなイベントをしており、行列がとぎれないほどの人気イベントでした。
 
館内にはレストランの他、持ち込んだものを食べることのできる休憩スペースもあります。雨でも楽しめるのも、この施設の良いポイントです。

晴れている日には、野外施設には「新エネルギー」太陽光や風の力を利用したエネルギー関係の展示として、太陽電池の外壁でできた太陽の城、太陽電池で動くソーラーカー(1人乗り)、風力発電装置のプロペラ型発電風車、ダリウス型発電風車、 地下水汲み上げ用の多翼型揚水風車、太陽光実験装置の太陽炉などが展示してあります。

また、「花木園」屋外展示場には、芝生の広場、東屋、錦鯉の池、藤棚や、自然観察のできる花木園があります。草花の観察や散策、休息などに最適な環境になっています。

入館料

大人570円 小中学生100円

サントピアワールド


http://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/86348/image/

阿賀野市にある遊園地です。

2階建てのメリーゴーランドや、激しく回転するゴンドラ「ロックンロール」、ジェットコースターやお化け屋敷や観覧車など、20以上ものアトラクションがあります。

小さなお子様が遊べるキッズスペースもあります。そして、新しいアトラクション、6階建ての巨大立体迷路「アメオズ」は子供達に大人気です!

制限時間内に部屋の中にあるレーザー光線に触れないようにくぐりぬけ、チェックボタンを順番に押しながらゴールを目指す「ミラクルレーザー ジグーザグ」は、映画のヒーローになったような気分になれますよ!

レストランや売店もあります。

入館料

大人1000円 子供600円(アトラクション別途)

http://www.suntopi.com/

いくとぴあ食花


http://www.ikutopia.com/site/wp-content/themes/ikutopia/img/facilities/shokuhana/mv_shokuhana.jpg

新潟市にある、新しいガーデン施設です。

いくつもの施設があり、食育・花育センターは、食育・花育に関する各種講座や様々な体験展示、花や緑の展示を通じて、食と花を楽しみながら学べる施設です。 

にいがたの旬の食材などを使った料理教室、季節の花などを使った園芸講座、料理体験ゲームや料理サンプルを使った食事バランスチェック、食と花のミニ体験コーナーなどが体験できます。

こども創造センターでは、様々な物作りを体験したり、大型遊具があるコーナー、そして、マグネットや積み木、ままごとなど、自由に発想を膨らませ遊ぶことができたりするコーナーもあります。

動物ふれあいセンターでは、ヒツジやうさぎやポニーの他、かわいいアルパカにも会えますよ! 

他にも地元野菜等を購入できるマーケットやレストラン、季節ごとに趣向を凝らしたイルミネーションを楽しめ、きれいな花畑が広がるキラキラガーデンがあります。

ガーデンの花を使ったコサージュ作り体験などのイベントも随時開催しています。雨でも楽しめることもでき、なんといっても入場料が無料なのも魅力的です。一日中、家族で楽しめることができる、おすすめの施設です。

http://www.ikutopia.com/

子育ての駅千秋てくてく


http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/35/0000790535/58/img43797da4zik6zj.jpeg

長岡市にある子育て支援施設「てくてく」。

上空から見ると「まる・さんかく・しかく」の形になっており、施設内は3ブロックに分かれています。小さなお子様が安心して遊べる遊具や絵本が揃っているブロック、持ち込んだ食事やおやつを食べることもできる休憩ブロック、ダイナミックな遊びができる遊具が揃っているブロックになっています。

また、野外施設には広い芝生が広がり、野外遊具も揃っています。


http://www.week.co.jp/ws/img/00122376a_400.jpg

人工の小川もおり、暑い日は子供達が水に足をつけて、楽しそうに遊んでいます。市の施設ですので、無料で楽しむことができますし、長岡市民でなくても利用できます。

保育士さんも常時在中しており、お子様の一時預かりもしています。

最後に

このように、新潟県県内には親子でたのしめるスポットがいくつもあります。

海あり山あり、食べ物の美味しい新潟県。まだまだ紹介しきれません。県内の人はもちろん、県外の人達もどんどん新潟へ遊びに来てくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします