雄大な景色が楽しめる!日本最北端の街・稚内のおすすめ観光スポット15選

稚内は北方領土を除き日本で最も北に位置する街で、サハリンまでは43kmと非常に近い位置にあります。 この街はロシアとの交流があって、市内の看板にはロシア語での表示もあり、晴れれば宗谷岬からサハリンの島影を望む北海道らしい雄大な景色を楽しめますよ!今回はそんな魅力ある街、稚内のおすすめ観光スポットを15ヶ所厳選してお届けします。

1.宗谷岬

「日本最北端の地」碑

宗谷岬は日本の最北端に位置する岬。北緯45度31分22秒には「日本最北端の地」と刻まれた碑が建っています。
この碑全体は北極星の三角錐を表し、丸い台座は「平和と協調」を、中央の「N」の文字は北を表現しています。

「日本最北端の地」の落日


太陽が西に傾き水平線に沈み、やがて暮れなずむころになるとライトアップされ、訪れた人は物悲しさを感じるに違いありません。
付近の売店では「最北端到達証明書」が販売され、「宗谷岬」の歌が流れ、北の果てに来たことを実感することでしょう。

「日本最北端の地」の碑近くには樺太の探検をした間宮林蔵の像が立ち、荒涼とした丘の上には宗谷岬灯台が立っています。
ほかにも国境を接するこの地にはサハリンに派遣された「旧藩士の墓」や「平和の碑」、「祈りの塔」、「旧海軍望楼」など物悲しい雰囲気のする碑が多く建ち様々な歴史を今に伝えています。

「間宮林蔵」の立像


間宮林蔵生誕200年を記念して1980年に建立。
肩に計測用の綱をかけて、探検をした樺太を向いて立っています。

宗谷岬灯台

宗谷岬の高台に赤と白に彩られ凛とした姿で立つのが「宗谷岬灯台」。
1885年に北海道では3番目に建てられ、今もなお宗谷海峡を航行する船の安全を守っています。

平和の碑


太平洋戦争が行われていた1943年、日本海軍とアメリカ海軍との間にこの地で激戦が繰り広げられました。
この海戦によりアメリカ潜水艦の乗員80名及び日本商船696名が日本海に水没。
両国の平和を祈願して1995年日米合同により慰霊碑が建立されました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9