手軽に家庭菜園!バジルを育てておうちでイタリアン

パスタやピザなど、イタリアンにはかかせないバジル。また、独特の風味があるので、いつもの料理に加えるだけでぐっと本格的な味になる人気のハーブです。今回は家庭でも手軽に育てられるバジルの育て方をご紹介します。バジルを使ったおすすめレシピの紹介も。

バジル栽培の時期と育て方

栽培時期

バジルはシソ科の植物。丈夫で育てやすいのが特徴です。
バジルの葉は、スパゲティー、ピザ、トマト料理など、イタリア料理によく使用され人気のあるハーブです。
バジルといっても様々な種類がありますが、ここでは一般的に使用されるスイートバジルについてご紹介していきます。

種から育てる場合、発芽適温は20度以上なので、4月~6月にかけて種まきするのが適しているといえます。
また、初心者は販売されている苗から始めるとより手軽に栽培できます。苗の場合は5~7月に苗付けすると、6~9月が収穫時期になります。

用意するもの

・深さ15cm以上の鉢やプランター
・バジルの種または苗
・肥料
・水
・スコップ
・土

育て方

バジルは日光や光が好きなので、日当たりのよい場所で栽培しましょう。日当たりが悪いとひょろひょろした芽になることもあるので注意が必要です。ただし、直射日光に当たりすぎると葉焼けすることもあるので注意しましょう。
発芽して本葉が出るまでは、土が乾かないようにこまめに水やりをします。
隣同士の芽や葉が重なり合ってきたら、間引きをします。しっかりとした芽を残すようにしましょう。
また、バジルは湿り気のある肥えた土を好むので、生育の様子をみて肥料を加えていくとより元気になります。

1 2 3