98ea3d00-3539-471e-bac7-99ee7f42d57b

沖縄の桜が美しいお花見の名所13選♪日本一桜の開花が早い沖縄のおすすめスポットを紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄県には日本でいち早く花見を楽しめる名所が沢山あるんです!国内唯一の亜熱帯気候でもあることから桜が1番早く開花するため、何と新年早々の1月から少しずつ桜が咲き始めます。その桜は淡いピンク色のソメイヨシノとは違う種類で、「寒緋桜」と言います。今回は沖縄でも有名な桜の名所から、地元の方に愛される隠れた名所まで沖縄の桜のお花見おすすめ名所を13選をお届けいたします。

沖縄のお花見のマメ知識♪

98ea3d00-3539-471e-bac7-99ee7f42d57b
http://www.resonex.jp/blog/?m=201401

沖縄、桜のお花見スポットをご紹介するにあたり、最初に少し豆知識をご紹介したいと思います。沖縄を訪ねるのが初めての方は是非参考にしてくださいね。

桜の開花時期は?

気候の変動により、毎年若干違いますが、おおむね1月の中旬ごろから桜の開花が始まります。
沖縄県(沖縄本島)の桜前線は、九州方面に一番近い北部の方から始まります。そして大体約1か月間かけて、少しずつ県庁所在地でもあり、那覇空港もある南部方面へと開花が進んで行きます。

沖縄のみなさんのお花見のしかたは?

お花見の習慣、と言えば全国各地で違いがあるとは思います。
沖縄県の場合、桜の花の下でレジャーシート等を敷いて宴会をする、と言う習慣はありません。
桜の開花時期、有名な桜の名所は車の渋滞が出来たり、混雑します。
基本的には、ずっと同じ場所に立ち止り、眺めると言う事ではなく、桜の花の写真を撮ったりゆったり、を楽しみながら歩く事が多いです。
皆さんのご出身の地域によっては「何故こんなに綺麗な花の下で、宴会をしないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんがその辺の習慣の違いも含めて沖縄の美しい桜のお花見を楽しんでみてくださいね。
それでは、沖縄県の桜のお花見おすすめスポットをご紹介していきたいと思います。

1.八重岳 桜の森公園

7109f1a3-e3f5-45c9-9fc9-8abd392ab2c2
http://www.goyapark.com/park/

国頭郡本部町「八重岳桜の森公園」です。
沖縄県北部の八重岳中腹に位置し、1月中旬から2月上旬まで開催される、本部八重岳桜まつりの主会場ともなっています。
トイレや、駐車場、公園も完備されており、幅広い年齢層が楽しめる自然あふれる場所となっています。
この公園に至る八重岳の沿道には、何と7000本とも言われている桜の木があり、開花し始めると山の木々との緑のコントラストが、とても素晴らしくて大人気となっています。

98ea3d00-3539-471e-bac7-99ee7f42d57b
http://www.jalan.net/

八重岳などをはじめとする、沖縄北部の地域は「やんばる」とも呼ばれています。南部などとは土の成分も異なり、植生も少しずつ違います。
この写真のやしの木の様に大きな葉を広げる植物は、「ヘゴシダ」と呼ばれています。
亜熱帯の森と、桜のコントラストが見られるのは大自然が残る沖縄北部ならでの光景と言えるかもしれません。

桜の開花シーズンの八重岳周辺は、かなり車の混雑が予想されています。例えば、晴天の土日だった場合、八重岳の山道の入り口から、桜の森公園に到達するまでに約30~50分程度かかってしまう場合もあります。お子さん連れの場合は事前にトイレを済ませ、渋滞中の解消グッズに絵本やおもちゃなどを用意しておくのもおすすめです。なお、渋滞中もそろそろと低速で山道を車は進んで行きますが、その道の両側には点々と美しい桜並木が続きますので、ぜひ車窓からの景色も楽しんで見てください。

八重岳 桜の森公園の情報

場所:沖縄県国頭郡本部町字並里921 番地
駐車場:あり(無料 約500台)
電話:本部町企画商工観光課 0980-47-2700
八重岳桜の森公園管理棟 0980-47-6688
※管理棟は、桜まつり期間中の土・日曜日のみです。

http://www.town.motobu.okinawa.jp/index.php?oid=1493&dtype=1000&pid=191

2.今帰仁城跡

9b1c6dc3-e101-4b05-a079-736ad6db3010
http://flyinthesky2012.blog.fc2.com/blog-entry-607.html

国頭郡今帰仁村にある「今帰仁城跡」です。
この今帰仁城は13世紀ごろまで歴史をさかのぼる事ができて世界遺産にも選ばれています。
城跡の標高は100メートルあり、石づくりの長い階段を1歩1歩登って行きます。
その両側の桜が満開を迎えると、この写真の様にとても美しい景色が広がります。
お城自体の建物は、現在残っていませんが、頂上の見晴らしも良く歴史を感じられる素晴らしいスポットです。

夜桜のお花見はいかが?

5e28c3f5-5233-4af3-9c2b-94a6396c32f2

今帰仁城のお花見は楽しみ方が2つあります。
1つは昼間見る桜ですが、もう1つのお花見のスタートは夕方から。
午後6時30分~午後9時の時間帯はライトアップした城と、桜のコラボレーションを楽しみながら散策する事が出来るのです。

夜でも城跡内随所が美しくライトアップされますので、桜の花をしっかり楽しむ事が出来ます。ライトアップ時期には毎年混雑します。
混雑が苦手な方は、暗くなる少し前に入場手続きをされると良いかもしれません。

今帰仁城跡の情報

場所:沖縄県国頭郡今帰仁村字今泊5101番地
駐車場:あり(無料)
観覧料:大人 個人400円 団体(10人以上320円)小中高生 個人300円 団体(10人以上240円)
小学生未満 個人、団体共に無料
電話:0980-56-4400

http://nakijinjo.jp/index.html

3.名護中央公園

9e607029-bce6-4f03-b978-e7d5110f8947
http://www.resonex.jp/blog/?m=201401

名護市にある「名護中央公園」です。
名護岳一帯にある公園なのですが、市街地に隣接していること、車で気軽に行ける事もあり人気の絶景スポットです。
この公園内にはかつての名護城の跡があり、その一帯の桜は、沖縄県有数の桜の名所となっており、日本の桜の百選にも選ばれています。

d29b06f9-6437-4afa-8a03-fb4fd3c9784d
http://www.resonex.jp/blog/?m=201401

名護中央公園の、桜の付近からは美しく咲く桜の花と、遠く海まで見渡せる絶景を同時に楽しむ事が出来ます。
手軽に沖縄の大自然を満喫し、気分もリフレッシュできるひと時になるのではないでしょうか。

名護中央公園の情報

場所:沖縄県名護市 名護5511
駐車場:あり(無料)
電話:0980-52-7434

http://www.pref.okinawa.jp/site/doboku/toshimono/koen/nagotyuoukouen.html

4.八重瀬公園

469bdfac-4c11-46fd-b6e7-fd02ecdc6102
https://www.churatoku.net/s/info/0000465.aspx

島尻郡八重瀬町字富盛にある「八重瀬公園」です。
八重瀬公園は、八重瀬城跡に作られている公園です。
桜の開花期間は、約170個の灯りでライトアップされ、幻想的な夜桜のお花見を楽しむ事が出来るスポットとなっています。

bd475b42-13d5-4afd-8d0c-773784addfba
http://ameblo.jp/emy-taro-happydays/entry-11762560246.html

公園は高台にあります。
頂上の展望台付近から眺める景色は心がスッキリするような見事な絶景です。
良く晴れた日は、沖縄県の南部、首里や、東シナ海まで一望する事が出来ます。
ぜひ、昼間の八重瀬公園のお花見も楽しんで見てくださいね。

八重瀬公園の情報

場所:沖縄県島尻郡八重瀬町富盛
駐車場:あり(無料)
※さくら祭りの日は、多くの方が訪れる為、駐車場は別の場所になる事があります。

http://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/fes-eventinfo/120/

5.与儀公園

03876488-1327-4af7-893e-26936ee3f9a2
http://www.churatoku.net/info/0000470.aspx

那覇市にある「与儀公園」です。
鉄道が走っていない為、県内は車やバスの移動が中心となりますが、この公園に関しては国際通りや、壷屋やちむん通りなどからも徒歩圏内です。
ゆいれーるとその最寄駅からの徒歩でも、気軽に訪れる事が出来ます。
公園は、那覇市民会館や図書館とも隣接しています。
那覇市民会館と図書館の間に流れる川沿いの桜も美しくおすすめです。

602a1480-50cc-431d-8f53-0ecf1edd66dc
http://www.churatoku.net/info/0000470.aspx

与儀公園では、根っこが沢山張っているがじゅまるや背の高いやしの木など、亜熱帯の植生と桜を同時に楽しむ事が出来ます。
駐車場はありませんので車の場合は、周辺のコインパーキングへの駐車をおすすめいたします。
(那覇市民会館や図書館には、利用者以外停める事は出来ませんのでお気をつけ下さい。)

与儀公園の情報

場所:沖縄県那覇市与儀1−1
駐車場:なし
電話: 098-951-3239

http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/bunka/kaikan/annai.html

6.漫湖公園

a1be07a4-6c0f-4b00-afe7-08692eb05074
http://seseragijiro.at.webry.info/201502/article_2.html

那覇市にある「漫湖公園」です。
「漫湖」とは、湖の事ではありません。国場川下流部、饒波川との合流した部分に出来ている干潟です。
国際的な条約の「ラムサール条約」にも登録されおり、マングローブの木や水鳥など貴重な自然が観察出来る場所となっています。
漫湖公園は、この干潟のすぐそばにあります。
約1000本もの桜の木がここにあり、都市部でありながら、お花見を満喫できるので人気のスポットとして県民からも愛されています。

e500d089-ae7d-4d6d-8f2a-01ab310b3477
http://seseragijiro.at.webry.info/201502/article_2.html

那覇空港からのアクセスもしやすく、ゆいれーるの奥武山公園から徒歩で約10分程の場所にあります。
ぜひ、貴重な湿地帯と桜が見られる「漫湖公園」にお花見へ出かけてみませんか?

漫湖公園の情報

場所:沖縄県那覇市古波蔵3丁目23−1
駐車場:あり(無料 桜の開花時期は、混雑し、満車となる日も多い。)
公共交通機関:ゆいれーる 奥武山公園駅より徒歩10分
電話:098-853-3144

http://www.city.naha.okinawa.jp/kurasi/joho/park.html

7.末吉公園

e15e1559-9ce1-432f-b722-6df5da66ce57
http://okinawaclip.com/ja/detail/222

那覇市にある「末吉公園」です。
この公園は多くの建物がある県庁所在地にありながら、 7.74haもの広大な敷地に昔ながらの大自然が残っています。
気軽に亜熱帯の森の風景を楽しめる事もあり、子どもから大人まで、自然観察をする人達からも愛されている場所です。
末吉公園では、主に市民病院駅に近い側の駐車場のそばのエリアの斜面に多くの桜の木が植えられています。

ef19c6b9-e12e-4891-8202-b0213d9af303
http://okinawaclip.com/ja/detail/222

末吉公園内に行ったら、ぜひご覧頂きたい桜の木があります。
何と、日本一早咲きの桜(ヒカンザクラ)の標準木がここにあるのです。
ぜひ、お花見を楽しみながら「どの桜木が、日本一早咲きの基準なのかなぁ。」と探してみてくださいね。

末吉公園の情報

場所:沖縄県首里末吉町1-3-1
駐車場:あり(2か所、無料。桜の時期、満車になることもある。)
公共交通機関:ゆいれーる 市立病院前駅より徒歩5分

http://www.city.naha.okinawa.jp/kurasi/joho/park.html

8.中城城

860729b5-42f8-4bd1-bbc5-61f228a6c965
http://ogurat.at.webry.info/200902/article_8.html

中頭郡北中城村にある「中城城(なかぐすくじょう)」です。
世界遺産や、国指定史跡、日本100名城にも指定されています。
桜の数自体は多くはありませんが、美しく石が積まれている城壁をバックに桜と写真を撮ったり散策したりするのにおすすめのスポットです。

ea365124-7821-490e-9aa4-0abf35e2b6f7
http://ogurat.at.webry.info/200902/article_8.html

中城城は城壁の一部に登る事が許可されている展望箇所があります。
天気が良いと海を一望する事もできるのでゆったりとくつろげることでしょう。
敷地内は1週するのに約30分程かかります。
途中は傾斜が多く、昔ながらの石で出来た階段もありますので、歩きやすい靴で訪れてください。

中城城の情報

場所:沖縄県中頭郡中城村泊1258
駐車場:あり(無料)
観覧料:大人400円 中・高生300円 小学生200円 未就学児 無料(団体20名以上は、それぞれの料金から、100円引きとなる。)
電話:098-935-5719

http://www.nakagusuku-jo.jp/

9.国頭村森林公園

c22ee8fe-3b32-429e-842d-972580d78b67
http://www.midorihana-okinawa.jp/?page_id=2072

国頭郡国頭村にある「国頭村森林公園」です。
緑深い亜熱帯の森の中に現れる桜並木は、ハッとして心を奪われる様な美しさです。
山道でカーブも多いですので、花が美しくても運転には気を付けてお出かけを楽しんで下さい。

c06f3414-34fe-42fb-918f-6923c5468aeb
http://blogs.yahoo.co.jp/phnmacky/50793025.html

国頭村森林公園内には、やんばる森のおもちゃ美術館やオートキャンプ場、バンガローなどの宿泊施設、木製の大型滑り台などのある公園など、施設が深い森の中に点在しています。
この大型のトランポリンは、遊具のある公園エリアにあります。
目の前にあるのは国頭村の美しい山々です。
ジャンプしながら自然を満喫してみるのも良いかもしれませんね。
ぜひ、桜の花見と合わせて大自然も満喫できますように。

国頭村森林公園の情報

場所:沖縄県国頭村字辺土名1094-1
駐車場:あり(無料)
電話:0980-50-1022

http://www.kunigami-forest-park.org/?page_id=23

10.奥武島の観音堂

9e5b916f-dc1b-434a-8f88-3c16807c22a4
http://ntakashi.exblog.jp/13245747

南城市の奥武島にある「観音堂の桜」です。
奥武島は、那覇空港から車で約40分、92メートルの橋で本島とつながっています。
島の周囲は約2キロで、漁港にはイカが干されていたりと、のどかな風景が広がっています。
近年では、てんぷら屋さんが有名となり行列ができる様になりました。
観音堂は島の中央にあります。その歴史は古く1600年代に唐の船を遭難から救出したことで、お礼として贈られた観音像を祭ったのが始まりです。
その後、戦争により、建物も観音像も破壊されてしまい、現在の姿は戦後に復元されたものになります。

c1744e8d-fb60-4230-9828-a08bd11a0ed5
http://miyakoyaeyama.blogspot.jp/2014/05/blog-post_8.html

奥武島へと橋を渡った後、本島の方を振り返った風景です。
時折、のんびり岸壁で島猫たちがくつろいでいる事もあります。
青く透き通った海に心を打たれる事でしょう。
よく目を凝らしてみると、この海には波が穏やかな日は琉球スズメダイなどを見る事も出来ます。
桜の数こそ、多くはありませんが観音堂と桜の趣がある風景を同時に眺められるのは、この時期ならでは。
那覇空港からもアクセスが良いので、ぜひ訪れて見てはいかがでしょうか。

奥武島の観音堂の情報

場所:沖縄県南城市玉城奥武108

http://www.kankou-nanjo.okinawa/bunka/details/41

11.識名園

f460392d-f7ec-4068-8af5-6fb68e0b451b
http://h-crossroad.seesaa.net/article/314133009.html

那覇市にある「識名園」です。
1799年に作られた琉球王家の別邸です。
王家の保養や外国からの要人の接待などに利用されました。
「廻遊式庭園」となっており池の周りを歩きながら、景色の移り変わりを楽しめる設計となっています。
伝統的な赤瓦に寒緋桜が映えますね。

6a914a0b-ca9a-47ea-8164-3644f4aea155
http://h-crossroad.seesaa.net/article/314133009.html

王家の方も、昔、この同じ景色を眺めていたのだ、と思うとまるで琉球王国時代にタイムスリップした様な気持ちになるかもしれませんね。
ぜひ、ゆったりと流れる時を楽しんで見てください。

識名園の情報

場所:沖縄県那覇市字真地421-7
入園料:個人: 大人(400円) 小人(中学生以下)(200円)
団体: 大人(320円) 小人(中学生以下)(160円)
駐車場:あり(無料)
電話:098-855-5936

http://www.city.naha.okinawa.jp/kakuka/kyouikubunkazai/bunkazai/shikinaen.html

12.嘉数高台公園

c339b086-3b6d-4161-a323-0618c58bbbff
http://okinawanphotoks.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

宜野湾市にある「嘉数高台公園」です。
こちらは、沖縄戦の激戦地でした。今でも、日本軍が使用した「トーチカ」があり、平和の尊さについて、改めて学べる場ともなっています。

a2267bab-3d1d-42b0-ab6c-e67f88017672
http://okinawanphotoks.blog.fc2.com/blog-entry-82.html

公園内には、世界の平和を願うため地球儀をイメージした展望台があります。
高台ですので、晴れた日の眺望は素晴らしいです。
慶良間諸島や残波岬などまで一望出来る日もあります。
普天間基地を一望できる公園としても有名です。
訪れるタイミングによっては離発着を繰り返す米軍の航空機を間近で見る事もあるかもしれません。

嘉数高台公園の情報

場所:沖縄県宜野湾市 嘉数1丁目22−9
駐車場:あり(無料)

http://www.city.ginowan.okinawa.jp/

13.本部町伊豆見クメノサクラ

b23bdd6e-4cbb-4b1c-bdbc-0a40320fcb31
http://okinawaclip.com/ja/detail/259

本部町伊豆見の「クメノサクラ」です。
今までずっと、濃いローズピンクの寒緋桜のお花見スポットをお届けして来ましたが、こちらは唯一淡い色のピンクの桜です。
寒緋桜がとうに散ってしまった後の3月頃咲き始めます。
本部町の伊豆見は、山間部にありタンカン(沖縄のみかん)畑や、カフェなどの民家が点在するのどかな所です。
この県内でも珍しい、淡いピンク色のクメノサクラは、戦前、中国から久米島に導入されたものだそうです。
1955年にこの伊豆見の地で、個人の方が接木して増やしたのがきっかけだったそうです。

04e6a3af-8767-46d5-a794-4d75bb5bb574
http://okinawaclip.com/ja/detail/259

クメノサクラは咲き始めが白っぽく次第にピンク色になり、最後には、ひらひらと花びらが舞いながら散っていきます。
寒緋桜とは色だけではなく散りかたまで異なります。

「淡く、切ないと例えられる桜」として沖縄の人でも見れば感動するそうです。
また、観光で県外からいらした方にとっても、貴重なこの桜を見て気分もリフレッシュできるのではないかと思います。
観光地化されている訳ではなく、ひっそりと咲く美しい桜のスポットとなりますので住んでいる方への環境に配慮しながら、お花見を楽しんで見てくださいね。

本部町伊豆見クメノサクラの情報

場所:沖縄県国頭郡本部町伊豆見

http://okinawaclip.com/ja/detail/259

おわりに

無題

以上、で沖縄の桜の名所やお花見スポットの紹介を終わります。

いかがでしたでしょうか?

1月から2月と言いますと真冬ではありますが、沖縄県は亜熱帯気候ですから一足早く春を迎えています。
ぜひ、日本一早い桜のお花見を楽しみに沖縄にいらしてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします