折り紙で雪の結晶を作ろう!作り出すときっとはまる可愛いアイデア集

雨や雪の日におすすめなのが折り紙遊びです。特に雪の結晶の切り絵は、基本の折り方さえマスターすれば、オリジナルの結晶を作ることが出来るので親子で夢中になって遊べます。もちろん冬やクリスマスの時期に壁に飾っても素敵ですが、季節を問わず一年中親子で取り組めるお家遊びとしてもオススメです。番外編で切り絵以外の作り方もご紹介!ぜひチャレンジしてみましょう♪

準備するものと基本の作り方をチェック♪

こちらでは、雪の結晶を作るときに必要な道具や基本の作り方をご紹介します。雪の結晶の切り絵は折り方以外の流れはほぼ一緒です。まずは基本の作り方をマスターしてみて下さい。

作る前に道具を準備しましょう!

  • 折り紙(15cmの正方形タイプがおすすめ)
  • はさみ、カッター
  • ペンか鉛筆
  • 分度器(6つ折りと12折りで使用)
  • 定規(フリーハンドでもOK!)

キラキラ光る折り紙や透明の折り紙を使うと、より綺麗な結晶が出来ます。百均にもたくさんの種類の折り紙が販売されているので、要チェックですよ。

基本の作り方をマスターしよう♪

  1. 折り紙をベースの形に折ります。
    ※今回は、4つ折り、6つ折り、12折りベースをご紹介します。
  2. 鉛筆又はペンで雪の結晶の図案を書き込みます。
  3. 線にそってはさみ(カッター)で切ります。
  4. そっと開くと出来上がり♪

図案をカットする細かい作業では、お子様のはさみとカッターの使い方に十分ご注意下さい。小さなお子様の場合は、折る係・書く係・切る係・広げる係を親子で分担されてもいいですね。