d6c1af3f-cb3d-4a27-82f6-04d3ee8570f0

宮崎出身ライターがおすすめ!宮崎県高千穂町の観光名所15選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

南国とも呼ばれる宮崎県。そんな宮崎にある高千穂町には天孫降臨の神話が伝わっており、観光地として有名です。 今回は、宮崎県出身の私が高千穂町のおすすめの観光スポットをご紹介いたします。歴史ある建物や豊かな自然、そして美味しい食事、いろいろな視点からおすすめスポットを紹介していくので高千穂に観光に行かれる方は必見です!

縁結びや夫婦円満にご利益のある「高千穂神社」


http://takachiho-kanko.info/data/sightseeing/image/img_1336615324_5_d.jpg

最初にご紹介するスポットは、「高千穂神社」です。
高千穂郷にある八十八社の総社でもあり、縁結びや夫婦円満、諸願成就のご利益がある神社です。
「高千穂神社」の歴史は古く、約1900年前に創建された由緒正しい神社でもあります。
境内には、まっすぐと伸びた見事な夫婦杉や国の重要文化財に指定されている鉄造狛犬など見どころがたくさんありますよ。

高千穂神社の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1037
■TEL:0982-72-2413
■入場料:無料
■駐車場:あり

http://www.genbu.net/data/hyuga/takatiho_title.htm

天照大神が引きこもった絶大なパワースポット「天岩戸神社」


http://stat.ameba.jp/user_images/20130506/10/ami-amita/47/7e/j/o0480048012527731869.jpg

古事記や日本書紀に書かれている「天岩戸伝説」。
天照大神(アマテラスオオミカミ)が弟である素戔嗚命(スサノオノミコト)の乱暴の数々に怒り、引きこもったとされるのが天岩戸です。
天照大神は太陽を司る女神のため、天岩戸に引き篭ったあとは世界は暗闇に照らされてしまい、神々が天岩戸の前で宴を行って、楽しそうな雰囲気に外の様子を覗いてきた天照大神を天の岩戸から引きずり出したという伝説が「天岩戸伝説」です。

その天岩戸を御神体として祀っている神社が「天岩戸神社」なのです。
神社は、西宮・東宮の2つの宮があり、西宮には天岩戸が祭られており、社務所にて受付をすませれば、「天岩戸」を拝観することができます。
ちなみに、東宮は天照大神をお祀りしています。
諸願成就のご利益がありますので、最近パワーが足りないな…と思っている方におすすめの場所ですよ。

天岩戸神社の詳細情報

■場所:宮崎県西諸県郡高千穂町岩戸1073-1
■TEL:0982-74-8239
■入場料:なし
■駐車場:あり

高千穂伝統芸能「夜神楽」は必見!


http://takachiho-kanko.info/data/sightseeing/image/img_1339221054_5_d.jpg

高千穂神社で観光客向けにほぼ毎晩、「高千穂の夜神楽」が上演されています。
古くは、1189年の文献資料「旭大神文書」に記述されており、「夜神楽」という単語は1460年の「桑之内二神外宮宣命之状」に登場し、古くから継承されてきた伝統芸能で、国の重要無形民族文化財に指定されています。
元々は、豊穣祈願や毎年11月中旬~2月上旬に町内の集落でそれぞれ氏神を奉納していた神楽です。
現在では、期間中でなくてもほぼ毎晩、神話でも有名なイザナギノミコトやイザナミノミコトが行う伝統の夜神楽をダイジェストで見ることができます。

夜神楽の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037
■TEL:0982-73-1213
■入場料:700円
■駐車場あり
■日時:毎日※11月22・23日は高千穂神楽祭りのため、上演はありません。
■受付時間:19:00~
■上演時間:20:00~21:00

http://takachiho-kanko.info/kagura/

高千穂夜神楽の「夜神楽面の彩色体験」

8db799f2-5553-4bab-9f71-95278b5e23bd
https://scontent.xx.fbcdn.net/hphotos-frc3/v/t1.0-9/540268_593043734069621_571595731_n.jpg?oh=dd59ad3d38e0fd5b3de0bc1efc594931&oe=572AD21C

高千穂の夜神楽で使われているお面ですが、そのお面の「彩色体験」を行うことができます。
夜神楽のお面は桐や楠などの木を使用していますが、色付け体験用のお面は観賞用の素焼きのお面を使用しているので、完成したものをお土産にすることも可能です。
自分の個性を活かしたお面を作ってみてください。

夜神楽面の彩色体の験詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井802-3
■TEL:0982-73-1800(申し込み先:高千穂町観光協会旅行センター )
■定休日:不定休
■申し込み日期日:1週間前

http://takachiho-kanko.info/tour/detail.php?log=1340071387

絶景の雲海が目の前に広がる「国見ヶ丘」


http://takachiho-kanko.info/data/sight_photogallery/image/img_1337010488_2_l.jpg

秋から初冬にかけて、標高513mの「国見ヶ丘」に登って高千穂盆地を見下ろすと、幻想的な雲海が広がります。
山々の間に沈みこんだ雲がまるで、雲の上にいるかのような気持ちにさせてくれます。
まるで自分も神話の世界に迷い込んだ気持ちにさせてくれますよ。
本格的な雲海は年に数回程度で、雲海をみることができるタイミングはありますが、雲海がみれなくても国見ヶ丘から見下ろす景色は、2011年の「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で一つ星を獲得した素晴らしい眺望です。
ぜひ、国見ヶ丘から神様になった気分で下界をみおろしてみませんか?

国見ヶ丘の詳細情報

■場所:高千穂町大字押方
■TEL:0982-73-1213(一般社団法人高千穂町観光協会)
■駐車場:あり

http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php

自然が作り出した美しい絶景スポット「高千穂峡」


http://takachiho-kanko.info/data/sight_photogallery/image/img_1337009364_2_l.jpg

高千穂峡は、はるか昔の阿蘇山の噴火により流れて出た火砕流が五ヶ瀬川を流れた際に急激に冷却されたことにより、柱状節理の渓谷です。
渓谷に流れこむ「真名井の滝」は、滝百選にも選ばれています。
ボートが貸し出しされているので、滝を間近でみたり、柱状節理の渓谷の中をゆったりと進んで、マイナスイオンを浴びることができます。

高千穂峡の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井御塩井
■TEL:0982-73-1213(一般社団法人 高千穂町観光協会)
■駐車場:あり
■入場料:なし ※別途ボート代

http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php?cate=all&nav=1

高千穂峡に来たら流しそうめん!


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1338279048_8_d.JPG

昭和30年から営業している老舗の御茶屋さん「おのころ茶屋」には、名物の流しそうめんがあります。
流しそうめんに使用されている水は、「玉垂の滝」から引いている湧き水なので、ひんやりとした水で引き締められたそうめは、のど越しがよくいくらでも食べれてしまいます。
流しそうめんのほかにはヤマメの塩焼きや宮崎名物の冷や汁、白玉などのスイーツもありますよ。
ぜひ、高千穂渓谷の自然で心に栄養を補給したら、身体にも美味しい栄養を補給しましょう!

おのころ茶屋の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井御塩井965-2
■TEL:0982-72-3931
■営業時間:9:00~17:00
■定休日:12~3月まで休み。4~11月は無休
■駐車場:あり

http://tabelog.com/miyazaki/A4505/A450502/45000506/

山奥の石蔵を改良したカフェ「むすびカフェ 千人の蔵」


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1365839011_8_d.jpg

山奥にひっそりとたたずんでいた石蔵を改良してできたのが「むすびカフェ 千人の蔵」です。
開放的なテラス席と、ゆったりと寛ぐことができる店内の席ヶあります。
メニューは、高千穂の上川登集落で作られているお米を使用したメニューがメインです。
おむすびやカレーなどの御飯の美味しいメニューがそろっています。
アットホームな雰囲気のカフェでゆったりとした田舎の時間を楽しみたい方におすすめのカフェです。

むすびカフェ 千人の蔵の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字岩戸五ヶ村92-2
■TEL:0982-74-8080
■営業時間:11:00~18:00
■定休日:火曜・水曜
■駐車場:あり(10台程度)

http://www.amanoiwatoonsenmura.jp/cms/senninnokura/

廃校になった学校の一角にある「山の学校レストラン 菜膳」


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1374113200_5_d.JPG

「山の学校レストラン 菜膳(さいぜん)」は、名前のとおり廃校になった学校の中にあります。
学校の倉庫を改装してできたレストランで、童心の頃にもどって、探検するような気持ちで入ることのできるレストランです。
菜膳は、山や畑で収穫される山菜や野菜をふんだんに使用した料理を堪能することができます。
完全予約制のレストランなので、訪れる際は事前予約をして於いてください。

山の学校レストラン 菜膳の詳細情報

■場所:高千穂町向山1232番地(向山小学校跡)
■TEL:080-5200-1831 
■営業時間:11:00~14:00
■定休日:不定休
■駐車場:あり

https://www.facebook.com/pages/%E5%B1%B1%E3%81%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3-%E8%8F%9C%E8%86%B3/462357477176645

高千穂の野菜と高千穂牛を味わうなら「野菜料理 田の花」


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1338517565_8_d.jpg

「宮崎県認定 地産地消こだわりの料理店」に認定されています。
天岩戸へ向かう途中にあるモダンな和風の創作料理店です。
東京などで和食の修行を積んだご主人が地元高千穂町で採れた野菜や、美味しい高千穂牛を味わうことができるレストランです。
高千穂のグルメを一気に楽しみたい方におすすめです。

野菜料理 田の花の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井4587
■TEL:0982-76-1087
■営業時間:11:30~15:00(15:00以降、ディナーは要予約)
■定休日:不定休
■駐車場:あり

http://r.goope.jp/tanohana

国見ヶ丘の麓にあるお宿「雲海の宿 千木」


http://www.chigi-takachiho.jp/dish/images/slideshow/01.jpg

幻想的な雲海が見れる「国見ヶ丘」へのアクセス良好な宿が「雲海の宿 千木」です。
雲海は、秋から初冬の朝早い時間に見ることができるので、早起きして直接雲海を見たいという方におすすめの宿です。
お部屋は、和室と洋室の2タイプあり、畳の和室でゆっくりと足をのばして寛いだり、布団が苦手なかたは洋室でプライベートタイムを過ごすことができます。
フロントには、小さな囲炉裏があり、どこかノスタルジックでりながらモダンな雰囲気の旅館です。
食事は、地産地消にこだわった旬の食材を使用しており、高千穂の季節を舌と目で楽しむことができます。

雲海の宿 千木の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町押方404―6
■TEL:0982-72-2821
■チェックイン/チェックアウト:15:00~/10:00

http://www.chigi-takachiho.jp/index.html

ひっそりとたたずむ高千穂町の欧風宿「ぶどうの樹」


http://budounoki.jp/food/assets_c/2015/08/dinner-thumb-320×213-67508.jpg

高千穂町で採れた地元の食材をシェフが吟味し、手作りのフレンチを楽しむことができます。
ぶどうの樹は、家族4人で経営されているアットホームなお宿です。
お部屋は全室6室洋室で、広さなどは用途や人数によって決めることができます。
部屋数も少ないので、ゆったりとプライベートの時間を過ごしたい方にお勧めです。
ちなみに、高千穂峡からも近いので、観光地からのアクセスも良好です。

欧風宿 ぶどうの樹の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町ぶどう村1222
■TEL:0982-72-6595
■チェックイン/チェックアウト:16:00~10:00
■駐車場:有り

http://budounoki.jp/

特別なプライベートタイムを過ごしたい方におすすめの宿「高千穂旅館 神仙」


http://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y0/Y322840/Y322840249.jpg

神話の里で上質でラグジュアリーな時間を過ごしたい方は「高千穂旅館 神仙」はいかがでしょうか?
全室に露天風呂や檜風呂がついており、和洋室・和室・メゾネットタイプのお部屋を選ぶことができます。
食事は、選りすぐりの素材の味を活かした京風懐石料理とワインで至福の時間を過ごすことができます。
特別な時間を過ごしたい方におすすめの旅館です。

高千穂旅館 神仙の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町大字三田井1127-5
■TEL:0982-72-2257
■チェックイン/チェックアウト:14:00~18:00/11:00
■駐車場:あり

http://www.takachiho-shinsen.co.jp/

お土産購入ならココ!「高千穂 トンネルの駅」


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1338524072_8_d.jpg

宮崎といえば、焼酎が有名です。
焼酎を製造している神楽酒造では、廃線となった線路にある「トンネル」を利用して天然の焼酎の貯蔵庫にしている「高千穂 トンネルの駅」があります。
トンネル内は温度17℃前後と湿度70%前後に常に保たれており、トンネルの隣にある物産館では焼酎の試飲をすることができます。
気になる焼酎を試飲して、お気に入りの1本をお土産にいかがでしょうか?
焼酎のほかにも神楽酒造のリキュールなども販売されていますよ。
車を運転する方は、試飲はご遠慮ください。

高千穂 トンネルの駅の詳細情報

■場所:宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸144-1
■TEL:0120-44-8801
■営業時間:9:00~18:00(冬期17:30)
■定休日:無休

http://www.kagurashuzo.co.jp/index.php?id=6

高千穂お土産には、大人のチーズ饅頭はいかが?


http://takachiho-kanko.info/data/gourmet/image/img_1445559070_5_d.jpg

高千穂には色々なお土産がありますが、中でもおすすめなのが高千穂にしかない大人のチーズ饅頭です。
菓子工房「そらいろ」のチーズ饅頭は、ゴルゴンゾーラチーズにブラックペッパーの効いた刺激的なチーズ饅頭と、トマトとチーズの旨みが凝縮されている「ごくとま」と呼ばれるチーズ饅頭があります。
ゴルゴンゾーラの方は、ワインに合う美味しいさで、ごくとまは、トマトの美味しさをふんだんに味わうことができる癖になる美味しさです。
もちろん、スタンダードなチーズ饅頭もありますよ。
ぜひ、お土産迷った方は菓子工房 そらいろのチーズ饅頭をどうぞ!

菓子工房 そらいろの詳細情報

■場所:高千穂町三田井1050
■TEL:080-9243-9606
■営業時間:7:00〜18:00
※季節によって変動しますので、事前のお問い合わせをお勧めします。
■定休日:不定休
■駐車場:あり

http://takachiho-kanko.info/gourmet/detail.php?log=1445559070&cate=&nav=1

まとめ

宮崎県内でも、緑が多くどこか神秘的な高千穂。
天孫降臨の地として、色々な神話の世界のスポットやパワースポットが他にもあります。
最近、リフレッシュできてないな…と言う方におすすめですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします