オールタイムベスト10!私の好きなクライム・アクション映画

私が今まで観てきた映画の中で、やっぱり一番好きなジャンルはクライム・アクションです!アンチヒーローやギャングに憧れのような気持ちを抱いて早や数十年、お気に入りの10作品を好きなポイントでまとめてみました。特に好きな言語系に焦点を当てています!

1)ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994)

《“マスメディアが作り上げた衝撃のバイオレンス・ヒーロー!”強烈な問題作》

オリバー・ストーン監督、ウディ・ハレルソン、ジュリエット・ルイス主演のクライム・アクション映画で、原案をクエンティン・タランティーノが担当し、殺人・暴力をエンターテインメントとして消費し続けてきたアメリカ社会とマスメディアへの強烈な風刺をテーマとしています。


www.amazon.co.jp

【好きなポイント①】サブリミナル効果?!のようなめまぐるしい映像

フィルムやVTR、アニメ合成やMTVのように目をつぶる暇も与えないハイスピードな映像が展開されます。いわゆるごった煮ですが、そういうコラージュ映像が大好きです!

【好きなポイント②】アクの強すぎるキャスティング!

主演のウディ・ハレルソンとジュリエット・ルイスのミッキー&マロリーはもちろん、脇を固める俳優のアクの強さがすごいです!特にTVリポーターとしてミッキーとマロリーを追うウェイン・ゲイル役のロバート・ダウニーJr.と、刑務所長のドワイト・マクラスキー役のトミー・リー・ジョーンズが強烈な印象を残します。
宿を提供したのにミッキーに撃たれてしまうネイティブ・アメリカンの老人が話すのはネイティブ・アメリカンの言葉で、予言のような神秘的な響きを醸し出しています。

【好きなポイント③】トレント・レズナーのサントラ

高い評価を受けたこの作品のサントラ盤は、ナイン・インチ・ネイルズのトレント・レズナーが担当しています。その音楽も映像同様すさまじいコラージュ作品で、本編では75曲もの楽曲が使われていますが、サントラには全部は収録されず、それでも厳選27曲もの楽曲が収録されています。特におすすめな曲はオープニングのレナード・コーエン♪ウェイティング・フォー・ザ・ミラクル、ナイン・インチ・ネイルズの書き下ろし曲♪バーン、刑務所の暴動中流れるドクター・ドレーの♪ザ・デイ・ザ・ニガーズ・トゥック・オーバーです。

2)時計じかけのオレンジ(1972)

《ウルトラ・ヴァイオレンスと反逆児(ドルーグ)たち!シニカルな近未来的ディストピア》

アンソニー・バージェスのディストピア(dystopia=ユートピアの対語)小説を原作にした、スタンリー・キューブリック監督、マルコム・マクダウェル主演の近未来的ジュブナイル作品です。暴力・統制に対するアンチテーゼとなっています。


www.amazon.co.jp

【好きなポイント①】ベートーベンとルドヴィコ療法

暴力行為に何の疑問も抱かずに仲間たちと“ウルトラヴァイオレンス”に明け暮れる主人公アレックスが、至上の喜びとしているのが敬愛するベートーベンの楽曲を聴くこと。しかし特に大好きな「第九」を、矯正実験として、吐き気がするほど嫌いになってしまうルドヴィコ療法を施されます。全編通して映画音楽としてのベートーベン楽曲の使い方が秀逸です!

1 2 3 4 5