おすすめしてはいけない、でもおすすめしちゃう危険な邦画厳選8選!

見たいと思っていた映画を最近たくさん見ました。その中にはどう感動したらよいのか全くわからない、しかしある意味面白い映画がありまして、今回は皆様にも同じモヤモヤな気持ちをぜひ味わって頂きたかったのでご紹介してしまいます!

グロテスク

c1ff3b38-08b7-443a-beef-c319443b9a56
www.amazon.co.jp

あらすじ

恋人として付き合う直前の男女が突然何者かに誘拐、拘束される。一人の男に延々と拷問される二人だが、男は彼の方に「彼女のために死ねるか?」 と聞く。彼がうなずくと更にひどい拷問が待っていた。

2009年、白石晃士監督作品。
キャスト:長澤つぐみ、川連廣明、大迫茂生

ある意味おすすめ映画です。こういう映画もあるんだなっ、と思っていただければ……。ただ言っておきたいことは、ひどい映画です。内容はもう殆ど拷問のみですから。
残酷でその上アダルトビデオかと思う場面もありますので、良い子に見せてはいけません。
タイトルを知ってずっと見たかった映画なのですが、いやはやいやはや、こういう映画とは思いませんでした。
乳首チョン!タマタマザクッ、腕ザクッ、息子さんチョン!恐怖の腸結びっ!とかまだまだありますね。
救いは73分という時間の短さでしょうか。
ただ、その拷問の方法はかつてなかった斬新さです。そしてラストでちょっとだけ映画らしい内容が盛り込まれます。拉致監禁されてひどい目にあわされていた女の子が最後に犯人の弱点を突きます。でもそれによって女の子はもっとひどい目にあうわけですが、その時ばかりはちょっと女の子のことを殴りたくなる気持ちもわかりました。
謎の男役の大迫茂生は舞台や映画で活躍している人ですが、いい演技してます!ナチュラルなサイコ演技。最初から最後までずっと頭の片隅に「笑い飯の哲夫」が思い浮かんではいましたが、良い役者さんです。
主演の長澤つぐみは元AV女優でしたが卒業して、タレントと女優業をこなしています。東京残酷警察のワニ女だったんですねー!気付かなかった。
最悪な映画かもしれませんが、見てちょっとしてから思い起こすと、この映画見て良かったかもと思ってしまったわたくしがいます。

1 2 3 4 5 6 7 8