必ずラストに深く感動するヒューマンドラマ映画ベスト10

一般的にも私的にもいわゆる“鉄板”の感動ヒューマンドラマを敢えてチョイスしてみました!もう観たよ…もう知ってるよという方でも納得の〈感動ポイント〉解説とともに、振り返ってもう一度鑑賞してみましょう。『シリアスな演技で魅せる!実力派ブラッド・ピットのヒューマンドラマ映画9選』ではブラッド・ピットのヒューマンドラマを紹介しています。ヒューマンドラマ好きの人は必見です♪泣ける映画は何回観ても泣けます!

ショーシャンクの空に(1994)

《どんな逆境の中でも決して希望を捨てず生き抜く!“自由への闘い”の物語》

フランク・ダラボン監督、ティム・ロビンス主演、スティーブン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」(1982)を原作とした作品です。観終わった後、必ず深い感動と勇気をもらえる映画です!

ヒューマンドラマ 映画
www.amazon.co.jp

〈感動ポイント①〉ロック・ハンマーとリタ・ヘイワースのポスター

有能な銀行員だった主人公アンディは、冤罪によってショーシャンク刑務所に投獄されてしまいます。暴力にあっても屈することなく抵抗を続けるアンディは、悪辣な環境の刑務所を少しずつ住みよく変えていきます。もちろん自由になるという希望は捨てずに…。そのために彼は趣味として鉱石採取用のロック・ハンマーと、ハリウッドスターのリタ・ヘイワースの大判ポスターを手に入れるのです。

〈感動ポイント②〉豪雨の中とメキシコの海

物語の大きな転換点である、アンディが豪雨の中で両手を広げているシーンは、DVDのカバーにもなっていますが、確かに一番重要な場面ではあります。それでも私が一番お勧めしたいシーンは、やはりラストのどこまでも青く美しく広がるメキシコの海です。最後にこの海を見てしまうと、最後まで諦めずにどんな逆境にも立ち向かって、その時のベストを尽くして生き抜かなくては!と思わずにはいられません。
フランク・ダラボン監督はこの作品の後、再びスティーブン・キング原作で『グリーンマイル』を撮っていますが、この作品も深い感動を与えられる傑作だと思います。

ニュー・シネマ・パラダイス(1988)

《映画を愛するすべての人へ―ノスタルジックな“映画愛と青春”の物語》

ジュゼッペ・トルナーレ監督、フィリップ・ノワレ主演のイタリア映画です。少年トトを演じたのはサルヴァトーレ・カシオで、現在は芸能界を引退し、故郷のシチリア島でレストラン兼宿泊施設を経営しているそうです。劇中のエンニオ・モリコーネの音楽はいまも心に残っています。

ヒューマンドラマ 映画
URLを入力www.amazon.co.jp

〈感動ポイント①〉新パラダイス座と古き良き映画たち

主人公トトはシチリア島の僻地の村で暮らす少年で、村唯一の娯楽・教会兼映画館へ足しげく通っていました。そこはトトにとって世界を知る窓であり、村人との共感空間でした。そこで出会ったアルフレード映写技師と親しくなり、映写機の操作を覚えていきます。火事により焼失した映画館は“ニュー・シネマ・パラダイス”(新パラダイス座)として生まれ変わりました。映写技師として働き始めたトトにとって、そこで上映される古き良き映画の数々は青春そのものでした。
現代では家で気軽にDVDやテレビで映画鑑賞できますが、当時は映画館に行かないと映画が観られない時代でした。映画館そのものが映画との思い出の場所になっていたのです。

〈感動ポイント②〉人生の師アルフレード

初恋と兵役、そして映写技師としての失職と失恋―失意のトトにアルフレードは厳しい言葉を投げかけます。「人生はお前が観た映画とは違う、もっと困難なものだ!」。映画の素晴らしさと人生の厳しさを教えてくれたアルフレードが、トトに残してくれたフィルムに自然と涙があふれ出します!

フィールド・オブ・ドリームス(1989)

《すべての野球好きの父と息子に観てほしい、“夢の球場”の物語》

フィル・アルデン・ロビンソン監督、ケビン・コスナー主演、原作はW・P・キンセラの「シューレス・ジョー」(1985)で、アメリカの実在の作家サリンジャーが登場しています。

1 2 3 4 5