おすすめの恋愛映画!感動間違いなしの12本(洋画&邦画)

洋画のスケールの大きな恋愛映画、邦画のしみじみとした恋愛映画、どちらがお好みですか?
それぞれの良いところのポイントを押さえつつ、同じテーマの映画を対比しながらみていきましょう!

恋愛映画が大好きな人も、普段はあまり見ないけどたまには感動&キュンキュンしたい人も、観ていないと損する超名作ばかりを厳選しました。

恋愛映画をテーマ別に12作品紹介します

ひとえに恋愛映画といっても、その愛のカタチは様々です。
今回は、次のような6つのテーマに沿って、洋画と邦画をそれぞれ紹介していきます。

・死んでも愛する人を守る→「ゴースト/ニューヨークの幻」「いま、会いにゆきます」
・恋愛における障害→「きみに読む物語」「ジョゼと虎と魚たち」
・手紙というツール→「P.S.アイラヴユー」「Love Letter」
・身分違いの恋→「タイタニック」「BALLAD 名もなき恋のうた」
・恋愛と記憶→「エターナル・サンシャイン」「世界の中心で、愛を叫ぶ」
・年の差の恋愛→「レオン」「娚の一生」

1.ゴースト/ニューヨークの幻(1990)

《たとえ死んでも愛する人を守る!ゴーストの世界を描くロマンス・ファンタジーの傑作》

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・エディション [DVD]

ジェリー・ザッカー監督、パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア主演で、いまだ恋愛映画の名作に名を連ねるこの作品は、一方でゴーストの世界を見せるファンタジーであり、ホラーでもあります。またサスペンス、コメディの要素もあるエンターテインメント性の高い恋愛映画です。

〈リメイクと主題歌〉

2010年には『ゴースト もういちど抱きしめたい』として日本でリメイクされています。主演は松島菜々子とソン・スンホンで、本家『ゴースト』とは逆に、主人公の女性・七海の方がゴーストとなっています。ウーピー・ゴールドバーグが演じた霊媒師オダ=メイにあたる役を樹木希林が演じています。
リメイク版主題歌は平井堅の♪アイシテル、本家『ゴースト』の主題歌はライチャス・ブラザーズの♪アンチェインド・メロディで、当時リバイバル大ヒットした曲です。

〈サスペンスとコメディ要素〉

サスペンス要素は、主人公サムが巻き込まれて死んだ事件に裏があり、ゴーストになった後に犯人捜しを始めていくところです。
コメディとしては、名コメディエンヌでもあるウーピー・ゴールドバーグ演じるオダ=メイとサムとの掛け合いが絶妙に笑えます!最後にこの二人の間にも友情のようなものが芽生え、感動がプラスされる演出がドラマに厚みを加えています。

2.いま、会いにゆきます(2004)

《一年前に死んだ妻との再会!梅雨に訪れた奇跡を描く純愛ファンタジー》

1 2 3 4 5 6 7 8