51Ds-uqqPWL

恋愛映画のおすすめ作品!感動する12本をご紹介(洋画&邦画)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洋画のスケールの大きな恋愛映画と邦画のしみじみとした恋愛映画、どちらがお好みですか?それぞれの良いところのポイントを押さえつつ、同じテーマの映画を対比しながらみていきましょう!最後に本当に感動する作品は一体どれでしょう?

恋愛映画をテーマ別に12作品紹介します

ひとえに恋愛映画といっても、その愛のカタチは様々です。
今回は、次のような6つのテーマに沿って、洋画と邦画をそれぞれ紹介していきます。

・死んでも愛する人を守る→「ゴースト/ニューヨークの幻」「いま、会いにゆきます」
・恋愛における障害→「きみに読む物語」「ジョゼと虎と魚たち」
・手紙というツール→「P.S.アイラヴユー」「Love Letter」
・身分違いの恋→「タイタニック」「BALLAD 名もなき恋のうた」
・恋愛と記憶→「エターナル・サンシャイン」「世界の中心で、愛を叫ぶ」
・年の差の恋愛→「レオン」「娚の一生」

1.ゴースト/ニューヨークの幻(1990)

《たとえ死んでも愛する人を守る!ゴーストの世界を描くロマンス・ファンタジーの傑作》

51Ds-uqqPWL

http://www.amazon.co.jp/dp/B00KUNZXMC?tag=iremono05-22

ジェリー・ザッカー監督、パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア主演で、いまだ恋愛映画の名作に名を連ねるこの作品は、一方でゴーストの世界を見せるファンタジーであり、ホラーでもあります。またサスペンス、コメディの要素もあるエンターテインメント性の高い恋愛映画です。

〈リメイクと主題歌〉

2010年には『ゴースト もういちど抱きしめたい』として日本でリメイクされています。主演は松島菜々子とソン・スンホンで、本家『ゴースト』とは逆に、主人公の女性・七海の方がゴーストとなっています。ウーピー・ゴールドバーグが演じた霊媒師オダ=メイにあたる役を樹木希林が演じています。
リメイク版主題歌は平井堅の♪アイシテル、本家『ゴースト』の主題歌はライチャス・ブラザーズの♪アンチェインド・メロディで、当時リバイバル大ヒットした曲です。

〈サスペンスとコメディ要素〉

サスペンス要素は、主人公サムが巻き込まれて死んだ事件に裏があり、ゴーストになった後に犯人捜しを始めていくところです。
コメディとしては、名コメディエンヌでもあるウーピー・ゴールドバーグ演じるオダ=メイとサムとの掛け合いが絶妙に笑えます!最後にこの二人の間にも友情のようなものが芽生え、感動がプラスされる演出がドラマに厚みを加えています。

2.いま、会いにゆきます(2004)

《一年前に死んだ妻との再会!梅雨に訪れた奇跡を描く純愛ファンタジー》

51hvcBP1f-L
http://www.amazon.co.jp/dp/B00061Q6VK?tag=iremono05-22

土井裕泰監督、竹内結子、中村獅童主演の恋愛映画で、雨の季節に戻ってくると約束して亡くなった妻が、本当に一年後姿を現すというファンタジー作品です。夫の巧と息子の佑司は妻・母を亡くしたことを悔やんでいて、再会に戸惑いながらも、再び絆を取り戻していくという物語です。タイムジャンプと臨死体験がキーテーマとなっています。

〈TVドラマ化と主題歌〉

映画のヒットを受け、TVのシリーズドラマとして2005年7月~9月のTBS系日曜劇場で放送されました。主演はミムラ、成宮寛貴で、息子の佑司を映画と同じ武井証が演じています。原作も映画と同じ市川拓司です。
映画とドラマ両方の主題歌をオレンジレンジが担当していて、映画は♪花、ドラマは♪キズナで、どちらも大ヒットしました。

〈作者の体験がベース〉

原作者の市川拓司の病気体験や妻との恋愛をベースとした作品で、主人公の巧の病気は「脳内で化学物質が異常分泌される奇病」とされています。
テレビドラマではシリーズということを生かして、主人公の家族とその周辺の人々との関わりも時間をかけ丁寧に描いています。
洋画『ゴースト』との違いは、息子との絆・家族の絆を通して夫婦の愛を描いている部分でしょうか。やはり邦画は夫婦の絆=家族の絆というテーマが多いように思います。

3.きみに読む物語(2004)

《ノートに書かれた純愛物語―“読み聞かせ”が真実の愛を呼び起こす!》

511rR4BhesL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00ENVRRHQ?tag=iremono05-22

ニック・カサヴェテス監督、ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス主演の恋愛映画で、認知症を患う老女に、毎日ノートに書かれた恋物語を読み聞かせるデュークという老人が、その語りで一つの奇跡を起こす物語です。作中劇の形をとりながら展開します。

〈一年に365通の手紙〉

1940年のアメリカ南部の町シーブルックで、ひと夏の恋におちたノアとアリー。夏が終わってアリーが自分の町へ帰る時、両親の反対にあい二人は離ればなれになります。ノアは一年間365通、つまり毎日アリーへ手紙を送り続けました…けれどアリーの母が隠していたため、二人の気持ちはすれ違うことになります。
365通の手紙にノアのアリーへの思いのすごさを感じます。身分違いの恋には、これくらいの覚悟が必要だったのでしょうか!

〈原題は「The Notebook」〉

アルツハイマー性認知症により、過去の思い出を失ってしまった老女が主人公で、病とはいえ、思い出のすべてを忘れるという事実は辛く悲しいことです…当事者にとっては特に!
そしてノートに綴られた恋物語がすべてを思い出させるカギなのです。読み聞かせるという行為が脳に与える奇跡なのでしょうか?デュークは前述のノアの手紙も読み聞かせます。
この映画では、「身分違い」と「認知症」という二つの障害が大きなテーマとなっています。

4.ジョゼと虎と魚たち(2003)

《歩けない少女ジョゼとの出会い―障害を乗り越えることの困難さを描く初恋物語》

41PtklLLhOL
http://www.amazon.co.jp/dp/B0086TJR7Y?tag=iremono05-22

犬童一心監督、妻夫木聡、池脇千鶴主演の恋愛映画で、原作は田辺聖子、主題歌はくるりの♪ハイウェイです。
大学生の主人公・恒夫が出会った乳母車に乗って散歩する少女ジョゼ。彼女は足が不自由でも意志の強い少女でした。二人の出会いと別れを描いた、ジョゼの初恋物語です。

〈「ジョゼ」「虎」「魚たち」〉

「ジョゼ」とは本名ではなく、ジョゼことくみ子が愛読するフランソワーズ・サガンの小説から付けたもの。虎はジョゼ曰く「一番怖いもの」で、好きな男ができた時すがれるから本物を一緒に見たかったものです。この夢は実現します。魚たちは結局本物はみれず、ジョゼが恒夫との別れを意識するきっかけとなっていきます。

〈本当の障害とは〉

両親に紹介するため法事へジョゼを連れて旅行に出る恒夫でしたが、ジョゼが見たがっていた水族館が閉館していたことで、すべてが急転します。突然、足に障害のあるジョゼとの未来という現実にひるむ恒夫…。
若い恋にとっての本当の障害とは、お互いの覚悟の違いなのではと思います。ジョゼにとっては、この初恋は自立と自身への大きな一歩となるのです。

5.Love Letter(1995)

《もういない恋人に出した手紙―不思議な文通が明かす切ない恋物語》

41Zrz610DEL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B109QNA?tag=iremono05-22

岩井俊二監督、中山美穂主演の恋愛映画で、岩井俊二の長編映画第一作目です。
山岳事故で恋人を失った主人公・博子が出した届くはずのないラブレター。そこから始まる不思議な文通が、知られざる二つの恋を伝えることになります。中山美穂が博子と、文通相手の女性・樹の二役を演じて話題になりました。

〈同姓同名の男女〉

神戸の博子と小樽の樹の間で交わされる文通で、博子の恋人・藤井樹の中学時代の淡い恋が明らかになっていきます。博子と文通する樹は彼と同姓同名で、しかも同じ中学の同級生だったのです。普通ならありえないことが、重なっていくファンタジーのような初恋の物語です。

〈文通という手段〉

いまどき「文通」という言葉自体、知らない人もいるかもしれない時代になっても、まだこの映画が恋愛映画の名作としてランキングに入っているのは、手紙という手段が「時間をかけて育む」という独特なものだからではないでしょうか?愛を育むにも、愛を忘れていくのにも時間が必要なのです。

6.P.S. アイラヴユー(2007)

《亡き夫からの消印のない手紙―喪失感から立ち直る勇気をくれる家族の愛の物語》

51i+FXeZCWL
http://www.amazon.co.jp/dp/B001Q2HO32?tag=iremono05-22

リチャード・ラグラヴェネーズ監督、ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー主演の恋愛映画です。
ニューヨークに住むホリーは最愛の夫ジェリーを脳腫瘍で亡くしたばかり。周りの励ましもむなしく、彼女は過去の日々にとらわれていました。そんな中30歳の誕生日に、亡き夫から消印のない手紙が届き始めます。そしてジェリーの故郷アイルランドで手紙の届け主を知ることになるのです。

〈少しずつ届く10通の手紙〉

ホリーの誕生日に最初の一通目が届き、その後も場所を変え人を変え、人を介して手紙は届きます。少しずつホリーを元気づけていくように―。やはり手紙というツールは「時を育む」ことにかけては最も有効なコミュニケーションなのです。

〈手紙の届け主〉

ジェリーに手紙を託されたのが誰かということが、ラスト近くで明かされ、こんなところにも愛の物語があったのかと感動する場面になっています。時が心の傷を癒してくれると信じているからこそ、ジェリーはホリーに手紙を遺したのでしょうか。

7.タイタニック(1997)

《運命と身分が引き裂いた恋!悲劇の沈没船タイタニック号上で揺れる人間模様》

51WDeiLVwqL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00EJIRKFC?tag=iremono05-22

ジェームズ・キャメロン監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット主演の恋愛映画で、主題歌はセリーヌ・ディオンの大ヒット曲♪マイ・ハート・ウィル・ゴー・オンです。後に3D映画として劇場公開もされました。
貧しくも才能ある画家志望の青年ジャックと、政略結婚による束縛で自由を奪われている上流階級の令嬢ローズとの恋を描いたラブ・ストーリーであり、1912年に実際に起きた豪華客船タイタニック号沈没事故を物語の舞台としたパニック映画でもあります。

〈碧洋のハートと一枚の絵〉

タイタニックと共に沈んだと言われる世界最高峰のダイアモンド“碧洋のハート”をトレジャーハンターが調査するところから物語は始まります。しかし発見されたのは一枚の絵画。しかも裸体の女性が“碧洋のハート”らしきダイアモンドをつけた絵でした。このダイアモンドの行方がこの物語の要となっていきます。

〈身分階級と女性の自由〉

前半はジャックとローズの身分も境遇も超えて惹かれ合う純粋な恋を、後半は氷山に衝突し沈没していくタイタニック号の悲劇を描いています。緩急のあるスリリングな展開で、否が応でも二人の恋と船の行く末にハラハラさせられます。
また、階級やしきたりに縛られているローズを、自由に恋する喜びや解放感を味わわせるジャックに、やはり憧れを抱かずにはいられません!

8.BALLAD 名もなき恋のうた(2009)

《名もなき武士と姫の身分違いの恋―春日の国に吹き荒れる戦乱の中、姫と城を守る!》

51UYgPfivyL
http://www.amazon.co.jp/dp/B0034V555W?tag=iremono05-22

山崎貴監督、草なぎ剛、新垣結衣主演の戦国時代劇で、「クレヨンしんちゃん」のアニメ映画を原作としています。主題歌はタイトルと同名でalanが歌う壮大な曲です。
戦国時代の春日の国の武士・井尻又兵衛と廉姫の淡い恋を中心に描いています。原作通り、クレヨンしんちゃん一家がこの時代にタイムスリップして又兵衛を助ける展開ですが、名前や設定の相違もあります。

〈クレヨンしんちゃんの原作〉

アニメ映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』(2002)がこの映画の原作で、劇場版映画シリーズ第10作目です。映画は又兵衛と廉姫の恋を中心にしてはいますが、ストーリーは原作アニメに忠実に作られています。

〈戦国時代の恋愛〉

身分の差が厳しかった時代、たとえ幼なじみでも、一国の姫と一介の武士とはお互いに想い合っていても、その気持ちを伝え合うことすらできなかったのです。ここに平成の時代から来たしんちゃん一家が入ってくる要素が、この時代の歯がゆい恋模様に一石を投じます!
又兵衛と廉姫の恋の行方にも胸が熱くなりますが、しんちゃん一家の家族の絆も物語の要になっています。

9.エターナル・サンシャイン(2004)

《恋した相手の記憶を消すことができるとしたら―恋愛の“普遍性”に焦点を当てた傑作》

51uCUsYSqdL
http://www.amazon.co.jp/dp/B007UUGIIG?tag=iremono05-22

ミシェル・ゴンドリー監督、ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット主演のSF要素のある恋愛映画です。
「記憶除去手術」という、特定の相手の記憶のみを消すことができる手術を受けた男女の恋の行方を描いています。秀逸な曲本によりアカデミー脚本賞を受賞しています。
主人公ジョエルは手術の最中に、どうしても消したくない恋人クレムとの思い出に行きつき、抵抗を始めます。

〈記憶をたどる〉

手術に入ってからは、ジョエルのクレムとの恋を巻き戻しで再生していくような形でストーリーは進行します。その奇抜な発想は、大切な恋の時間と思い出を強調しています。なにより、記憶を消していく映像が独特でユニークです!

〈それでも繰り返す〉

手術は結局終わってしまい、ジョエルの記憶からクレムは消えてしまいます。それでも二人はまた再び出会うのです。一本のテープが終わってしまっても、また再生できるように―人は恋というループを繰り返すものなののでしょうか?
記憶ループの中の時系列ヒントは、クレムの髪の色の変化です。

10.世界の中心で、愛を叫ぶ(2004)

《一本のテープがつなぐひとつの恋の記憶―愛の喪失と再生の物語》

51CCA4NBYEL
http://www.amazon.co.jp/dp/B0002KU98Q?tag=iremono05-22

行定勲監督、大沢たかお、柴咲コウ、長澤まさみ、森山未來主演の恋愛映画で、平井堅が歌った主題歌♪瞳をとじても大ヒットしました。世の中に“セカチュー”ブームを巻き起こし、同年にテレビドラマ化もされました。
故郷の高松へ恋人・律子を探しに行った主人公・朔太郎は、そこで育み失った高校時代の恋人・アキを思い出します。そして律子と共に失った恋の再生の旅に出るのです。

〈ウォークマンでの交換日記〉

片山恭一の原作には登場しないツール、カセットテープのウォークマン。アキが白血病に倒れ入院している時に、二人はカセットテープに声を録音する交換日記をします。
『エターナル・サンシャイン』でも『世界の中心で、愛を叫ぶ』でも、テープが重要な役割を果たしています。

〈世界の中心とアボリジニの死生観〉

“世界の中心”とは、オーストラリアのエアーズロックで、先住民アボリジニの言葉では“ウルル”。朔太郎はアキにとって憧れの地だったウルルへ向かいます。アボリジニの死生観を信じたアキは、「生と死は一体である」ということに救いを求めたのでしょうか。

11.レオン(1994)

《プロの殺し屋と孤独な少女の“凶暴な純愛”―奇妙な同居生活で芽生えた愛情とは》

51aAl0t8hDL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00B8IOUAY?tag=iremono05-22

リュック・ベッソン監督、ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン主演の作品で、殺し屋が主人公のアクション映画であり恋愛映画でもあります。
ニューヨークのプロの殺し屋レオンは、隣に住む少女マチルダと出会います。マチルダは父親や義姉に虐待を受ける孤独な少女でした。ある日事件が起きて、マチルダは一度に家族を失い、レオンに助けを求めます。

〈暗殺指南〉

父親が麻薬組織の麻薬を横領していたことがバレたため、組織による一家銃殺事件が起こります。マチルダだけ外に出かけていたため助かりますが、4歳の弟を殺された復讐のため、レオンから殺しの技術を学ぼうと頼ります。そうして二人の奇妙な同居生活が始まります。

〈観葉植物〉

“根が地面についていないことが自分と同じ”だと思い、鉢植えの観葉植物を大事にしているレオン。この鉢植えは文字通り彼の根無し草人生を暗喩していて、ラストではマチルダがレオンのために自分が住む寄宿舎の庭に植えるシーンがあります。これは二人の、わずかの間育んだ愛の象徴でもあります。

12.娚の一生(2015)

《“いくつになっても、人は人を好きになる”―52歳の独身男と恋を諦めた女の“穏やかな愛の物語”》

5163sKA-qKL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00WHPJ8LS?tag=iremono05-22

廣木隆一監督、榮倉奈々、豊川悦司主演の大人の恋愛映画です。主題歌はJUJUの♪Hold me,Hold you、原作は西炯子の漫画『娚の一生』です。
東京での仕事と恋愛に疲れ果てた女性・つぐみは、祖母の田舎の一軒家で暮らし始めますが、祖母が亡くなってしまいます。祖母の死で、つぐみは独身男性で大学教授の海江田醇と出会います。海江田は半ば強引に家の離れに住み込み、二人の奇妙な同居生活が始まります。

〈恋愛と年齢〉

この映画には二つの“年の差の恋”が描かれます。一つは主人公つぐみと海江田の恋、もう一つはつぐみの祖母・十和への海江田の片想い。海江田はつぐみを十和の孫と知らず、十和の葬式で一目ぼれするのです。

〈「男の一生」と「女の一生」〉

なぜタイトルが「“娚”(おとこ)の一生」となっているかというと、原作者の西さんは「男として生きていかざるを得ない女性の話であり、男と女の話という意味で“娚の一生”としました」と語っています。つまりこの物語は男と女両方の視点で恋愛を描いています。愛を育むのに年齢も性別も関係ないということでしょうか。

洋邦対決のまとめ

洋画は壮大さやスケール、エンタメ性が要求されているのか、そういった大掛かりな設定の中で、ドラマチックな恋愛が繰り広げられる作品が多いようです。

一方邦画の恋愛映画は、かなり情緒を大切にしていて、穏やかで静かな印象を受けます。けれど時に感情の爆発や急展開があったり、やはり艦上で物語の展開が左右される傾向があります。
洋画邦画どちらも捨てがたいですが、気分に合わせてどちらも楽しめたら良いですね!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします