アメリカの歴史がわかるおすすめ戦争映画15選【洋画:アメリカ編】

アメリカが“世界の警察“と呼ばれてきた現代ですが、世界はめまぐるしく変わり、その役割にも転換期が来ているようです。一世紀に渡り世界の戦争・紛争・内戦に参戦・介入してきたアメリカの実情がうかがえる戦争映画を選んで時系列を追って並べてみました!同系列の映画の比較もしています。

《第一次世界大戦》

1.ジョニーは戦場へ行った(1971)

ドルトン・トランボが書いた反戦小説「ジョニーは戦場へ行った」(1939)を、ハリウッドでの赤狩り時代の苦難の時を経て、トランボ自身が映画化した問題作です。


www.amazon.co.jp

この映画のことを知ったのは『栄光なき天才たち』(作:伊藤智義、画:森田信吾)という漫画からでした。この作品にドルトン・トランボの章があり、彼が書いた小説や脚本、そしてハリウッドを襲った赤狩りのこと、その後復権して『ジョニーは戦場へ行った』を撮ったことなどが描かれていました。アメリカのへヴィロックバンド・メタリカの「One」のミュージック・ビデオを観たのはその後のことで、この映画の映像が使われていると聞いて恐る恐る観たことを思い出します。実際恐ろしかったです…。

作品の内容は、戦場がどんなものかわけもわからず、国に求められ鼓舞されて行った若者が、第一次世界大戦という未曽有の戦争を初めて体験して傷ついて帰国した、その後の物語です。もちろん反戦がテーマですが、広い意味で「生と死」について考えさせられる作品です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18