シリアスな演技で魅せる!実力派ブラッド・ピットのヒューマンドラマ映画9選

あたなは感動のヒューマンドラマをシリアスな演技で魅せてくれるブラピと、キケンなアクションをムキムキな肉体で魅せてくれるブラピ、どちらがお好みですか?今回は3月公開の「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の予習として、シリアスなヒューマンドラマ作品をピックアップしてみました!主演ではなくても強烈な印象を残しているものが多く、名だたる名監督との顔合わせや大物俳優との共演も見どころの一つです。

①リバー・ランズ・スルー・イット(1992)

http://www.amazon.co.jp/dp/B007T4BJ96?tag=iremono05-22

ブラッド・ピットが若手実力派俳優として名を刻んだ90年代ヒューマンドラマの名作!

ロバート・レッドフォードが監督を務めた作品で、モンタナの自然とフライフィッシング、そしてそこに住む兄弟と父の絆を描いた家族のドラマです。
原作はノーマン・マクリーンの自伝的小説「マクリーンの川」で、主人公の兄ノーマン・マクリーンをクレイグ・シェイファーが、弟ポール・マクリーンをブラッド・ピットが演じています。

https://www.youtube.com/watch?v=sgciiMl66ak&feature=youtu.be

【ポール・マクリーンってどんな人物?】

ノーマン・マクリーンの原作「マクリーンの川」は、兄のノーマンの視点から弟ポールを語った作品で、彼の自由奔放な気質に憧れに似た感情を抱きながらも衝突し、トラブルメーカーで世話が焼ける人物としても描かれています。
二人の父親は牧師であり、教育に厳しい反面、趣味のフライフィッシングを三人で楽しんだりと、温かい愛情をもって兄弟を育てていました。
この作品の大きな見どころは何と言っても、モンタナの大自然と雄大な川、そしてそこで兄弟たちが熱中するフライフィッシングのシーン!自然の美しさとフライフィッシングの華麗な竿さばきに思わず見とれてしまいます。
特に“完璧なフライフィッシング”を魅せたシーンでは、ポールの爽やかすぎる笑顔にドキドキしてしまいます!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10