シリアスな演技で魅せる!実力派ブラッド・ピットのヒューマンドラマ映画9選

https://www.youtube.com/watch?v=Zrr-9gpQnJY&feature=youtu.be

⑧ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008)

無題

http://www.amazon.co.jp/dp/B003EVW5OG?tag=iremono05-22

80歳の姿で生まれたベンジャミン・バトン―その数奇な人生を演じきった感動作!

デヴィッド・フィンチャー監督との三度目のコンビ作となるヒューマンドラマ作品で、F・スコット・フィッツジェラルドの短編小説を原作としたファンタジック・ストーリーです。
その視覚効果技術などを評価され、アカデミー賞では美術賞・視覚効果賞・メイクアップ賞を受賞しています。
ブラッド・ピットはこの作品で、80歳の姿で生まれ、年を追うごとに若返っていくという不思議な男性ベンジャミン・バトンを表情の演技などで老年から青年期までを演じています。
また、ベンジャミンの運命の人デイジーをケイト・ブランシェットが演じ、「バベル」以来の共演を果たしています。

https://www.youtube.com/watch?v=-PlgZBJe0eU&feature=youtu.be

【ベンジャミン・バトンってどんな人物?】

老人の姿で生まれ老人施設の前に置き去りにされたベンジャミン・バトンは、身体機能も弱く、初めは長くは生きられないと思われていました。
しかし予想に反して日に日に若返って元気になっていくベンジャミンは、ある日施設に訪れた少女デイジーと出会います。
ここから二人の老いと若返りの逆転していく人生が交差していきますが、どんどん若返っていくベンジャミンを見るごとに、予想される結末に次第に切なくなっていきます。
青年期に近づくにつれ活発になり、ベンジャミンは世界を知ろうと船乗りになって冒険の旅に出ます。
デイジーとベンジャミンの人生がちょうど重なった時、二人は結ばれ娘をもうけますが、若返り続ける自分に自信を無くしたベンジャミンは二人の前から姿を消してしまいます。
視覚効果は特殊効果で有名なデジタル・ドメイン社が手掛け、そのメイキングを見ると、どのようにブラッド・ピットが表情の演技をつけたかを知ることができます!