これで迷わない!洗濯機の選び方やおすすめの洗濯機まとめ

今回は、洗濯機の種類から、基本的な知識、さまざまな洗濯機、少し変わった洗濯機などをご紹介していきます。

洗濯機の形

洗濯機の形には、「縦型」と「ドラム式」「ニ層式」があります。

縦型洗濯機

41dsZRSEGTL
http://www.amazon.co.jp/dp/B004I9FH98?tag=iremono05-22

「縦型」は、よく見かけるような一般的な形のもので、比較的安価に手に入れることができます。
洗濯物を入れるところが縦になっていますよね。

縦型洗濯機を選ぶメリットとしては、買うときの値段が安いこと、また種類が豊富なので、サイズや色などが理想的なものを見つけやすいことでしょう。

シンプルに洗濯をしたい、という方におすすめです。

ドラム式洗濯機

41ZJMPCtcnL
http://www.amazon.co.jp/dp/B00L4Q944W?tag=iremono05-22

「ドラム式」の洗濯機は、一般的には縦型洗濯機よりも値段が高めです。

中のドラムを回転させて洗う仕組みになっており、洗濯物を入れるところが上ではなく前にあります。

ドラム式洗濯機の洗い方は「たたき洗い」と呼ばれ、ドラムの回転によって衣類を叩きつけて洗います。
これによって、効果的に汚れが落とすことができます。

ドラム型洗濯機を選ぶメリットとしては、節水をできること、一度にたくさんの洗濯物を洗えることが挙げられます。

縦型に比べ、洗濯も乾燥も衣類を傷めにくいといわれています。

形は大きめですが、スリムな形のものも販売されています。

ニ層式洗濯機

51sE0xofj8L
http://www.amazon.co.jp/dp/B00KBNBBBI?tag=iremono05-22

「ニ槽式」の洗濯機は、洗濯をする槽と脱水をする槽が分かれている洗濯機です。

一般的な洗濯機は洗濯から脱水まで自動でやってくれますが、こちらのタイプだと、脱水する時には洗濯物を脱水層へ手で移します。

ニ層あるので横幅が大きめであり、値段も比較的安めです。

何だか古い感じもしますが、あえてこれを選ぶ方もいるんです。

「ニ槽式」の洗濯機を選ぶメリットは、汚れが落ちやすいこと、水の量やすすぎの回数などを手動で決められること、脱水をしている間に次の洗濯を始められること、などが挙げられます。

1 2 3 4 5 6 7