生活感を無くすには「隠す収納」がおすすめです!

生活感を感じさせないモデルルームのような住まいを目指したいと思ったことはありませんか?そんな思いは「隠す収納」で叶えることができます。「隠すって言っても何でどうやって?」と思ったあなたにぜひおすすめしたいアイデアばかりを集めてみました。今回は、何を使ってどうやって隠して収納すれば良いのかをわかりやすくご紹介したいと思います。

基本編〜布で隠す方法〜

小さな場所もある程度広さのある場所でも一気にカバッと隠すことがアイテムは「布」です。
「布」を使って隠す収納方法をご紹介したいと思います。

まずは布をかぶせるだけ!


とっても簡単だけれども効果抜群な隠す収納は、なんとお洒落な布をかけるだけという、なんとも手軽な方法です。
キッチンやダイニングなどの、特にホコリに敏感な場所は、サッと取り換えできるこの方法がピッタリですね。

布をプッシュピンで留めて♪


プッシュピンが刺さる素材ならば、布をプッシュピンで留めれば簡単に隠す収納が完成します。

カーテンクリップと突っ張り棒を利用する!


お好みの布に100円均一でも購入できる突っ張り棒とカーテンクリップがあればOKです。


こんな風に、布をカーテンクリップで挟んで突っ張り棒に通し、隠したい場所に突っ張り棒を突っ張っれば完成です。
小さな面積ならランチョンマットを使う方法のも良いですね。

突っ張り棒とカフェカーテンでおしゃれな収納


横長に隠したい時はカフェカーテンがおすすめです。
カフェカーテンは切り売りされているので、希望のサイズで購入することもできます。
上下のカットのデザイン性にも優れています。

大きなスペースにはカーテンと突っ張り棒


壁一面を隠すにはカーテンのサイズがピッタリです。
スチールラックを丸ごと隠して収納として利用することができるので、家の収納力もアップします!
「家の家は収納する場所が少なくて…。」と家の収納スペースの少なさにお悩みの方にもおすすめです。

応用編〜〇〇を利用する方法〜

「〇〇を利用して隠す」収納方法をご紹介したいと思います。
いくら隠して収納したいからといっても、奥の方に押し込んで収納してしまっては使いにくくなってしまいます。
「隠す=仕舞い込む」では意味がありません。
使い勝手も重視したい時は、ぜひこちらを参考にして下さい。

袋を利用する


キッチンの生活感丸出しあるあるとも言えるスーパーの袋を隠す収納には、袋ストッカーがおすすめです。
袋の底に穴が開いているので、上からストックした袋を下の穴から取り出して使うことができます。
大きさごとに分けて収納しておけば更に便利です。

カゴを利用する


今や家にルーターやモデムがあるのは当たり前の世の中になってきました。
そんな中、収納に困るのがこのルーターやモデム等です。
そこで活躍してくれる隠す収納アイテムは蓋付きのカゴです。
ナチュラルなインテリアとの相性の良いカゴは、おすすめの隠す収納アイテムです。

コルクボードを活用する


1 2