これでバッチリ!「カビ掃除」でキレイ空間を目指そう

今回は、カビ掃除の方法を紹介します。 浴室にキッチン、窓、押入れ・クローゼットの中や畳まで、家の様々な場所で、ふとカビを見つけて驚いたことありませんか? 日本の気候や住宅は、カビが生えやすい環境にあって、実は季節を問わず一年中カビのシーズン。 カビを掃除せずに放置しておくと身体にも悪影響があります。 きちんとカビを掃除して、居心地のいい環境を作りましょう。

これなら簡単!ピカピカ&キレイに「カビ掃除」

「いつの間にかカビが生えていたけどどうしよう」と、家の中でカビを見つけても、見て見ぬふりなんかしていませんか?
カビはきちんと掃除して取らないと、身体に悪影響を及ぼしてしまいます。
今回は、もっともカビができやすい浴室をはじめ、キッチン、窓、畳、押入れ・クローゼットまで、家の中でカビができてしまった時のカビ取りの掃除方法をご紹介したいと思います。

なぜ「カビ」はできるの?

空気中には、カビの胞子が含まれていて、実はどこにでも浮いています。
このカビの胞子が、温度が25度から30度、湿度が80%以上の条件下で、ホコリなど汚れがついたり、空気に触れることでカビへと変身。
「カビ」という形になって目で確認することができます。
日本の気候そのものは、カビにとってはとても好条件で、カビが生えやすい環境にあります。
「カビは梅雨だけのものでしょ」なんて思っていたら、それは大きな間違い!
空気が乾燥してカビは生えないと思われがちな冬は、外気温と室温の温度差でできてしまう結露が原因でカビが生え、高温多湿な夏は台風やエアコンの結露、春や秋は長雨などでカビが生えるなど、季節に関係なく年中カビの発生する可能性はあります。
気候による原因以外にも、ここ最近は、暖かさを追求するあまり、機密性の高い住宅が増え、カビが生えやすい環境にあります。

カビの種類

カビの歴史を遡ると、なんと5億年以上も前から、カビは地球上に存在していたと考えられています。
現在確認されているものだけでも、3万種類以上もあるといわれているカビ。
納豆やチーズなどの発酵食品に使われたり、医薬品に使われているカビもありますが、ここでは人間にとっては有害とされるカビの種類を説明致します。

黒カビ

私たちが普段目にするカビといえば「黒カビ」。
正式には「クラドスポリウム(Cladosporium)」と呼ばれるもので、名前の通り黒い色をしています。
黒カビはやっかいなことに、低温や乾燥、繁殖力も強いため、一年を通して生えるものです。
浴室や壁以外にも、台所の流し周辺、窓のサッシ、食べ物や野菜、衣類にまで生えます。

青カビ

およそ150万種類ある青カビは(正式名:ペニシリウム(Penicillium))青みがかったり、白っぽいものや緑色のものがあって、身近なものとして、青カビから作られるブルーチーズがよく知られています。
しかし、有害な青カビもあって、みかんやパンなどの食べ物、靴、家の中では、家具や押入れ、畳などにも生えることがあります。

スズカビ

スズカビ(正式名:アルテルナリア(Alternaria))は、自然や家の中など、広範囲にわたって存在するカビです。

1 2 3 4 5 6 7