800px-明石海峡大橋2

明石のおすすめ観光スポット15選!海と歴史に育まれた街

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明石は東経135度に位置する子午線の街、日本標準時の街!播磨灘に沿って広がる明石は明石海峡大橋と歴史の街の街としても知られています。世界一長い吊り橋明石海峡大橋を車で走れば爽快!見る場所や時間を変えてみれば新たな発見があるでしょう。また明石は歴史の街でもあり、アカシゾウ、明石原人など古代ロマンに思いを馳せるのもよいでしょう。今回は、明石で訪れたい観光スポットを15ヶ所選んでご紹介いたします。

1.明石海峡大橋

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/2/29/%E6%98%8E%E7%9F%B3%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E5%A4%A7%E6%A9%8B%EF%BC%92.jpg/800px-%E6%98%8E%E7%9F%B3%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E5%A4%A7%E6%A9%8B%EF%BC%92.jpg

明石海峡大橋は神戸と淡路島を結ぶ世界最長のつり橋、1998年に完成しました。
塔と塔とのとの間は1,991mと世界最長、海面からの高さも東京タワーとほぼ同じ高さとなっています。
明石海峡は水深があり流れも速いところ、建設工事は最先端の橋梁技術により行われました。

http://www.yakei-kabegami.com/cgi-bin/photo2/109/5008/1024-768.jpg

夜間になると明石海峡大橋は。ライトアップされ幻想的な景色に一変します。
あたかも真珠を連ねたような美しさになることから「パールブリッジ」ともいわれます。

明石海峡大橋の基本情報

・名称:明石海峡大橋
・料金:垂水~淡路2,370円
・電話:078-291-1033(本州四国連絡高速道路株式会社 お客さま窓口)

http://www.jb-honshi.co.jp/

2.明石城跡

左…巽櫓(たつみやぐら)、右…坤櫓(ひつじさるやぐら)

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/higashiharima/akashikouen/akashikouen_002.jpg

明石城は徳川家康の曾孫で10万石を領した小笠原忠真が1620年に築いた城!
中国の故事からとった「喜春城」の雅名があります。
南東にある巽櫓(たつみやぐら)、南西にある坤櫓(ひつじさるやぐら)の二つの櫓は国の重要文化財に指定されています。

武蔵の庭園と坤櫓(ひつじさるやぐら)

http://www.geocities.jp/akashi_078/akaship/P1070434.JPG

剣豪宮本武蔵は初代城主小笠原忠政に招かれ、城内樹木屋敷の設営にかかわったとされています。

明石城址の基本情報

・名称:明石城跡
・住所:兵庫県明石市明石公園1-27
・電話: 078-912-7600
・料金:無料
・定休日:通年
・営業時間:規定なし
・アクセス:JR山陽明石駅から徒歩で

http://www.hyogo-park.or.jp/akashi/

3.明石公園

http://toshiaki927.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_458/toshiaki927/012-59c26.jpg?c=a2

明石公園は明石駅前にあり、明石城を中心として作られた公園。
広い園内には陸上競技場や野球場、テニスコートなどのスポーツ施設や図書館や研修センターなどの文化施設が整えられています。

https://www.city.akashi.lg.jp/seisaku/kouhou_ka/images/a-26.jpg

公園の中心には「剛の池」があり渡り鳥が泳ぐ姿を見られたり、ボートに乗れたりしてまるで都会のオアシスです!

春になると1000本の桜が咲き乱れ、お花見を楽しむ人が訪れます。「剛の池」では水辺に映った桜が見事「桜の名所100選」にも選ばれています。

明石公園の基本情報

・名称:明石公園
・住所:明石市明石公園1-27
・電話:078-912-7600
・料金:無料、のりもの券…普通利用券1枚100円、回数利用券1冊1,000円
・定休日:月曜
・営業時間: 9:00~17:00
・アクセス:北新川駅から徒歩で

http://www.hyogo-park.or.jp/akashi/

4.柿本神社(かきのもとじんじゃ)

http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp/014/643/02/N000/000/028/138055070432121255228_hIMGP6875.jpg

柿本神社は、飛鳥時代に宮廷につかえた歌人柿本人麻呂を祭神とする神社です。
明石城の城主であった小笠原忠政が人麻呂を敬い、この地に祀りました。
「人丸さん」と親しれ学問の神様としてだけでなく、その名から火よけ・安産の神様としても信仰を集めています。

有名な「あまさかるひなのながぢゆ恋ひくれは…」の歌碑

http://www.harusan1925.net/img-org/0313-13.jpg

柿本人麻呂は万葉集や古今集などに多くの歌を詠みましたが、境内の神社の碑にもその歌が刻まれています。
この神社は山上にあって、明石海峡や明石海峡大橋を望むことができます。

柿本神社の基本情報

・名称:柿本神社(かきのもとじんじゃ)
・住所:兵庫県明石市人丸町1-26
・電話:078-911-3930
・料金:無料
・営業時間:参拝自由
・定休日:通年
・アクセス:山陽人丸前駅から徒歩で

http://kakinomoto-jinja.or.jp/

5.稲爪神社

http://1.bp.blogspot.com/-1opn-QV-1jk/VfmqR8J1hPI/AAAAAAAAGzc/thMXBxs3PQc/s1600/c425462a872b4fc0a77000eac9a5c0d9.jpg

飛鳥時代に創建されたという由緒正しき神社!
大山祇大神(おおやまつみのおおかみ)を祀っています、かつては稲妻神社と呼ばれていました。
推古天皇の時代に三韓が来襲した時に、稲妻と共に大山祇大神が現れ討伐の知恵を与えたとされています。

牛乗り

http://www.iz2.co.jp/calendar/wp-content/uploads/2012/11/img054-1024×756.jpg

10月の秋例大祭に行われる「牛乗り」と「囃口(はやくち)流し」は市指定無形民俗文化財に指定されています。

獅子舞

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-da-96/masami_k_0126/folder/1144126/74/18495274/img_1?1225191930

祭礼の時に行われる獅子舞は兵庫県指定文化財に指定されています。

稲爪神社の基本情報

・名称:稲爪神社
・住所:兵庫県明石市大蔵本町6-10
・電話:078-911-3143
・料金:無料
・営業時間:参拝自由
・定休日:通年
・アクセス:山陽人丸前駅から徒歩で
http://www.inadumejinjya.com/

6.明石鎮座 岩屋神社

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-a1-5a/dekunobou36/folder/1577609/86/38365186/img_0?1282117132

岩屋神社は143年に淡路島岩屋神社を勧請したとされる古大社。
江戸時代には明石城主の産土神として、今では家内安全、商売繁盛などの神として敬われています。

おしゃたか舟

http://pds.exblog.jp/pds/1/201307/25/87/b0118987_7275588.jpg

夏の大祭「おしゃたか舟」は海難防止と豊漁を祈る神事、多くの観光客が訪れます。
榊をつけた1.5mほどののおしゃたか舟を「おしゃたかー」という大きな声をあげて船を前に進めます。
1974年に明石市の無形民俗文化財に指定されました。

明石鎮座 岩屋神社の基本情報

・名称:明石鎮座 岩屋神社
・住所:兵庫県明石市材木町8-10
・電話:078-911-3247
・料金:無料
・定休日:通年
・営業時間:参拝自由
・アクセス:JR神戸線「 明石」駅から徒歩15分
http://iwayajinjya.com/

7.明石住吉公園

https://ekoen.jp/img/1308383581591.jpg

「わがまちあかし景観50選」にも選ばれる美しい公園!
播磨灘に面し松に囲まれた住吉公園からは、小豆島の島影を見渡せる素晴らしい景色が広がります。
人々の憩いの場で子供の遊具などもあって人々の憩いの場になっています。

http://mari.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2011/06/28/ajisai_0004.jpg

住吉公園は春には藤の花が、梅雨時になるとアジサイが紫やピンクの花をつけます。
四季折々の花を楽しみたいと思う人にはおススメの公園です。

http://www.city.akashi.lg.jp/tosei/tokei_ka/machizukuri/toshi/keikan/akashijukei/akashijukei/competition/h23/shashin/images/sumiyosikouen_000.jpg

太陽が沈むと播磨灘は赤く染まり、その美しい雄大な景色に足を止めて見入ってしまうことでしょう。

明石市住吉公園の基本情報

・名称:明石市住吉公園
・住所:兵庫県明石市魚住町中尾
・電話:078-918-5039
・料金:無料
・定休日:通年
・営業時間:自由
・アクセス:山陽電鉄魚住駅から南へ徒歩5分

https://www.city.akashi.lg.jp/tosei/tokei_ka/machizukuri/toshi/keikan/akashijukei/akashijukei/sumiyoshikoen.html

8.魚の棚商店街

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/79/c5f049e189b9a31842ee58a30628b64c.jpg

魚の棚商店街は「うおんたな」と言われ、明石の台所として栄える商店街。
商店街の裏はすぐそこが漁港!
ここには100店舗以上の店が集まり、休日には県外からも多くの客であふれます。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/38/26/d75ed26a89310e0844481c6b3f1aed26.jpg

瀬戸内海は、早い潮の流れと複雑な地形で絶好の漁場となっています。
タイやヒラメ、タコ、エビなどの魚、ハマグリ、わかめなどが所狭しと店頭にあふれます。
明石焼きに入っているタコも明石の海でとれたもの、タコのうま味が凝縮されています。
寿司屋や魚を食べさせるお店も多くありますので、新鮮な味を満喫してくださいね♪

魚の棚商店街の基本情報

・名称:魚の棚商店街
・住所:明石市本町1丁目
・電話:078-911-9666
・アクセス:JR・山陽本線明石駅下車徒歩3分
http://www.uonotana.or.jp/

9. 大蔵海岸公園

http://www.kobe-j.co.jp/okura/sea_bathing/img/header.jpg

大蔵海岸公園は広大な明石海峡を望む絶好のロケーションにある公園。
海水浴場をはじめフィッシング、フットサル、サッカー、バーベキューアウトドアなどの施設も整っています。

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/03/f9/ff4d44f40561508180e2c68d5a1cac6a.jpg

淡路島や明石海峡大橋を望み船がゆったりと航行する景色は、まさに絶景!
のんびりと釣りを楽しめば都会の喧騒を忘れ、身も心も癒されるでしょう。
夜になると明石海峡大橋がライトアップされロマンティックな雰囲気に包まれます。

大蔵海岸公園の基本情報

・名称:大蔵海岸公園
・住所:明石市大蔵海岸通2-1
・電話:078-914-7255
・料金:無料
・定休日:通年
・駐車場:332台  100円/60分、24時間最大1000円
・アクセス:JR朝霧駅から徒歩3分、車では第二神明道路大蔵谷ICから約10分

http://www.kobe-j.co.jp/okura/index.html

10.長寿院

http://cdn.snsimg.carview.co.jp/minkara/spot/000/000/544/989/544989/544989.jpg?ct=54fcf274cfb1

長寿院は天文科学館のすぐ南にあって、歴代の明石藩主が眠るお寺。
かっては禅寺でしたが、越前大野藩から明石に入った松平直明により改宗し長寿院としました。

http://jp.bloguru.com/userdata/1025/1024/orig_201308151551241.jpg

山門には三つ葉葵の紋がきざまれ、石灯篭や屋根瓦にも葵の門がありこのお寺の格を感じます。
墓処中央には、16代藩主松平慶憲が作った明石市指定文化財の御霊屋。
御霊屋には11代将軍家斉の25男で松平斉韶の養子となった松平斉宣と妻の桃姫が祀られています。

長寿院の基本情報

・名称:長寿院
・住所:兵庫県明石市人丸町2番26号
・電話:078-911-5937
・料金:無料
・定休日:通年
・アクセス:JR明石駅より徒歩12分、山陽人丸前駅より徒歩2分
http://www.geocities.jp/cyoujuin/

11.明石市立天文科学館

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/higashiharima/tenmonkagakukan/tenmonkagakukan_001.jpg

明石市立天文科学館は東経135度、日本標準時子午線上の真上に位置する科学館です!
このミュージアムには日本の「時間」や「宇宙」についての資料が展示されています。

隕石の断面

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/higashiharima/tenmonkagakukan/tenmonkagakukan_019.jpg

展示物には隕石やロケットなども展示され、子供たちは大喜び♪

プラネタリウム

http://kobe.travel.coocan.jp/photo/higashiharima/tenmonkagakukan/tenmonkagakukan_007.jpg

人気はドイツ製の日本最古の大型プラネタリウム、四季にあったプログラム構成がなされ宇宙の神秘を楽しめます。
背の高い時計台は上に登ることができます。
14階にある展望室からは明石海峡大橋や淡路島、明石の市街地の眺望が見事です!

明石市立天文科学館の基本情報

・名称:明石市立天文科学館
・住所:兵庫県明石市人丸町2-6
・電話: 078-919-5000
・料金:大人700円 、中高生400円、小人300円
・定休日:月曜日、第二火曜日、年末年始
・営業時間: 9:30~17:00
・アクセス:人丸前駅出口から徒歩約4分、明石駅北口出口から徒歩約12分
http://www.am12.jp/

12. 人麿山 月照寺

山門

http://castle.jpn.org/harima/akashi/IMG_7140.jpg

月照寺は、812年に弘法大師が創建したといわれる歴史のあるお寺です!
山門は豊臣秀吉が京都の伏見城の藥医門として建立し、その後明石城の切手門、そしてこのお寺に移された歴史ある門です。

http://www.fururu.net/images/diary/mazt/mazt20140923232532.JPG

この寺院はかっては現在の明石城の赤松山にありましたが、明石城築城の際現在の地に移されました。
山門を抜け南側を見ると、明石市立天文科学館の大時計、そして明石海峡大橋の雄大な姿が待ち構えています!

人丸観世音菩薩

http://pds.exblog.jp/pds/1/201311/29/81/a0045381_98355.jpg

庭には洗心水の池があって、水琴窟の美しい音色!
池のそばには北村西望氏が作った人丸観世音菩薩の立像が建っています。
月照寺の鎮守神、柿本人麿の名前から「人丸観音」と名付けられています。

人麿山 月照寺の基本情報

・名称:人麿山 月照寺
・住所:庫県明石市人丸町1-29
・電話:078-911-4947
・料金:なし
・定休日:通年
・アクセス:山陽電鉄人丸前駅から徒歩5分

http://www.hitomarusan-gesshoji.jp/

13.明石市立文化博物館

http://www.dokka.jp/uimg/site203-00.jpg

明石市立文化博物館は1991年に明石の歴史を学べる博物館としてオープン!
「自然環境と人々のくらし」など8つのテーマに分けて常設展示をするほか、各種特別展が行われます。

アカシゾウの骨格模型

http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/72/1b/1ef71303353feb13153a4cdd8e05167a.jpg?random=74c1bd656714d34d10a1e99c42cc5d6a

アカシゾウや明石原人、古墳時代からの焼き物、江戸時代の鎧兜や農具など様々なものを収蔵展示しています。
また子供たちを対象とする明石についての企画も行われ、大人も子供も楽しめます。

明石市立文化博物館の基本情報

・名称:明石市立文化博物館
・住所:兵庫県明石市上ノ丸2-13-1
・電話:078-918-5400
・料金:大人200円 / 大学・高校生 150円 / 中学生以下無料
・定休日:毎週月曜日(国民の祝日又は休日
・営業時間: 9:30~18:30(入館は18:00まで)
・アクセス:JR西日本明石駅、山陽電鉄山陽明石駅から北へ400m
http://www.akashibunpaku.com/

14. 淡路ジェノバライン

http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-76-25/redkick5963/folder/1235124/44/37232144/img_0?1395758343

淡路ジェノバラインは明石港と淡路島の岩屋を結ぶ航路。
波しぶきを上げて走る船は爽快です!

明石海峡大橋の真下を通過し、わずか13分で到着することができます。自転車で淡路島を巡りたい人は、船に乗せることができますので大変便利です。

http://bbsimg02.kakaku.k-img.com/images/bbs/001/420/1420663_m.jpg

夕暮れ時はロマンティック、太陽が水平線に沈むとあたりは徐々に薄暗くなります。
カップルで幻想的な夕暮れを見れば、よい思い出になるでしょう。

淡路ジェノバラインの基本情報

・名称:淡路ジェノバライン
・住所:兵庫県明石市本町2丁目10-1
・電話: 078-918-2411
・料金:明石~岩屋間の運賃は大人450円、小人230円
・定休日:年中無休
・営業時間:5:00~23:40(淡路ジェノバライン待合所)
・アクセス:第二神明道路玉津ICから約10分、JR明石駅から徒歩約8分
http://www.jenova-line.co.jp/

15.明石海浜公園

http://pds.exblog.jp/pds/1/201208/18/26/b0195126_162471.jpg

海に囲まれた人工島にある明石海浜公園。
プールやテニスコート、多目的に使える広場などがあり、家族連れや多くの人が訪れます。
夏になるとプールがオープンされ、滑り台やパニックバケツ、ちびっこ海賊船などの最新の遊具に子供たちは大喜びです♪
大人には50mの本格的なプールがあり、ジョギングコースを走ったり、遊歩道を歩けば気分爽快!

http://www.jalan.net/jalan/img/3/spot/0043/KL/28203ah3330043834_1.jpg

春にはつつじが満開となり、ゆったりと花を愛でるのもおススメです!
美しく咲く花を見れば、心身共に癒され日ごろの疲れも取れることでしょう。

明石海浜公園の基本情報

・名称:.明石海浜公園
・住所:兵庫県明石市二見町南二見8-1
・電話:078-943-0873
・料金:各施設により異なる、入園は無料
・定休日:第1・第3・第5月曜日・12/29~1/3
・営業時間: テニスコート、運動場、臨時球技場9:00~17:00
・アクセス:山陽東二見駅から徒歩

http://www.akashi-kaihin.jp/

まとめ

明石は気候温暖で風光明媚、観光の見どころが満載の街です!
激しい潮流にもまれて海の幸も豊富、おいしい魅力もイッパイです!
明石で取れた新鮮なたこ、鯛、あなご、のりなどのご当地グルメもぜひ堪能しましょう♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Findyの最新情報をお届けします