涙なしでは見られないおすすめのアニメ映画10選

大人になってからアニメの映画は見ていますか?小さい頃は見ていたけれど、最近はめっきり見なくなったという方も多いかもしれません。

アニメの映画は、気づくと感情移入してしまって、子供と見ていたはずなのに気づけば大人が泣いていたという名作もたくさん。

なんだか最近スッキリしないなと思っている方におすすめな感動するアニメ映画たちをご紹介します。

大人も思わず涙するクレヨンしんちゃんの映画3選

出典:東京国際映画祭

クレヨンしんちゃんの映画は、笑えて、感動できて、とても完成度が高い作品が数多くあります。

何度でも見たくなる、大人が思わず泣いてしまうクレヨンしんちゃんの映画をご紹介します。

1.大人になった今だから泣ける「嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲」

出典:東京国際映画祭

【あらすじ】

ある日、春日部で突然「20世紀博」というテーマパークが開催された。
昔のテレビ番組や映画、暮らしなどを再現し、懐かしい世界にひたれる遊園地に大人たちは大喜び。でも、しんのすけをはじめとする子供たちには、ちっとも面白くない。毎日のように夢中になって遊びに行く大人たち。そのうちにひろしは会社に行かなくなり、みさえは家事をやめ、しんのすけがひまわりの面倒をみる始末。

この現象は、恐るべき“オトナ”帝国化計画だった。しんのすけと“かすかべ防衛隊”のメンバーは、オトナたちを取り戻すために、「20世紀博」へ乗り込んでいくことにする。しんのすけはオトナたちを今の世界に取り戻し、未来を守ることができるのか?

映画クレヨンしんちゃんシリーズのファンの中でも最高傑作と言われる作品。大人になってから見ると、子供の頃見た印象と大きく異なり、この物語の本質に気付く事が出来ます。しんのすけが赤い階段を駆け上がるシーンは、何度見ても涙が溢れずにはいられません。

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲の詳細はこちら

2.おさむらいさんとしんのすけの友情に涙「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」

出典:文化庁メディア芸術祭 総合ウェブサイト

【あらすじ】

ある日の朝、庭を掘り返した飼い犬のシロが、古い文箱を発見。中には下手くそな文字で「おひめさまはちょーびじんだぞ」と書いてある。

それは書いた覚えのないしんのすけの手紙だった。その日の夢に出てきたおねいさんが「おひめさま」なんだと思った瞬間、しんのすけは戦国時代にいた。そこで春日家の家臣・井尻又兵衛とおシリ合いになる。

しんのすけが又兵衛と男と男の、侍同士の約束=金打をした直後に訪れる出来事に誰もが涙してしまう作品。

くだらなくいギャグが満載で、途中まであんなに笑わされていたのに、映画を見終わる頃には涙をこらえずにはいられない感動作です。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 の詳細はこちら

3.切ないラストが隠れた名作「嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ」

出典:amazon.co.jp

【あらすじ】

映画館「カスカベ座」で遊んでいたかすかべ防衛隊だが、トイレに行ったしんのすけを残して、みんな忽然と姿を消してしまう。

夜になり行方不明になったみんなを心配した野原一家。映画館を探しに来たが、延々と上映されている西部劇の映像に目を奪われているうちに、気が付けば一家は映画と同じ西部劇の街に立っていた。

この世界での生活が長引くにつれ、徐々に春日部の記憶を失い、この世界の生活に馴染んでゆくしんのすけたち。

果たしてしんのすけたちは、本当の自分を取り戻して春日部に帰ることができるのか?

前半パートの未知の場所での生活に慣れていき春日部の事を忘れないように一生懸命生活していく場面は所々笑えるシーンもあり面白いです。

クレヨンしんちゃんの映画の中でも切ないラストは、上記の2作の影で意外と知られていない隠れた名作です。

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズの詳細はこちら