庭がなくても大丈夫!家庭菜園で野菜作りを楽しもう

庭や畑がなくても大丈夫♪ マンションのベランダや屋上スペースを使って野菜を作ってみましょう。 もぎたて野菜は、みずみずしくてそのまま食べても美味しい。最高の贅沢を味わってみませんか!

育てる野菜の種類を決めよう!

ミニトマト・ピーマン・ナス・インゲン・ししとう・ラディッシュ・オクラ・ゴーヤなどの夏野菜は比較的簡単。シソやパセリもいいですね♪ 育てる野菜を選ぶのも楽しみの一つ♡



www.google.co.jp

家庭菜園というと夏野菜が浮かびますね。春になると野菜の苗がポット売りで出てきます。種から育てるよりも失敗がないのでお薦めです。欲張って大きくなり過ぎているのを選ばない方がbest。


育てる野菜が決まったら、次に土作り

良い土とは・・・水はけが良く・水持ちが良く・通気性が良いことです。

美味しい野菜作りには、やはり土作りが大切です。私達人間が必要としている酸素や食事という育つ為に必要な栄養が野菜にとっては土です。土を買って、堆肥や腐葉土・バーミュキュライト等を混ぜてという本格的もいいですが、ここでは簡単に野菜用の土を購入することを前提でご案内致します。ホームセンターや園芸屋さんには沢山の種類の土が並んでいますので、作る野菜に応じて土を選んで下さいね。培養土・家庭菜園の土・有機野菜の土等。良い土はふわふわしていて、 適度に湿っているのです。


*プランターや鉢は大きく深さのあるものを選んで下さいね! 根がしっかりと伸びるように、苗同士が思いきり成長出来るように間隔がとれるようにと考慮して選んで下さい。


・・・土・プランター・支柱の準備が整ったら・・・

https://www.ja-nishikasugai.com/green/saien/point/tsuchi/tsuchi.htm

さぁ~ 苗を植えましょう♪

春なら暖かい日の午前中、夏なら涼しい夕方に植え付けをします。
①朝、苗にたっぷりとお水をかけて吸水をしておきます。
②野菜の種類によって、植える際の間隔の目安がありますので参考にし、植える場所を決めます。
③苗の株元を片手で持ち、逆さにしてポットから苗をとり出します。決めた位置に植え、土を被せて軽く押さえます。*この時に根の下の部分を少しカットしてあげると、根付きが良くなります。 深く植えすぎたり逆に浅すぎたりしないように、株元が少し盛り上がる程度の深さに植え付けます。
④苗が倒れたり、折れたりしないように支柱で支えてあげます。



苗植えが済んだら、たっぷりと水やりをして下さい。場所は、朝方から14時くらいまで陽が当たる場所が理想的ですので、移動が可能なスペースであれば、陽当りの良い場所に鉢やプランターを移動をして下さいね。

愛情を込めて、大切に育てる♡

必要な栄養素:肥料をしっかりと!

野菜を育てるために必要な3大肥料があります。
①葉や茎が生育するためには→チッソ
②花や実をつけるためには→リンサン
③根が大きくなるためには→カリ
チッソ・リンサン・カリを混ぜた複合肥料と、 それぞれの肥料のみの単一肥料が市販されていますので、必要に応じて選んで下さい。
*葉・実・根、どの部分を食べるのかによって、単一肥料を使い分けして下さいね!

1 2